AGAの原因は?

TOP » コラム » AGAの原因は?
335 views

AGAの原因は?

髪を気にする男性

薄毛を個性として開き直ることができれば、AGAを発症しても何ら怖いことはありません。しかしながら、そのような精神的境地に至ることができる人は、ほとんどいないでしょう。何らかの方法で薄毛を克服できるならば、それに越したことはない、と考えるのが普通の人の感覚です。ここでは、AGAの根本的な予防・対策法を見据えつつ、改めてAGAの原因について考察してみます。

AGAの原因と特徴

AGAの原因は、男性ホルモンの一種であるDHTという物質です。毛を生み出す細胞にDHTが作用することで毛の寿命が狂い、抜け毛・薄毛を発症させます。

以下、そもそもDHTとは何か、DHTがどのように働いてAGAを誘発するのか、AGAと他の薄毛との違いは何か、について詳しく解説します。

【AGAの原因・男性ホルモンDHTとは】

DHTの正式名称はジヒドロテストステロン。男性ホルモンの「テストステロン」が、5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつくことによりDHTに変質します。「テストステロンの働きが、より強力になった物質がDHT」と考えておけば良いでしょう。

もともとDHTは、人間の成長において非常に大切な物質。特に乳幼児期、男性器の形成には欠かせない重要ホルモンとして知られています[注1]。DHTは薄毛を招く原因物質として悪者扱いされることが多いのですが、その一方で、DHTは人間の健康的な成長を促すための大切なホルモンであることも理解しておきましょう。

【AGAが発症するメカニズム】

睾丸や副腎などから分泌された男性ホルモン「テストステロン」は、体の成長などを促すために全身を巡ります。全身を巡る過程で、毛髪の根元にある毛乳頭細胞において、「テストステロン」は5αリダクターゼと呼ばれる酵素と遭遇。この酵素と「テストステロン」が結びつくことで、「テストステロン」はDHTへと変質します。

その後、DHTは毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプターと結合。この結合の影響により、毛乳頭細胞から毛髪組織に対し、「毛の成長サイクルを短縮させよ」という指令が下ります。結果、本来であれば2~6年にわたる成長期を持つはずの毛が、その寿命を数ヶ月まで短縮。外観的には抜け毛が多くなり頭は薄毛の様相を呈する、というのがAGAのメカニズムです。

なお、「テストステロン」がDHTに変質するきっかけとなる酵素(5αリダクターゼ)は、前頭部や頭頂部に多く分布しています。AGAの症状が前頭部や頭頂部に現れやすいのは、そのためです。

【AGAと他の薄毛との違い】

AGAの他にも、別の原因による様々な薄毛症状が存在します。それら薄毛症状とAGAとは原因が全く異なる、ということも理解しておくと良いでしょう。あなたの薄毛は、もしかするとAGAではないかも知れない、ということです。

たとえば円形脱毛症は、自己免疫疾患の一つと考えられています。あるいは脂漏性脱毛症は、頭皮に存在するマラセチア真菌の異常繁殖が原因とされています。若い女性に多く見られる牽引性脱毛症は、ポニーテールなどによる物理的な力が原因で発症します。その他にも、女性ホルモン「エストロゲン」の減少による脱毛症、加齢を原因とする脱毛症など、AGA以外にも、薄毛には様々な種類があることを理解しておきましょう。

AGAになりやすい人はどんな人?

率直に言って、AGAは多分に遺伝的要素の強い症状。よって、どんな人がAGAになりやすいかと問われれば、「親族にAGAが見られる人」と答えるしかありません。

ただし、親族にAGAの者がいるからと言って、かならずしも本人に遺伝する訳ではありません。中学の時、理科の授業で遺伝のパターンを習ったと思います。パターンによっては、AGA家系ながらAGAが発症しない人がいることも確かです。

ちなみに、遺伝によるAGAの発症確率は、一般に25%程度とされています。

【母方の祖父がAGAの場合は、ある程度の覚悟を】

男性の染色体はXYの組み合わせ。女性の染色体はXXの組み合わせです。男の子は、父親の持つY染色体と、母親の持つX染色体を半分ずつもらって生まれます。女の子は、父親の持つX染色体と、母親の持つX染色体を半分ずつもらって生まれます。

とことで、上で説明した5αリダクターゼの活性はX染色体によって決まるとされています。よって、男の子のAGAの遺伝可能性は母方から受け継がれるもの。すなわち、母方の祖父がAGAならば、その孫たる男の子に隔世遺伝が生じる可能性がある、という理屈が成り立ちます。

なお、母方の祖父からAGAが遺伝しやすいことについては、2005年、ドイツのボン大学の研究によって明らかにされています。[注2]

【遺伝子検査によりAGA発症の可能性を知ることができる】

ご自身がAGAの遺伝子を持っているかどうかについては、遺伝子検査をすれば容易に分かります。不安な方は、一度、AGA治療クリニックなどで遺伝子検査をしてもらうと良いでしょう。

検査方法は簡単です。髪の毛や口の中の粘膜などを採取し、調べてもらうだけ。近くに遺伝子検査を行なっているクリニックがない場合は、検査キットを取り寄せて自宅で遺伝子検査をすることも可能です。

食事・生活習慣はAGAの原因になる?

