ビタミンCと薄毛改善の関係

TOP » コラム » ビタミンCと薄毛改善の関係
[最終更新日]2018/03/15
408 views

薄毛男子に救世主!? ビタミンCが薄毛改善に期待されるワケ

レモン

ビタミンCが薄毛改善に良いとされる3つの理由

ビタミンCなくして頭皮の毛細血管は作られない!

薄毛の原因はDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの一種ですが、それ以前に、そもそも頭皮の毛母細胞に十分な栄養素や酸素が行きわたらなければ、薄毛・AGAとなります。

頭皮に栄養素や酸素を届けるのは、当然ながら血液です。血液は心臓を起点に、体の中で何度も分岐。やがて頭皮の毛細血管へと拡大し、血液が毛母細胞に運ばれて薄毛の発症や進行を抑えます。

ところで、この毛細血管を作っている成分はコラーゲン。コラーゲンは体の中で自然に生成される成分ですが、生成の過程でビタミンCの働きを借りなければならない性質があります。つまり、薄毛の発症・進行を抑える土台となる毛細血管は、ビタミンCがなければ作られないのです。

紫外線の影響による頭皮の活性酸素を除去!

人間の体の中で最も太陽に近い部位は頭皮。頭皮は常に紫外線の影響を受け、様々なダメージを受けています。これらダメージの中でも、薄毛・抜け毛に関係しているのがコラーゲンの破壊です。

紫外線を浴びた頭皮の内部では、大量の活性酸素が発生。この活性酸素が頭皮の真皮層にあるコラーゲンを破壊し、健康な髪を育てるための環境を悪化させます。分け目から薄毛が進行する理由は、DHTの存在ではなく、活性酸素によるコラーゲンの破壊という説もあるほどです。

この憎き活性酸素を除去する力のことを、抗酸化作用と言います。抗酸化作用のある成分には様々なものがありますが、中でも特に有名な成分がビタミンC。ビタミンCの強力な抗酸化作用によって頭皮の活性酸素を除去すれば、薄毛・抜け毛の進行を抑えることができると考えられています。

ビタミンC不足は頭皮の酸欠を招く!

薄毛・抜け毛の少ない健全な頭皮を維持する前提として、毛細血管を通じて頭皮に十分な栄養素と酸素が運ばれる必要があることを説明しました。これらのうち酸素を頭皮に運ぶ役割を持つ物質が、血液中に含まれるヘモグロビン。ヘモグロビンが血液中に不足すると、頭皮の毛母細胞に十分な酸素が運ばれなくなり、やがて薄毛・抜け毛の症状を進めてしまいます。

ビタミンCは、このヘモグロビンの生成にも不可欠な成分。ビタミンCが体内に不足すると、並行してヘモグロビンも不足し、頭皮が酸欠となって薄毛・抜け毛を発症・進行させることがあります。

そもそもビタミンCとはどんな成分?

数ある栄養成分の中でも、もっともメジャーと言っても良いビタミンC。体に良いことは漠然と分かっているものの、詳しいことを知らない方も少なくないはず。そもそもビタミンCがどのような成分なのか、ここで基本を理解しておきましょう。

壊血病と関連して発見されたビタミンC

16世紀から18世紀の大航海時代、長い船旅の中で十分な栄養を摂ることができなかった多くの船員が、様々な病気で命を落としました。その際の代表的な死因となったのが壊血病。全身の血管がもろくなって、やがて歯茎や内臓などから出血し、そのまま死にいたる恐ろしい病気です。

当時は原因不明だった壊血病を前に、イギリスのある軍医が、オレンジやレモンなどの柑橘類を食べている船員たちに壊血病が発症しないことを発見。柑橘類に含まれているビタミンCが血管を丈夫にすると結論付け、以来、船旅の長い船員たちは新鮮な柑橘類が大量に積まれることになりました。

ビタミンCの最大の効能は血管の強化

ビタミンCには様々な働きがあることが分かっていますが、それらの中でも、もっとも知られているのがコラーゲンの生成をサポートする働き。すでに説明した通り、皮膚や血管を構成しているコラーゲンは、ビタミンCなくして生成されない性質があります。

大航海時代の壊血病の原因は、ビタミンC欠乏によるコラーゲン不足が原因で、全身の血管がもろくなっていたことにあったのです。

他にもある! ビタミンCの様々な働き

ビタミンCには、コラーゲンの生成を促進する働き以外にも、様々な働きがあることが知られています。いくつか例を見てみましょう。

抗酸化作用

体内に発生した活性酸素を除去し、細胞の劣化を防ぎます。

美肌効果

メラニン色素の沈着を防ぎ、美肌・美白効果をもたらします。

免疫力を高める働き

体内に侵入したウィルスを撃退するため、白血球の働きを強化します。

精神を安定させる働き

ドーパミンやアドレナリン、副腎皮質ホルモンの生成を促し、精神を安定させます。

他にも貧血や白内障の予防・改善効果など、ビタミンCには様々な働きがあることが分かっています。

ビタミンCが豊富に含まれる食材

ビタミンCは、体内で自然に合成される成分ではありません。ビタミンCを補うには、食事等を通じて外部から摂取する必要があります。

ビタミンCを多く含む食材は以下の通り。薄毛・抜け毛・AGAの予防・改善のためにも、ビタミンCを多く含む食材をしっかりと摂りましょう。

フルーツ系

アセロラ

  • キウイ
  • レモン
  • オレンジ

野菜系

ブロッコリー

  • パプリカ
  • パセリ
  • カリフラワー
  • ジャガイモ

ビタミンCは水に溶け込みやすい性質を持つため、これら食材を調理する際には、煮汁ごと食べられるメニューを工夫してみてください。

関連記事