AGA治療の費用はどれくらい?

TOP » コラム » AGA治療の費用はどれくらい?
310 views

AGA治療の費用はどれくらい?

財布とお金

AGAの治療を進めるうえで避けて通れない大きな問題が、費用のこと。結論から言うと、たとえどんな治療方法を選ぶのであれ、一般的な財布を基準に考えればAGA治療は高額です。ただし、高額であろうというイメージだけで治療を諦めるのはもったいない話。ここでは、治療をスタートするか否かの判断材料として、AGAの治療費の問題について詳しく解説します。

AGA治療は保険適応外

AGAは、クリニックで適切な治療を受けることで改善させることができます。しかしながら、一般的な病気の治療とは異なり、AGAの治療に保険は適応されません。

【AGAは病気ではないので保険は適応されない】

AGAを発症した大概の人は、大なり小なり、自身の薄毛にコンプレックスを抱くことでしょう。さほど気にしない人もいるかも知れませんが、できることならばフサフサだった頃に戻りたいと思うのは、すべてのAGA患者に共通する人情です。

しかしながら、AGAは病気ではありません。遺伝的に毛深い人がいますが、言わばこれと同じこと。AGAによって何ら健康被害が生じない以上、現在の医療制度のもとでは、AGAの治療に保険が適用されません。クリニックにおけるAGAの治療を検討中の人は、まずはこの点を理解しておきましょう。

【自由診療の治療費はクリニックによって大きく異なる】

保険が適応される治療のことを保険診療と言い、保険が適応されない治療のことを自由診療と言います。AGAは、後者の自由診療です。

自由診療の治療費を決めるのは、国や自治体ではなく、あくまでも治療を提供しているクリニックや病院。よって、たとえ同じ薬の処方であったとしても、クリニックや病院によって、その治療費は大きく異なります。また、同じクリニックでの治療であったとしても、治療法の種類によって費用は大きく異なります。

よって、AGAの治療を検討している人は、まず治療法ごとの費用相場を知っておく必要があるでしょう。

AGA治療は治療内容で金額が変わる

AGAの治療費は、治療法の種類によって大きく異なります。以下、代表的なAGA治療法の中から「内服薬」「外用薬」「HARG療法」「育毛メソセラピー」「自毛植毛」について、1年でかかる治療費の目安を比較してみましょう。

【治療法ごとのAGA治療費の比較】

治療法1年分の治療費の目安
内服薬(プロペシア)70,000~90,000円
外用薬(リアップX5)90,000~100,000円
HARG療法900,000~1,800,000円
育毛メソセラピー240,000~960,000円
自毛植毛1,000,000円

【内服薬の相場について】

上記の表の中で、最も費用がリーズナブルなのが内服薬。プロペシア以外にも、最近ではザガーロという内服薬が厚労省から販売認可を受けました。いずれも価格はリーズナブルなのですが、服用を中止するとAGAが再発するため、毛髪の状態を維持したい場合には永続的に薬を飲み続ける必要があります(永続的な出費が必要)。

【外用薬の相場について】

国内で販売認可がおりているAGA外用薬(塗り薬)は、大正製薬のリアップシリーズのみ。内服薬との併用で、より高い発毛・育毛効果が実感できます。外用薬も、内服薬と同様に使用を中止することで発毛効果は停止します。よって、毛髪の状態を維持するためには永続的な出費が必要となります。

【HARG療法の相場について】

HARG療法とは、幹細胞や成長因子を利用した、いわゆる再生医療の一種。効果の程度に個人差はあるものの、治療を受けたほぼ全ての人の頭皮に変化が生じると言われています。費用は高額。治療範囲によっては、上記の表よりも費用が高くなります。治療後は、内服薬の服用等で毛髪状態を維持していくことになります。

医療機関からは効果の高い治療として紹介されているHARG療法ですが、日本皮膚科学会が策定している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」[注2]では、今後が期待される治療法ではあるものの、現状では安全性や有効性は十分に検証されてないと評価されています。

【育毛メソセラピーの相場について】

育毛メソセラピーとは、毛髪の成長を促す因子(グロースファクター)や、毛髪の成長に良いとされる成分(ビタミンCや亜鉛など)を混合した薬剤を頭皮に注入する治療法です。薬剤を頭皮に注入する際、針を使用するかどうかによって治療費が大きく変動。治療範囲によっても費用は変わります。治療後は、内服薬の服用等で毛髪状態を維持していく必要があります。

