睡眠不足が招く薄毛・抜け毛とは

TOP » コラム » 睡眠不足が招く薄毛・抜け毛とは
[最終更新日]2018/03/02
259 views

睡眠不足が薄毛・抜け毛の原因になる理由とは?

睡眠

睡眠不足と薄毛との関係

薄毛・AGAの主な原因は、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)の働き。とは言え、DHTを完全に排除したとしても薄毛を完全に排除することはできません。なぜなら薄毛の要因には、DHT以外にも様々なものがあるからです。その要因の一つが睡眠不足です。

睡眠不足だからと言って必ずハゲるというわけではありません。ただ、睡眠不足が薄毛を招く要因になりうることは確かです。以下、睡眠不足が薄毛を招くメカニズムを3つ見てみましょう。

成長ホルモンの分泌量が減る

髪の毛は、睡眠中に分泌される成長ホルモンの働きによって、健全な成長が促されています。ただし、眠っている時間帯にいつでも分泌されているわけではありません。成長ホルモンが特に集中的に分泌される時間帯は、22:00~深夜2:00の4時間と言われています。

ところで睡眠不足の人の多くは、おそらく22:00に就寝していることはないでしょう。仕事や飲み会、テレビ、ネット、スマホゲームなどに没頭し、気が付くと深夜1:00、2:00になっている、というパターンではないでしょうか。

22:00~深夜2:00までの時間帯を起きて侵食すればするほど、髪の毛の健全な成長を促す成長ホルモンの分泌量が減ることになります。

頭皮はメンテナンスの優先順位が低い

成長ホルモンは、頭皮環境のメンテナンスのみに働く物質ではありません。内臓、筋肉、血管、皮膚など、体中のあらゆる部分の修復に必要とされる物質です。同時に、生命の維持に関わる重要な部分から優先的に働く性質を持ちます。よって成長ホルモンは、心臓や肝臓、血管などの重要な部分のメンテナンスを先に行ない、頭皮や髪の毛などの命に関わらない部分のメンテナンスを後回しにします。

睡眠不足になると、成長ホルモンそのものの分泌量が少ない状態。心臓や肝臓が優先的にメンテナンスされた結果、頭皮をメンテナンスする成長ホルモンがほとんど残されていない、という事態にもなりかねません。

疲労とストレスによる血流悪化を招く

睡眠不足になると、体が疲れるだけではなく、脳にはストレスが蓄積します。これら疲労やストレスの蓄積は、自律神経の一つである交感神経を活発化。その結果、一時的には全身の血行が良くなります。

しかしながら疲労とストレスが慢性化してくると、常に血管が収縮している状態となり逆に血行不良へと発展。血液には髪の毛の成長に不可欠な栄養素や酸素が含まれているのですが、血行不良によってこれらが円滑に頭皮へと運ばれなくなります。その結果、抜け毛や薄毛に至ったり、症状が進行してしまったりすることがあります。

睡眠不足が薄毛を招く主なメカニズムは、以上の3つ。いずれのメカニズムも、十分な睡眠を確保することで発動を抑えることができます。すなわち、睡眠不足を解消することで薄毛・抜け毛の予防改善効果が期待できる、というわけです。

薄毛を予防・改善する理想的な睡眠とは

薄毛や抜け毛、AGAが気になる方に、以下では理想的な睡眠について3点ご紹介します。

現代社会に生きる私たちにとって、以下のような理想の睡眠を確保することは、むしろ現実的ではないかも知れません。しかし少しでも理想に近づけることこそ、薄毛の予防・改善の第一歩だと前向きにとらえ、実践していきましょう。

最低でも1日6時間は眠る

睡眠は、体を休める意味でも体をメンテナンスする意味でも、非常に重要な要素です。薄毛の予防・改善のためには、成長ホルモンの分泌時間とは別として、まずは睡眠の絶対的時間を確保することが大切です。

本来ならば7時間半ほどは眠りたいところですが、仕事や家事に忙しい現代人には難しいかも知れません。最低でも6時間は眠るようにしましょう。

22:00~深夜2:00の時間帯は眠っている

仕事や子育てをしている人には難しいことかも知れませんが、理想は22:00の時点ですでに熟睡していることです。

先に説明した通り、この時間帯こそ、頭皮環境の修復が集中的に行なわれるタイミング。どうしても難しいようであれば、遅くとも日をまたがないうちに眠ってください。くれぐれもスマホゲームなどで大事な時間を侵食しないように。

睡眠不足になってもイライラしない

どんなに努力をしても、なかなか理想の睡眠をとれずに睡眠不足になってしまう人もいるでしょう。やむを得ず睡眠不足になってしまった場合には、なるべくイライラしないようにしてください。睡眠が足りない人はイライラしがちですが、そのイライラがストレスとして蓄積し、血行不良から薄毛へと発展してしまう可能性があります。

睡眠不足の日でも、家族や同僚といつものように楽しく過ごし、なるべく良好な精神状態を保つようにしてください。

関連記事