おでこが気になるのはAGAの予兆?

TOP » コラム » おでこが気になるのはAGAの予兆?
[最終更新日]2018/03/15
315 views

おでこから始まるAGAの原因と対策

AGAおでこ

おでこのAGAの原因

でこのAGAであれ頭頂部のAGAであれ、AGAの最大の原因は男性ホルモンの一種、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質。一般に、このDHTの生成量が多い人は薄毛になりやすいと言われています。

DHTは、主に前頭部と頭頂部で生成されています。薄毛が前頭部や頭頂部に多く見られる理由は、そのためです。中でも特に、おでこに多く生成される傾向があるため、AGAの多くは、M字型も含めておでこから徐々に進行していきます。

おでこからAGAを発症する人が多い理由は、DHTだけではありません。薄毛の2大原因はDGTと頭皮の血行不良。実はおでこは、頭皮の中でも特に血行不良を起こしやすい場所とも言われています。

おでこはDHTが多く、かつ血行不良になりやすい場所。おでこからAGAが進行していく人が多いのは、当然と言えば当然なのです。

なお、おでこから始まったAGAをそのまま放置すると、やがて生え際がどんどん後退していきます。おでこが気になり始めた人は、症状がそれ以上進行しないよう、一刻も早く対策を打ったほうが良いでしょう。

おでこのAGAを改善させるための対策

おでこだけに薄毛が見られる段階ならば、まだAGAの症状としては軽度です。症状が悪化しないうちに、早急に有効な対策を講じましょう。

おでこのAGAの進行を止めるには様々な方法がありますが、それらの中でも、ここでは特に大切な3点に絞って紹介します。

生活習慣の見直し

AGAの進行を食い止めるには、生活習慣の見直しが大前提となります。頭皮に良いとされる目先の対策を様々講じたところで、そもそもの生活習慣が乱れていては、その効果にも限界が訪れるでしょう。

まず、食事内容の見直しをしてみてください。毎日、ビタミン、ミネラル、タンパク質などのバランスのとれた食事をしていますか? 髪の毛の成長に不可欠なこれらの栄養素を摂り入れない限り、毛根はどんどん劣化していきます。

また、十分な睡眠時間を確保することも大事です。髪の毛を健全に成長させるためには、成長ホルモンという物質が必要。この成長ホルモンは、22:00~深夜2:00の間に多く分泌されています。夜更かしをしていると、髪の毛は健康に育つことができません。

他にも、禁煙、適度な運動、ストレス解消など、AGA改善のための生活習慣には色々ありますが、難しく考えず、「健康を維持するための普通の行動」が、そのままAGA対策の土台になると考えてください。

シャンプーの見直し

おでこのAGAを改善させるためには、頭皮に余分な皮脂を残していてはなりません。毛穴に詰まった一日の皮脂を、毎日しっかりと洗い流す必要があります。

ただし、毛穴の皮脂は落とし過ぎてもダメ。健康的な頭皮環境を維持するためには、適度に皮脂を残しておく必要もあります。

そこで、今使っているシャンプーを見直してみてください。ドラッグストアなどで市販されている比較的安価なシャンプーは、非常に洗浄力の強い「高級アルコール系(石油系)洗浄剤」を配合していることがほとんど。頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまう恐れがあります。おでこのAGAが気になる人は、より洗浄力のマイルドなアミノ酸系シャンプーを使用したほうが良いでしょう。

病院で治療

おでこのAGAの進行を確実に、かつ早急に止めたいという方には、薄毛専門の病院で治療してもらうことをおすすめします。専門病院で適切な治療を受ければ、ほぼ100%の確率でAGAは改善方向へと向かうでしょう。

病院で治療を受ける場合は、症状が軽度であればあるほど治療効果も高いと言われています。おでこだけのAGAなら、まだ薄毛のスタートライン。症状が進行しないうちに専門の病院で相談をしてみましょう。

薄毛専門病院におけるAGA治療法

病院でのAGA治療法には、いくつかの種類があります。症状の程度や体質、肌質、患者の希望などに応じて、ドクターが最適な治療法を行なうことになります。

一般的には、内服薬の「プロペシア」や外用薬の「ミノキシジル」で治療を進めていきます。ただし、これら既存の薄毛治療薬の場合、あまりにも効果に個人差が大きいことから、最近では病院独自で薬を調合して処方している例も見られます(オリジナル処方、オーダーメイド処方)。

関連記事