簡単にできる5つのAGA対策

TOP » コラム » 簡単にできる5つのAGA対策
[記事公開日]2018/02/22
[最終更新日]2018/03/22
109 views

AGAを治療したい!簡単で効果的な5つの対策を教えます!

医師の画像

「AGA(男性型脱毛症)の対策をしたいけど、いきなりクリニックに行くのは少し不安……」そんな方も多いのではないでしょうか。

もちろんAGAはクリニックでの治療が大事です。ですが、日常生活の見直しなどでも改善できることがあります。簡単な対策を取り入れることで、AGAが緩和するかもしれません。ここでは、AGAの対策について紹介していきたいと思います。

男性ホルモンに関係あり!?AGAの原因とは

AGA(男性型脱毛症)は、主に頭頂部や生え際から始まる人が多いとされている、進行性のある脱毛症です。これは、男性ホルモンの働きをより強くする5αリダクターゼという酵素が原因であるとされています。

5αリダクターゼは、主に生え際や頭頂部などに分散していて、薄毛の要因である男性ホルモンの生成を促します。クリニックで処方される治療薬は、この5αリダクターゼの動きを抑制させることで、薄毛の進行を止めるというものです。ちなみに、ノコギリヤシや牡蠣などにも同様の働きがあるとされているので、食事の面から改善を目指してみるのも一つの方法です。

薄毛にならない為のAGA対策をジャンル別に紹介

世の男性の多くが悩まされている薄毛。たとえ治療によって改善されたとしても、油断は大敵です。薄毛の原因には男性ホルモンのほか生活習慣にもあるため、それを改善しない限り悩みは解決されません。こちらでは、薄毛にならないためのAGA対策を紹介します。

薄毛対策その1~食事~

バランスの良い食事をする

AGAの原因のひとつに、5αリダクターゼという物質があります。この働きを抑えるためには、バランスの取れた食生活が必要です。タンパク質やビタミンB群、亜鉛などの栄養素を積極的に摂るようにしてみてください。また脂肪分の多い食品は避け、過剰な皮脂の分泌を減らしましょう。

サプリを利用する

バランスの取れた食事を、普段の生活のなかで完璧に摂るのは難しいでしょう。必要な栄養素はサプリメントで補うこともできます。サプリメントは、食事では摂りきれない亜鉛やビタミンB群などが配合されたものがおすすめです。

外食の際は和食を選ぶ

AGA対策には大豆や鶏肉、ナッツ、卵、昆布などを含む食事が効果的といわれています。そしてこれらの成分が豊富に含まれるのが和食です。お味噌汁や豆腐などは、普段の食生活のなかでも摂りやすいでしょう。外食の際にも和食を選ぶよう心がけてみてください。

薄毛対策その2~運動~

毎日30分~1時間は運動する

健康やダイエットに効果的な運動は、筋肉の緊張をやわらげ血行を良くするため、AGA対策においても不可欠です。全身の血流が改善されることで、頭皮や髪に必要な酸素や血液が届きやすくなります。ただし激しい運動は活性酸素を増やし、細胞の老化を進行させてしまうのでNGです。ウォーキングやストレッチ、水泳などを1日に30分~1時間程度、無理のない範囲で続けていきましょう。

薄毛対策その3~洗髪・バスタイム~

入浴で発汗作用

日常生活へ手軽に取り入れられる薄毛対策のひとつが入浴です。入浴にはリラックス効果や発汗作用があります。また、発汗作用のある入浴剤は、毛穴が開き汚れが落ちやすくなるためおすすめです。毛穴がきれいになることで、育毛剤の成分も浸透しやすくなるといわれています。

成分にも注目!正しいシャンプー選び

AGA対策においては毛穴の詰まりをなくすことが大切です。毛穴の汚れや皮脂などを落とすには、海泥系のシャンプーが適しています。頭皮への負担は軽く、古くなった皮脂などを吸着し取り除いてくれます。

また、頭皮に適したシャンプーを使用することも重要ですが、すすぎと乾燥にも気を配ってみてください。すすぎでは生え際、頭頂部などにシャンプーが残らないよう、しっかりと洗いましょう。洗髪後はドライヤーで頭皮まで乾かします。濡れたままの状態では雑菌が繁殖しやすく、頭皮トラブルにつながるためです。

薄毛対策その4~生活習慣~

睡眠をしっかりとる

睡眠不足は薄毛や抜け毛を増やす原因です。髪の成長をサポートする成長ホルモンは夜22時~深夜2時の間に活性化し、質の良い睡眠を取ることでより多く分泌されます。加えて寝不足により血行不良が引き起こされると、頭皮に必要な酸素や栄養素は運ばれません。結果、健康で丈夫な髪の毛が育ちにくく、抜け毛につながってしまうのです。

お酒・タバコをなるべく控える

アルコールの過剰摂取は有害物質を増やし、利尿作用による脱水症状で血流が悪くなります。適度な飲酒は健康に良いとされていますが、過度になると頭皮へ悪影響を与えかねません。

また、タバコも抜け毛や薄毛の要因です。頭皮の血管を収縮させるほか、髪の成長に必要なビタミンも消費させてしまいます。

ストレスを減らす

ストレスの蓄積は自律神経を乱し血流が悪くなることに加え、体内の亜鉛の消費につながります。亜鉛は髪の成長に必要な栄養素のひとつです。そのため、亜鉛が不足すると薄毛や抜け毛につながります。また、ストレスは睡眠不足の大敵です。質の良い睡眠は髪の毛の成長に欠かせないため、ストレスは適宜解消しましょう。

薄毛対策その5~頭皮ケア~

頭皮マッサージをする

頭皮マッサージにより頭皮の血行が促進されることで、髪に必要な栄養素が届き、頭皮環境の改善が期待できます。また、マッサージによる適度な刺激にはリラックス効果もあります。特に就寝前のマッサージは、良質な睡眠につながるためおすすめです。

AGA対策の効果を高めるには頭頂部や生え際、側頭部を中心にマッサージをします。タイミングとしてはお風呂上がりが適しており、指の腹で頭皮を動かすように刺激を与えてみてください。

ヘアケアグッズを使う

シャンプーブラシの活用も、AGA対策にはおすすめの方法です。取り入れる場合には、優しく髪をとかすように使いましょう。力を入れてこすったり、ぐるぐると回したりして使うと頭皮や髪を傷めてしまうため注意が必要です。

紫外線対策

紫外線を浴びると毛髪のタンパク質が変性し、髪が傷むことがあります。そのため、肌だけではなく、髪の紫外線対策も重要です。帽子をかぶる、日傘を差す、頭皮と髪専用の日焼け止めを使用するといった対策を心がけましょう。

薄毛対策はなぜ早めに始めたほうがいいの?

AGAの大きな原因は男性ホルモンの変化です。これによりヘアサイクルが乱れて、髪が成長する前に抜け落ち、細い髪しか生えてこない状態を引き起こします。しかし、男性ホルモンの変化による抜け毛や薄毛は、対処をすることで完治するというものではありません。

AGAは進行性の脱毛症であるため、放置しておくと薄毛や抜け毛は悪化する一方です。これを未然に防ぐには、食い止めるための努力だけでなく早めの対策が求められます。規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事、正しいシャンプー方法、頭皮に負担のないシャンプー選びなどに注意しましょう。

それでも薄毛の兆候が見られたら…

AGAは生活習慣の見直しや、セルフケアだけでは進行を止められないことも多いです。その場合、AGAクリニックに相談をしてみましょう。専門家に診てもらいアドバイスを受けることで、早い段階から薄毛や抜け毛を防ぐことができます。

関連記事