メソセラピー療法の効果と特徴

TOP » コラム » メソセラピー療法の効果と特徴
[最終更新日]2018/03/15
395 views

メソセラピー療法

メソセラピー

育毛方法の一つ「育毛メソセラピー療法」について

メソセラピー療法は、美容皮膚科や薄毛専門病院など、医療機関で受けることのできる薄毛治療方法です。最先端の薄毛治療の一つで、発毛・育毛効果も高いため注目されるメソセラピー療法とはどのようなものか、ご紹介していきます。

メソセラピー療法とは?

薄毛の患部に直接有効成分を浸透させて発毛をサポート

育毛メソセラピー療法とは、薄毛となっている部分に直接、発毛に有効な成分を浸透させることで、薄毛を改善していく治療法です。注射器や超音波導入器などを使い、頭皮に浸透させていきますので、この治療法が行えるのは医療機関のみとなっています。この療法では、AGA治療薬での改善に比べて毛乳頭へピンポイントで有効成分が届けられるため、発毛・育毛効果がより高く得られるとされているのです。

何らかの理由で毛根そのものがなくなっている場合は、効果そのものが期待できないということですが、毛根があればかなりの確率で自分の髪の毛が育ってくることが期待できるそうです。似た治療法としてHARG療法がありますが、注入する成分に違いがあるだけで、毛根へ浸透させる医療技術はほぼ同じと言って良いと思われます。

メソセラピー療法のメリット

薄毛部分に直接働きかけるので高い効果が期待できる

メソセラピー療法のメリットは、その改善効果の高さにあります。内服薬や外用薬では、毛根に有効成分が届くのに時間がかかったり、途中で薄まってしまう可能性がありますが、メソセラピー療法の場合は直接毛根へ有効成分を浸透させるため効果が現れやすいのです。また、内服薬に比べて副作用が起こりにくいというのも、この治療法の大きなメリットと言えます。

メソセラピー療法のデメリット

治療を受けるのに多額の費用がかかってしまう

メソセラピー療法の大きなデメリットに挙げられるのが、何と言っても高額な治療費と言えます。内服薬や外用薬の処方よりも、1回の施術にかかる費用はかなり高額です。メソセラピー療法は数回の治療が必要となりますので、どうしてもかなりの出費となってしまいます。また、注射器を使っての施術には痛みを生じてしまうことが、デメリットの一つに挙げられています。

治療の期間

月に1回の施術で約6ヶ月間は施術が必要

育毛メソセラピー療法では、治療開始から約4~6ヶ月で発毛効果が得られるとされています。そのため治療も、月に1回の施術を最低でも6ヶ月間以上続ける、10回コースや15回コースとなっているのが多いようです。しかし、効果の現れ方には個人差がありますので、医師に頭皮の状態をしっかり診断してもらい、それに基づいて期間を検討していきましょう。

こんな方にオススメ

プロペシアで効果を感じなかった人などにオススメ

これまでプロペシアなど、AGA治療薬での対策であまり効果を感じられなかった人などは、次の治療段階として育毛メソセラピー療法がオススメとなります。また、短期間で効果を実感したいという方や、女性の方の薄毛治療にも効果的なのでオススメの治療法です。特に女性の方は薄毛治療の選択肢があまりないため、その中の一つとして検討されると良いでしょう。

メソセラピー療法を検討している方へ

まずはAGA治療薬を試してみてから検討しましょう

これから育毛メソセラピー療法を検討される際には、まず注入する薬液の成分について注目してみましょう。複数の成分が配合される薬液は、クリニックによっても独自の特徴があるようなので、チェックして比較するのも良いでしょう。また、AGA治療薬と併用して治療を行うことで、更に効果がアップするとされています。まず、施術前にAGA治療薬を試してみるのも、良いと思いますよ。

関連記事