薄毛に効く民間療法とは?

TOP » コラム » 薄毛に効く民間療法とは?
[最終更新日]2018/03/15
521 views

民間療法

成分表

都市伝説?世間で流れる「薄毛の民間療法」の真実を検証

医療機関でおこなえる手術やお薬など、育毛方法にはたくさんの種類がありますが、その他にも育毛に良いとされている民間療法があります。ここでは、育毛の民間療法にはどのようなものがあるのかについて、ご紹介していきます。

民間療法が広まる理由

本当に生える?民間療法とはなんぞや

AGAなどの薄毛を改善していくためには、治療薬をはじめとした様々な治療法があります。しかしクリニックでの治療は効果が高い分、金銭面での負担も大きくなりがち、かといって市販の育毛剤やシャンプーでは心もとなく…。そんな薄毛治療にプラスアルファの治療法として広まっているのが、ここで取り上げる民間療法です。育毛に良いサプリメントや抜け毛防止のツボ押し・オリジナルの育毛剤など、育毛マニア(?)の間で密かに行われている民間療法を紹介しましょう。

有名な民間療法あれこれ

ツボを押すことで抜け毛を予防していく

抜け毛が増える要因として、頭皮の血流が滞ったりストレスが溜まったりすることが挙げられています。これを改善するのに適しているとされるのが、ツボ押しです。お金もかからず自分でできる手軽な改善方法として、注目されています。

サプリメントで弱った毛根に栄養を与える

食生活の乱れなどで身体の栄養バランスが崩れると、毛乳頭細胞に栄養が届かず毛周期(ヘアサイクル)に影響が出ます。そこでサプリメントで発毛に必要な栄養を補うことで、毛乳頭細胞を活性化させ発毛を促すことが期待できます。

アロエを使った手作りの育毛剤「アロエ育毛剤」

アロエ育毛剤(アロエ酒)は、アロエを焼酎(ホワイトリカー)で約1ヶ月ほどつけ込むことでできる手作りの育毛剤です。アロエに含まれるタンニン酸という成分が薄毛に効果があるとされていて、昔から薄毛の改善に利用されていました。

シャンプーを使わない「湯シャン」で洗髪

湯シャンとは、シャンプーを使わないでお湯のみで頭を洗う方法です。シャンプーの刺激や皮脂の取り過ぎから頭皮を守り、頭皮環境を良くするのに適しているとされています。芸能人の方も多く取り入れている、注目の洗髪方法です。

ミカンの皮を利用して育毛を促す「ミカン酒」

ミカンなどの柑橘系果実の皮には、5αリダクターゼを阻害するリモネンという成分が含まれています。その皮を焼酎(ホワイトリカー)に漬けて、できたものがミカン酒です。マッサージで頭皮に浸透させることで、脱毛を予防する効果が期待されます。

竹炭から生まれたエキスで発毛を促す「竹酢液リンス」

竹炭の製造過程で生まれるエキス「竹酢液」には、200種類以上のポリフェノール類や酢酸といった成分が配合されています。これらの成分は殺菌効果や頭皮の代謝を高めるとされていて、水で薄めてリンス代わりに使用するのが一般的です。

毛細血管を広げて血流を良くする温泉「炭酸泉」

発毛や育毛を促すためには、頭皮の血行をよくすることが勧められています。そのため、温泉も発毛に有効な民間療法の一つに挙げられています。特に炭酸泉は薄毛の改善に有効とされていて、このお湯で洗髪すると育毛に効果があるそうです。

そのほか民間療法を検討している方へ

エビデンスが不十分なので、過度な期待はしないように

民間療法では、主に生活習慣を改善したり、頭皮環境を整えることで育毛していくものが多いようです。薄毛の対策は早いうちから始めるのが効果的とされていますが、若いうちはあまりお金をかけた対策はできにくいというのが本音ではないでしょうか。そんな方に民間療法は、手軽に試せる育毛方法としてオススメできるものだと思います。しかし、やはり効果の確実性を求めるならば、早い段階で病院を受診し治療を開始するのが、改善の近道となるとされています。

関連記事