育毛メソセラピーに関しても、上記のHARG療法と同様に、男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインからは安全性や有効性は十分に検証されてないとの評価を受けています。

【自毛植毛の相場について】

自毛植毛とは、側頭部や後頭部に存在する毛を毛根ごと生きたまま採取し、薄毛が目立つ部分に移植する外科手術の一種。移植後「生着」した毛に限り、半永久的に成長を続けます。植えた毛の本数により、価格は著しく相違。1000本移植した場合の費用は100万円前後となります。

【各治療法の費用感のまとめ】

AGA治療が自由診療である以上、どの治療法も決して安いとは言えません。AGA改善による精神的効能と費用とを天秤にかけ、あとはご自身で治療を決断するか否かを決めるしかないでしょう。

すべての人に当てはまる訳ではありませんが、概して、治療費が高くなればなるほど、発毛・育毛効果が高くなる傾向が見られます。治療法を比較する上では、その点も考慮に入れておきましょう。

AGA治療専門院と一般病院の治療費用相場

AGAの治療を検討するにあたり、「AGA専門病院を選ぶか、それとも一般病院を選ぶか」という問題があります。

上記で紹介した内服薬・外用薬は、皮膚科や形成外科などの一般病院でも処方が可能。極端な話ですが、整形外科や脳外科、小児科、耳鼻科、眼科でも、患者が希望すれば処方してもらうことができます。

【AGA治療専門病院を選ぶことのメリット・デメリット】

AGA治療専門病院における治療費の相場は、一般病院に比べて高額です。なぜなら、一般病院では、すべての患者に画一的な薬の処方しか行なっていないことに対し、AGA治療専門病院では、患者の体質などに合わせた最適な治療法を提供しているからです。つまり、一般病院に比べてAGAの改善効果が期待できるからこそ、その治療費も高額になる、ということです。

AGA治療専門病院を選ぶことのメリット
  1. 多くのAGA症例を見てきた専門の医師がいる
    AGA治療専門病院には、日々、多くのAGA患者が来院します。その分、医師は多くのAGA症例を目にすることになるため、症状の的確な診断や適切な治療法を提案することができます。
  2. 様々な治療法の選択肢が用意されている
    既存の内服薬や外用薬以外にも、病院によっては、育毛メソセラピー、HARG療法、自毛植毛、クリニックのオリジナル治療薬など、様々な治療法を用意しています。
AGA治療専門病院を選ぶことのデメリット
  1. 費用が高額となる
    一般病院とは異なる治療法を選んだ場合、費用は高額となります。ただし、一般病院と同じ内服薬・外用薬の処方のみであれば、むしろAGA治療専門病院で処方を受けたほうが割安となる例がほとんどです。
  2. 専門病院は主要都市に集中している AGA治療専門病院は、一般病院とは異なり、全国どの地域にでも開院しているという訳ではありません。基本的には、県庁所在地などの主要都市に集中しているため、地方の患者は通院に不便を感じるかも知れません。

【一般病院を選ぶことのメリット・デメリット】

一般病院におけるAGA治療費の相場は、AGA治療専門病院に比べて割安です。ただし、すべての患者に画一的な治療しか提供できないため、AGAの改善効果を実感できる患者もいれば、実感できない患者もいます。

一般病院を選ぶことのメリット
  1. 費用がリーズナブル
    AGA治療専門病院とは異なり、治療法は内服薬と外用薬のみ。治療費が高額となる高度な治療を行なっていないため、AGA専門病院に比べれば費用は割安となるでしょう。
  2. 全国どこでも薬を処方してもらえる
    内服薬(プロペシアやザガーロ)の場合、診療科に関わらず、医師免許を持つ人にお願いすれば全国どこでも処方してもらうことができます。外用薬のリアップシリーズの場合、医師を通さずとも薬剤師の説明を受けるだけで入手が可能です。
一般病院を選ぶことのデメリット
  1. 内服薬と外用薬の処方しか行なっていない
    一般病院で行なっているAGA治療は、基本的に内服薬と外用薬の処方のみ。もちろん、既存の内服薬・外用薬のみでAGAが改善する患者もいますが、まったく改善しない患者もいます。症状の個人差に応じて治療法を変えることは、一般病院では現実的に不可能です。
  2. AGAに関する専門的知識や治療の経験値が少ない
    たとえば皮膚科の場合、日常的に多く診ている症例は「かぶれ」「発疹」「アトピー」など。AGA患者は極めて少数派です。必然的に、医師におけるAGAの専門知識や治療経験値は少なくなります。AGA治療専門病院の医師に比べ、一般病院ではAGA治療に特化した診察・治療は期待できないでしょう。

