頭皮のかゆみとAGAには関係がある?

TOP » コラム » 頭皮のかゆみとAGAには関係がある?
[最終更新日]2018/03/15
266 views

頭皮のかゆみがAGAの始まり?

大学生抜け毛

結論から言うと、AGAと頭皮のかゆみには、直接の関係があるわけではありません。AGAになったからかゆくなったわけでもなく、また、かゆくなったからAGAになったわけでもありません。

AGAとかゆみが無関係である理由について、二つに分けて考えてみましょう。

理由1「AGAとかゆみは発症の原因が異なる」

AGAが発症する原因とかゆみが発症する原因は、まったく異なります。AGAはDHTと言われる男性ホルモンの一種が毛母細胞を攻撃することによって発症します。一方、かゆみは乾燥や炎症、虫刺され、アレルギーなどによって発症します。AGAとかゆみの発症原因がまったく異なっている以上、両者にはまったく因果関係がないと考えられます。

理由2「AGAと無関係の場所もかゆくなる」

AGAであるかないかに関わらず、誰しも頭皮にかゆみを感じることはあります。かゆみを感じる場所は、前頭部であったり後頭部であったり、あるいは側頭部であったりなど、様々です。

ところでAGAは、通常、前頭部と頭頂部にのみ発症します。AGAの原因となるDHTが、前頭部と側頭部のみでしか生成されないからです。ということは、もしAGAと頭皮のかゆみに関係があるならば、かゆみは前頭部か頭頂部にほぼ集中することになるでしょう。しかし実際には、後頭部にも側頭部にも、均等な頻度でかゆみを感じます。このことからも、AGAとかゆみは無関係であると判断できます。

AGAへのケア方法が原因でかゆみが出ることはある

男性ホルモンを原因としたAGAは、頭皮のかゆみの直接的な原因にはなりません。しかしながら、AGAへの対処方法が原因で頭皮にかゆみを感じることはあります。

AGAが始まった人、またはAGAが進行した人の中には、育毛剤を使っている人も多くいることでしょう。また、育毛シャンプーを使っている人も多いはずです。これら育毛剤や育毛シャンプーに含まれる成分が原因で、頭皮にかゆみを感じる人はいます。頭皮と相性が合わずにかゆみを感じる、ということです。

特に、育毛シャンプーとは違って、育毛剤は使用してすぐに洗い流すわけではありません。体質的に合わない成分が、長時間頭皮に付着したままになるため、場合によっては著しいかゆみの原因のもなるでしょう。

また、体質的には問題がなくても、育毛剤の用量を守らずに大量に使用した場合は、成分に頭皮が負けて炎症を起こし、かゆみにつながるケースもあります。

育毛剤や育毛シャンプーを使用中で、かつ頭皮にかゆみを感じている人は、一度、別の育毛剤や育毛シャンプーを試してみたほうが良いかも知れません。

また、脂漏性皮膚炎が原因の薄毛の人は、頭皮にかゆみを感じることがあります。脂漏性皮膚炎とは、過剰な皮脂が原因で頭皮に炎症を起こしている状態のことです。

なお、同じ薄毛でもAGAと脂漏性皮膚炎は原因が異なるので、区別して理解しておきましょう。

育毛剤や育毛シャンプーを変えてみる

育毛剤や育毛シャンプーを使用している人は、試しに別の商品に替えてみてください。それだけで、かゆみが完全にストップすることもあります。なるべく肌・頭皮にやさしい商品を選んでみましょう。

やさしくシャンプーをする

シャンプーと肌質の相性ではなく、シャンプーの仕方に原因があって頭皮がかゆくなることもあります。特に、頭皮を爪で削るようにガリガリと洗髪している人は注意してください。頭皮が炎症を起こしてかゆみにつながる恐れがあります。また、熱すぎるお湯ですすぎをすることも良くありません。お湯による頭皮への刺激が、かゆみの原因となることもあるからです。すすぎに利用するお湯は、38°くらいが適温と考えてください。

自分の肌質を知る

AGAや育毛剤、育毛シャンプーとは関係なく、もともとの肌質が原因でかゆみを起こしている可能性もあります。頭皮のケア法を改善してもかゆみが治まらない場合には、皮膚科などのクリニックで、自分の肌質をチェックしてもらいましょう。脂漏性皮膚炎を起こしやすい肌質かも知れませんし、あるいは、ちょっとした刺激に反応してしまうアレルギー体質なのかも知れません。かゆみの原因が肌質にあるようならば、そのクリニックで治療してもらうようにしましょう。

関連記事