レッスン2:自分の薄毛タイプ、知ってる?

TOP » AGA48 » レッスン2:自分の薄毛タイプ、知ってる?
[記事公開日]2018/02/22
[最終更新日]2018/05/28
166 views
発毛辺 麻友

生え際?後頭部?自分の
薄毛タイプを知ろう

知っておくべき薄毛レベル

こんにちゎ、AGA48のまゆゆこと発毛辺麻友です★このページでは、いくつかある男性薄毛のタイプについて、くわしく調べていきますよ。自分はどのタイプにあてはまるのか、ぜひチェックしてくださいね。

AGAの種類をチェックしましょ

AGAの種類をチェックしましょ

ここでは、いくつかある男性薄毛のタイプについて、くわしく調べていきますよ。自分はどのタイプにあてはまるのか、ぜひチェックしてくださいね。

男性薄毛のタイプを調べる時「ハミルトン・ノーウッド分類」を参考にすると、便利ですょ。これはアメリカの皮膚科医であるハミルトン氏がAGAの症状を分類した雛形を作り、さらに同じくアメリカの皮膚科医・ノーウッド氏が改良を加えた分類法です。

クリニックでのカウンセリングの際も、この分類法に従ってレベルチェックが行われることが、多いようです。

ハミルトン・ノーウッド分類による薄毛レベル

  • 分類レベル1

    脱毛が始まっていない。

  • 分類レベル2

    生え際から脱毛が進行しているが、見た目的にはまだわからない。

  • 分類レベル2-2

    生え際からの進行と共に、頭頂部がO型脱毛も始まっている。

  • 分類レベル3

    生え際から徐々に進行が目立ち、頭髪全体のボリュームも失われている。

  • 分類レベル3-2

    レベル3の状態に加え、頭頂部がO型に進行している。

  • 分類レベル4

    生え際から頭頂部にかけて、薄毛が加速している状態。

  • 分類レベル5

    生え際から頭頂部にかけて、薄毛が進行。微妙につながり始めている。

  • 分類レベル6

    生え際から頭頂部にかけて進行した薄毛が完全につながっている。

  • 分類レベル7

    毛の残っている部分の方が少なくなっている。

進行パターンは、生え際から後退していく「M型」と、頭頂部から薄毛になっていく「O型」に大きく区分されます。どちらか一方が進行していく場合もありますが、同時に進行していく場合もあります。同時進行している場合は「Vertex型」と呼ばれます。

AGAの進行速度は原則ゆっくり。しかし確実に止まることなく進行していきます。 ある程度進行してから気づくこともあるので、急激に進行してると感じることもあります。 気づいたレベルで対策をとることが一番! レベル別の対策方法は以下をチェックしてください♪

薄毛の進行具合ごとの治療法など

レベル 状況 治療法 アドバイス
レベル1 薄毛ではない。 育毛シャンプー 問題はないが遺伝的な理由なども考慮し、予防を始めておくとベター。
レベル1~2 毛髪量は十分だが、抜け毛が気になるなどの症状が現れ始める。 育毛シャンプー
育毛剤
育毛シャンプーや育毛剤で頭皮ケアを開始したい。症状によっては、AGA治療薬で現状維持と発毛促進を目指す。
レベル3~4 すでにAGAが進行中。クリニックでの治療が可能な最終レベル。 AGA治療薬
HARG療法
クリニックでの治療を受け、症状の改善を目指す。
レベル5~7 ハゲ上がった部分が多数。 かつら
植毛
クリニックで治療しても、症状の改善は望めない。かつらなどに投資する方が現実的。
レベル1
状況 薄毛ではない。
治療法 育毛シャンプー
アドバイス 問題はないが遺伝的な理由なども考慮し、予防を始めておくとベター。
レベル1~2
状況 毛髪量は十分だが、抜け毛が気になるなどの症状が現れ始める。
治療法 育毛シャンプー
育毛剤
アドバイス 育毛シャンプーや育毛剤で頭皮ケアを開始したい。症状によっては、AGA治療薬で現状維持と発毛促進を目指す。
レベル3~4
状況 すでにAGAが進行中。クリニックでの治療が可能な最終レベル。
治療法 AGA治療薬
HARG療法
アドバイス クリニックでの治療を受け、症状の改善を目指す。
レベル5~7
状況 ハゲ上がった部分が多数。
治療法 かつら
植毛
アドバイス クリニックで治療しても、症状の改善は望めない。かつらなどに投資する方が現実的。

薄毛はAGAだけじゃない

男性のハゲというとAGAを真っ先に思いつきがち。
でもちょっと待って!
実は一口に薄毛・ハゲといっても、すべてがAGAとは限らないこともあるのです。
ここでは、AGA以外の薄毛の種類をご紹介します。

円形脱毛症

「円形脱毛症」の名称は誰でも聞いたことがあるはず。時には「10円ハゲ」なんて言い方もありますよね。しかし一言で円形脱毛症と言ってもさらに種類があるって知ってました?

  • 単発型(脱毛斑がひとつのみ)
  • 多発型(脱毛斑が複数ある)
  • 全頭型(頭髪全てが脱毛している)
  • 汎発型(頭髪意外も全てが脱毛している)
  • 蛇行型(生え際に沿って頭髪が帯状に脱毛している)

上記のように円形脱毛には様々なタイプがありその特徴も違います。 自分のタイプをしっかり見極めて適切な対策をしましょう!

脂漏(しろう)性脱毛症

ホルモンバランスが崩れて皮脂分泌が過剰になることで、それらが毛穴を塞ぎ、毛穴周辺が炎症を起こし脱毛を引き起こすという症状。細菌やダニが原因の場合があるので、皮膚科での診療と治療を受けてください。

栄養障害による脱毛

過度なダイエットなどにより毛根に栄養が行き渡らなくなることで、毛が抜け落ちるケース。その他栄養が偏った食事や、生活習慣の悪循環などが主な原因とされています。

機械性脱毛症

機械性脱毛症の一種である「圧迫性脱毛症」は帽子やヘルメットなどを長時間かぶり続けることにより、毛包に異常が現れ、脱毛するケースです。職業病の可能性があるので、専用の対策が必要。

抜毛症

健康な毛をわざわざ自分で引き抜いてしまうという、精神疾患の一種です。主に思春期に発症することが多く年齢と共に症状が改善もしくは収まることも。しかし長年苦しむ人もいるのでまず精神科で専用の治療を受けることをおすすめします。

老人性脱毛症

60代以上で、加齢により徐々に発生するAGA。年のせいとあきらめてしまうケースが多いようですが、早めに治療することで改善は可能です。いずれにせよまずは専門家に診てもらうことが大切です。

瘢痕(はんこん)性脱毛症

外傷やできもののせいで、一部の毛根が破壊され、毛が生えてこなくなってしまうケース。外傷の治療中であれば、症状が拡大しないよう注意する必要があります。瘢痕性脱毛症になってしまった部分はその後毛が生えてくることはありません。

まゆゆからヒトコト

いかがでしたかぁ?クリニックでの治療には、ご自身の薄毛レベルや症状の原因をしっかり把握したうえで臨むことが肝心です。レベルが進んで手遅れになってしまう前に、治療を始めるようにしてくださいね★