AGAの治療薬の副作用

TOP » コラム » AGAの治療薬の副作用
[最終更新日]2018/03/15
229 views

AGAの治療薬にご用心!薄毛のクスリの危険な自己判断について

薬

AGA(男性型脱毛症)という言葉を一度は聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。 若い年代にも生え際や頭頂部が薄くなってきて悩んでいる方が多いようです。このAGAは進行を遅らせるための治療薬がたくさんあります。もちろん病院できちんと診断を受けて処方してもらう薬もありますが、薬局などでも購入できる薬もあります。 しかし、効果的に使用するためには、正しく使用しなくてはいけません。なぜなら、副作用が起こり得るからです。 ここではAGAの治療薬を効果的に使用する方法や副作用について解説していきます。

AGA治療で使われる薬について

大きく分けて「フィナステリド」と「ミノキシジル」という薬が、AGAに効果があるとされています。

フィナステリドが含まれる内服薬

1日1回の内服で、通常は服用してから3か月ほどで症状が改善してきます。内服を途中でやめてしまうと、髪の状態がもとに戻ってしまうので、飲み続けることが大切です。1年ほど内服しても改善がない場合には、効果がないという判断し、内服を中止します。フィナステリドを服用するには、病院で処方してもらわなくてはいけません。

フィナステリドには、脱毛物質であるジヒドロステロン(DHT)を作り出すII型5-αリダクターゼという酵素を阻害するはたらきがあります。

ミノキシジルが含まれる外用薬

ミノキシジルには血管を拡張して血行を良くする作用があります。さらに、この作用によって毛母細胞を活発化させ、発毛を促します。もともとは高血圧の治療としても使用されていました。

外用薬であるミノキシジルは薬局でも購入可能です。使い方は毎日頭皮に塗布するだけですが、発毛効果が期待できるのは頭頂部のみで、生え際などには効果がないとされています。

医薬品の副作用「AGA編」

AGAの代表的な治療薬のフィナステリド剤には副作用があります。一般的なものとしては、蕁麻疹や掻痒感、発疹などの過敏症状が挙げられます。これらの症状はフィナステリド剤に限ったことではなく、他のどんな薬でも起こりえることです。その他には、生殖器系の副作用として、勃起不全や射精障害、性欲減退といったEDの症状が出ることがあります。また、肝機能障害や乳房痛、抑うつ、めまい、頭痛などが挙げられます。

特に重要なこととして、フィナステリド剤を内服している間は、前立腺癌の腫瘍マーカー(PSA)が低値に出るとされています。そのため、健診などでPSAの値を測定した場合、数値を2倍に換算して考えなければいけません。フィナステリド剤を内服していることを、必ず医師に報告しましょう。

ミノキシジルは、血管拡張の作用があり、もともと高血圧治療に使用されていたことから、血圧の低下には注意が必要です。血管や心臓に負担がかかることがあるので、循環器系の病気を持っている人は医師とよく相談して使用してください。また、ニキビや肌荒れといった副作用や、必要以上に腕や足などの体毛が濃くなってしまうという多毛症が現れることもあります。

また、外用薬として使用した場合、頭皮に合わないと頭皮の痒みや炎症を起こすことがあります。 これらの副作用は必ず起こるわけではなく、個人差はありますが、こういった副作用があることを、頭に置いておきましょう。

処方薬を自己判断するリスク

処方薬は、最大限の治療効果を発揮するために、成分を理解し決められた用法できちんと続けることが必要です。例えばフィナステリド剤の場合、効果が現れるのは3か月程してから。飲み続けないと髪は元の状態に戻ってしまうので、自己判断で勝手に中止してしまうと効果が得られません。また、効果がないのにずっと飲み続けていては、金銭的にも負担がかかります。それに加えて、副作用も少なからず出現することがあります。そのため、AGA治療中は、定期的に医師の診察を受けた上で、それに従って治療を進めていくことが大切なのです。

AGAクリニックで処方薬をもらうメリット

最近はAGA専門のクリニックが増えてきています。一般の病院の皮膚科や内科でも、AGAの薬を処方してもらえます。プロペシア(フィナステリド剤)などが多いですが、近年発売されたサガーロ(デュタステリド剤)も注目されている治療薬のひとつです。

専門クリニックであれば、プロペシアやサガーロの処方はもちろんですが、ミノキシジルや抗炎症剤、ビタミン剤などを加えた、その人にあったオリジナルの治療も受けられます。 また、基本的には無料のカウンセリングもあり、1人ひとり悩みを聞き、適切な治療法を提案してくれます。

AGAの治療薬は、薬局やインターネットの通販などでも購入することができますが、特に個人輸入などはリスクも伴いますので、おすすめできません。確実に効果を上げて安全に薬を使用するには、医師の指導のもとに治療をしていくことが大切です。

薄毛の薬は処方箋を

AGAの治療薬をこれから使用しようと思っている方は、きちんと医療機関にかかって治療を受けることをお勧めします。副作用の心配があることはもちろんですが、最大の効果を発揮するために、決められた用法をまもって使用する必要があるからです。そのため薬局やインターネットで購入して自己判断で治療を行うことはお勧めできません。効果的にかつ安全に治療をしていくためにぜひ、専門のクリニックに相談してみてくださいね。

関連記事