抜け毛を防ぐ方法は?

TOP » コラム » 抜け毛を防ぐ方法は?
[最終更新日]2018/03/15
247 views

薄毛コラム

抜け毛を防ぐにはどうしたらいい?毛根の仕組みを知って薄毛を予防!

抜け毛

「洗髪後の抜け毛が増加してきた……」そんな経験はありませんか?日本では1,200万人以上もの人が薄毛に関する悩みを抱えているといわれており、抜け毛の予防に関する関心も高いといいます。

髪の毛の状態に深く関わっているのが毛根であることを知ってはいても、毛根がどのような役割を担っていて、毛根にどんな変化が起きることで髪の毛が抜け落ちるのかを理解している方はあまり多くはありません。

ここでは、毛根が持つ役割や抜け毛が起きる際の毛根の状態など、今後の抜け毛を防ぐために役立つ対策についてご紹介していきます。

そもそも毛根にはどんな役割があるのか

髪の毛の表皮から飛び出している部分を「毛幹部」といいます。 表皮の下に隠れている部分を一般的に「毛根」と呼びますが、正式には「毛根部」といいます。

毛根部の埋まっている場所が深ければ深いほど、髪の毛が太く健康に成長しますが、逆に浅い位置に毛根部がある場合は、健康に成長しづらいため、抜け落ちやすくなるのです。

毛根部の1番下の部分には「毛球」という膨らみがあり、「毛乳頭細胞」と「毛母細胞」で構成されています。

毛乳頭はいくつもの毛細血管と接しており、血液を介して髪の毛の成長に必要なアミノ酸などの栄養分を受け取っています。また毛乳頭細胞は、毛母細胞の分裂を促す役割も担っています。 毛乳頭の指令によって毛母細胞が分裂・増殖し、上に押し上げられていくのです。これが、発毛の仕組みです。

また、毛乳頭の周辺にある「メラノサイト」と呼ばれる物質が髪の毛を黒く育てる役割を担っており、このメラノサイトが減少することによって白髪が増加します。

つまり毛根には、髪の毛の成長に必要な栄養分を集めて髪の毛の成長を促したり、髪の毛を黒く染めるなどの役割があるということになります。

抜け毛のときの毛根の状態とは

髪の毛が抜け落ちる原因は様々ですが、抜け落ちた髪の毛の毛根を見ることでその原因を探ることができます。 たとえば、毛根が丸く膨らんでいる状態の抜け毛は自然脱毛です。 髪の毛は成長の後期に入ると、もっとも太く成長して、毛根は大きく膨らみます。そのため、髪の毛は毛穴に詰まった状態になり、抜けにくくなります。

しかし、退行期になると髪の毛が退化しはじめ、次の成長期がはじまると、新しい髪の毛に押し出されるようにして抜け落ちます。 こうしたヘアサイクルによって生じる通常の抜け毛は、すぐ新たな髪の毛に生え変わるため問題はありません。しかし、毛根の形がいびつだったり、膨らみが小さい場合は、毛根の組織が活発ではなくなり、髪の毛の寿命が短くなっている状態ということになります。

このように、抜け毛の毛根部の膨らみ・大きさ・形は毛根の健康状態をあらわしているのです。膨らみが無い場合などは、毛根が栄養失調に陥っていると考えられます。また、毛根部の膨らみが通常よりも短かったり太かったりした場合は、頭皮が乾燥しすぎていることを示しています。

さらに  毛根の色は髪の毛の状態に関係しており、毛根が黒ずんでいる場合にはストレスにより血行不良が起きていることを示しています。白っぽい場合は、毛根部に皮脂が付着している状態です。 食生活や髪の毛の洗い方に問題があると考えられます。頭皮で皮脂が過剰に分泌されると、それが髪の毛の成長を妨げて、抜け毛を引き起こす原因となるのです。

最後に、抜け落ちた髪の毛に毛根部が無い場合には、これまでに挙げたどの状態よりも髪の毛が弱っていることを意味しています。 すぐに薄毛治療を始めた方がいいでしょう。気になる方は毛根部をチェックしてみてください。

抜け毛を防ぐためにできること

AGA治療

抜け毛の原因がAGA(男性型脱毛症)であれば、治療によって抜け毛を防ぐことが出来ます。AGAを発症することにより、髪の毛の成長サイクルが乱されてしまうのです。

その結果、髪の毛が十分に成長する前に成長期が終わってしまうため、髪の毛が痩せ細り抜け落ちやすくなります。 ミノキシジルやフィナステリドなどのAGA治療薬を、病院やクリニック等で処方してもらいましょう。

ただし副作用などのリスクもありますので、必ずクリニックなどで専門医の診察を受けた上で、体質に合った治療薬を使用してください。

頭皮環境の改善

頭皮環境の悪化が抜け毛の原因である場合は、悪化した理由を探って対処することで抜け毛を防ぐことができます。頭皮の血行不良が原因で抜け毛を引き起こしている場合には、頭皮マッサージや適度な運動を行い、血行を改善することから始めましょう。

また、市販の安いシャンプーの成分の中には石油系の合成界面活性剤が含まれていることが多くあります。この成分は洗浄力が強すぎるため、頭皮環境を保つ上で必要な皮脂まで洗い落としてしまうなど、頭皮環境を悪化させる原因になる場合があります。

こうしたシャンプーを使っているという方は、ぜひアミノ酸系の界面活性剤が使用された育毛シャンプーに変えてみてください。さらに、育毛剤を併用することで育毛効果をあげることができますよ。

食生活の改善

抜け毛の原因が食生活にある場合は、食事内容を改善することで抜け毛の進行を防ぐことが可能です。肉類が中心の食生活だと、頭皮で皮脂が過剰分泌されてしまいます。その結果、毛穴に皮脂が詰まって髪の毛の成長が妨げられたり、古い皮脂が原因で炎症が起きることで、抜け毛が生じてしまうのです。

この場合は、肉類中心の食事を控えて、バランスの取れた食事を心がけましょう。納豆や牡蠣、亜鉛などを豊富に含んだ食品を積極的に摂取することで、髪の毛の成長を促し、抜け毛を防ぐ効果が期待できます。

また、ダイエットなどで過度な食事制限を行った場合にも、髪の毛の成長に必要な栄養分が不足するため、髪の毛が痩せ細って抜け落ちてしまう場合があります。

生活習慣の改善

食生活もそうですが、寝不足やストレスなどの問題を抱えている場合、ホルモンバランスが乱れてしまう可能性があります。

特に女性は、本来あるべき分泌量の女性ホルモンに対して男性ホルモンが多めに分泌されると、髪が抜けやすくなるといわれています。

ホルモンバランスの乱れの対策方法としては、睡眠の時間をしっかり取り、ストレスを抱え込まないように意識して生活習慣の改善を行うと良いでしょう。

あれ?最近抜け毛が多いかも…と思ったら

対策が早ければ早いほど、薄毛を防ぐことができます。抜け毛が気になる…など、毛髪の異常に気付いたら、すぐに対策を行いましょう。

まずは、今回ご紹介した情報を参考に、毛根部の形や大きさなどを観察し、自分の髪の毛の健康状態を調べてみて下さい。早めの対策は、健康な髪の毛への近道です。

関連記事