治療費を安く抑えるなら、ジェネリックという手も

すでに説明した通り、AGAの治療においてもっとも割安な方法は内服薬。具体的には、厚労省認可済みの「プロペシア」か「ザガーロ」の処方が、現状のAGA治療法の中ではもっとも安いことになります。

ただし、いかに安いとは言えどもAGA治療は自由診療。他の治療法と比較した場合は内服薬がもっとも割安ですが、年間で70,000~90,000円ものコストがかかることは事実です。決して安くはありません。

少しでも治療費を抑えてAGA治療を行ないたいという人には、これら内服薬のジェネリックをおすすめします。

2018年5月現在、厚労省が認可している「プロペシア」のジェネリックは、ファイザー、沢井製薬、東和薬品、クラシエ製薬、あすか製薬、武田の6種類。いずれも1ヶ月分の薬代が4,000円程度なので、年間では50,000円弱の出費となります。永続的に服用を続けなければならないという前提に立てば、「プロペシア」に比べ、ジェネリックを利用したほうが、長期的には大きな節約効果を生むことでしょう。上記の価格表に照らし、他の治療法とのコストの違いも確認してみてください。[注1]

なお、これらジェネリックに配合されている有効成分の種類や配合量は「プロペシア」と全く同じ。よって、期待される効果も、生じうる副作用のリスクも全く同じ、と考えて差し支えありません。

安全性と効果を考えるなら、専門クリニックの受診を

すでに説明したように、AGA治療専門病院と一般病院とを比べた場合、発毛・育毛効果はAGA治療専門病院のほうに軍配が上がります。しかし、AGAを治療するにあたっては、効果以外にも治療の「安全性」に留意しておく必要があります。

【内服薬・外用薬には副作用がある】

プロペシアやリアップなど、一般病院でも処方している薬には副作用のリスクがあります。

内服薬「プロペシア」の主な副作用

プロペシアの添付文書[注3]には、いくつかの副作用のリスクが記載されています。重大な副作用としては「肝機能障害」。その他の副作用として「リビドー減退(性欲減退)」「勃起不全」「精液量減少」「睾丸痛」など、男性機能に関する副作用が指摘されています。

外用薬「リアップX5」の主な副作用

リアップの添付文書[注4]によると、血圧に異常のある人や、心臓・腎臓に障害のある人などには、使用における注意喚起がなされています。また、胸の痛みや心拍数増加、めまいなどの副作用のリスクも指摘されています。

もちろん、AGA治療専門病院で行なっているオリジナル治療にも、何らかの副作用のリスクはかならずあります。

しかしながら、AGA治療専門病院で診療している医師は、それら治療薬の特性について熟知している専門医師。患者の個別の体質に応じ、各種薬剤の使用におけるリスクの判断が適切になされます。

治療の選択肢の多さによるAGAの改善効果、および治療の安全性という2つの観点から見て、AGA治療を受ける場合には専門病院を受診するほうが良いでしょう。

まとめ

繰り返しますが、AGA治療は自由診療です。どの医療機関で治療を受けても、費用は高額となることを理解しておいてください。

少しでも治療費を安く抑えたいならば、AGA治療専門病院よりも、皮膚科などの一般病院での治療を選ぶ方法も選択肢の一つ。ただし一般病院での治療は、AGA治療専門病院に比べて、治療の選択肢や医師のAGAの治療経験という面では劣ることも承知しておきましょう。

治療法の選択肢を増やしたい、またはAGAの専門医による治療を受けたい人は、少々コストが上がることを覚悟のうえで、AGA治療専門病院を受診してみることをおすすめします。

関連記事