食事や生活習慣が薄毛の原因になることはありますが、AGAの直接的な原因になることはありません。

先に述べたように、薄毛には様々な原因があります。それらの中には、食事や生活習慣が原因の一つとなって発症する薄毛もあることは確か。ただし、AGAの直接的な原因にはなりません。なぜなら、繰り返しますがAGAの原因は男性ホルモンDHTだからです。

【薄毛症状を悪化させる原因にはなる】

食事・生活習慣が、AGAの直接的な原因に関与することはありません。ただし、AGAの症状を悪化させる要因になることはあるので、注意が必要です。 たとえば、脂分の多い食事を好む人の場合、その頭皮から皮脂が多めに分泌される傾向があります。頭皮から過剰な皮脂が分泌されると、毛穴が皮脂で詰まってしまうことがあります。

すでにAGAを発症している人の毛穴では、細い毛が頑張って外に出ようとしている状態。ここに皮脂が詰まっていると、細い毛は外に出ることができず、成長ができません。結果、AGAが悪化したように見えてしまいます。

運動不足が続いている人についても、慢性的な血行不良の影響で、毛髪の成長に必要な栄養素が、頭皮まで十分に運ばれていない可能性があります。

食事・生活習慣とAGAとは無関係ですが、見た目の問題としてはAGAを悪化させる要因にもなる、と考えておきましょう。

ストレスはAGAの原因になる?

ストレスはAGAの原因になりません。なぜならば、AGAの原因は男性ホルモンDHTだからです。いかに強いストレスを受けたところで、その影響で男性ホルモンDHTの量が急増することは、基本的にありません。

ただしストレスは、AGAとは異なるメカニズムにおいて、抜け毛を助長させることがあります。よって、すでにAGAを発症している人は、ストレスの影響で症状が悪化したかのように見えることがあります。

【薄毛症状を悪化させる原因にはなる】

ストレスでDHTが急増してAGAを発症させることはありませんが、ストレスで抜け毛が増えて、すでにAGAで発症している薄毛症状を悪化させることはあるので注意しましょう。

人の体は、自律神経と言われる神経組織に支配されています。自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類があり、興奮したときやストレスを感じたときに活発化するのが「交感神経」、リラックスしたときや安心している時に活発化するのが「副交感神経」です。[注3]

ストレスを感じて「交感神経」が活発化すると、全身の筋肉が硬直するなどして血行不良に。血液には、毛髪の成長に必要な栄養素を運ぶ大事な働きがあるため、血行不良になると頭皮が栄養不足に陥り、抜け毛が増えます。

すでにAGAで薄毛が進行している人がストレスを溜めると、DHT+血行不良のダブルの原因で薄毛を進行させる、ということ。ストレスとAGAに直接的な関連はありませんが、薄毛を助長することは確かなので、AGAの人はストレスを溜めないようにする必要があります。

AGAの対策・予防法

原因がAGAであれ生活習慣であれ、薄毛の人にとっては、薄毛であること自体が悩み。よって、たとえAGAと生活習慣等に直接的な関連がないにしても、薄毛自体を進行させないよう様々な注意を払って日々を送るようにしたいものです。

ただし、食事・生活習慣をいかに改善しようとも、ストレスをいかに解消しようとも、AGAの原因である男性ホルモンDHTが取り除かれる訳ではありません。AGAを予防したい場合、またはAGAを根本的に改善させたい場合、少なくとも現状では、医療機関で治療を受ける以外に方法はないと考えてください。

まとめ

食事や生活習慣の見直し、ストレスの解消等は、薄毛の進行予防には一定の効果をもたらすでしょう。しかしながら、残念ですがAGAを解決する手段とはなりません。

昨今のAGA治療専門クリニックでは、初回のカウンセリングを無料としているところがほとんど。無料であるにも関わらず、カウンセラーではなくて専門の医師に相談できるクリニックもあります。

AGAを予防したい人、改善させたい人は、まずAGA治療専門クリニックの無料カウンセリングを受けてみてください。治療費の問題なども含め、率直な気持ちで相談してみると良いでしょう。

AGAは進行性の症状です。時間が経てば経つほど症状が悪化し、かつ治療効果が低くなっていきます。薄毛が気になる人には、一刻も早い受診をおすすめします。

関連記事