AGAとはどんな薄毛?

TOP » コラム » AGAとはどんな薄毛?
273 views

AGAとはどんな薄毛?

髪を気にする男性

CMでもよく耳にするようになったAGA。男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)を略してAGAを言いますが、そもそもAGAとはどんな原因で、どんな症状を呈するものなのでしょう?加齢によって徐々に進行する薄毛とは原因が違うのでしょうか?ここでは、AGAの原因や症状の特徴、他の薄毛症状との違いなどについて詳しく解説します。AGAセルフチェックも用意しましたので、薄毛が気になり始めた方はぜひお試しください。

AGAとは何か?

AGAとは、主に男性に多く見られる薄毛症状のこと。男性の薄毛の大半の原因はAGAと言われています。

前頭部からM字型で薄毛が進行したり、頭頂部からも同時に薄毛が進行したりなど、症状の進行パターンにはいくつかありますが、いずれのパターンで症状が進行しても、最終的には側頭部と後頭部に毛髪を残した状態を目指すことで共通しています。

現在、AGAの発症メカニズムの大部分は解明されており、症状改善に有効な薬剤も開発されています。薬剤のみならず、頭皮への直接的な施術によって症状を改善する方法もあります。

AGAは進行性の症状。改善のためには、早期発見・早期治療が非常に大切です。

AGAの直接的な原因は?

薄毛の症状は様々な要因が複合的に作用して発症、進行していきます。ただし、薄毛の中でも特にAGAを原因とする薄毛は、主にDHTと呼ばれる物質の作用が直接的な原因となり発症、進行していきます。

男性ホルモンの一種「DHT」がAGAの直接的な原因

AGAの直接的な原因は、体内に存在するDHTと呼ばれる物質です。DHTとは「ジヒドロテストステロン」という物質の略称。睾丸や副腎から分泌されている男性ホルモン「テストステロン」が、ある酵素の作用によって変質した物質です。

DHTの原料となるものは「テストステロン」なので、「テストステロン」の分泌量が多い人ほど、DHTの生成量も増える傾向があります。

「テストステロン」の分泌量が多い人の中には、肌が脂っぽい、体毛が濃いなどの特徴が現れることがありますが、確かに印象としては、肌が脂っぽい男性、体毛が濃い男性に薄毛の人が多いような気もします。

ただし、単に「テストステロン」の分泌量が多いだけで、AGAを発症してしまう訳ではありません。あくまでも「テストステロン」が変質したDHTの量が多いかどうか、という点が薄毛になるか否かというポイント。さらに言えば、単にDHTの量が多いだけで薄毛を発症する訳でもありません。AGAのメカニズムは、より複雑なのです。

「DHT」がAGAを発症させるメカニズム

睾丸や副腎から分泌された「テストステロン」は、全身を巡っている間に5α還元酵素と呼ばれる物質と結びつくことがあります。すると「テストステロン」は上記のDHTへと変質します。

DHTは、毛髪の成長の司令塔ともなる毛乳頭において、男性ホルモン受容体と結合。その結果、毛乳頭からの毛髪成長の指令が乱れ、AGAを発症します。5α還元酵素が多く存在している部分は、前頭部と頭頂部。ゆえに、AGAは前頭部と頭頂部に多く発症する、というメカニズムです。

この一連のプロセスは、誰でも(女性でも)持つ訳ですが、中には5α還元酵素の働きが弱い人や、男性ホルモン受容体の感度が低い人がいます。これらの人は、たとえ「テストステロン」の分泌量が多くても、たとえDHTの生成量が多くても、AGAを発症しないことがあります。

テストステロンの分泌量が多いこと、5α還元酵素がよく働くこと、DHTの生成量が多いこと、男性ホルモン受容体の感度が良いこと。これらの要素が全て整ったとき、人はAGAを発症する、ということです。

加齢や生活習慣による薄毛との違い

AGAを原因とする薄毛と、加齢や生活習慣を原因とする薄毛とは種類が異なります。

AGAは男性ホルモンDHTを原因として発症する

上述の通り、AGAの直接的な原因は、男性ホルモンの一種であるDHTです。DHTの生産量を減らすべく5α還元酵素の働きを阻害すれば、AGAの進行を止める、または緩やかにすることが可能です。

加齢による薄毛は仕方がないこと

髪の毛は体の一部です。加齢によって体のあらゆる部分が衰えていくことと同様、毛髪の成長を司る組織も衰えていきます。

中には高齢でも髪の毛がフサフサな人もいますが、一般には加齢にともない毛髪の本数も減ります。加齢による薄毛は避けられない生理現象、ということです。

生活習慣を原因とする薄毛

栄養バランスの偏った食生活、運動不足、睡眠不足、ストレスの多い生活、喫煙など、当人の生活習慣が原因となる薄毛もあります。生活習慣の乱れはAGAの症状を悪化させる要因にもなるので注意が必要です。

AGAの特徴とAGAセルフチェック

自分の薄毛がAGAであるか否かを正確に判断するには、専門クリニックで診断してもらうより方法はありません。しかしながらAGAには一定の特徴があるため、その特徴に照らすことで、ある程度、その薄毛がAGAであるかどうかを知ることができます。

AGAの4大特徴、および、あなたの薄毛がAGAであるか否かを判断するセルフチェック法についてご紹介します。

AGAの4大特徴

AGAには、以下の4つの特徴があります。複数の特徴に該当する場合には、高い確率でAGAと判断して良いでしょう。

  1. おでこにM字を描くように薄毛が進行している
    洗髪後の髪が濡れた状態の時に、ブラシ等を使ってオールバックにしてみてください。この際、おでこにM字を描くように薄毛が進行している場合(いわゆるソリが入っているような形の場合)、AGAである可能性が高いと考えられます。
  2. つむじ付近の毛が薄い
    つむじ付近を触ってみる、もしくはカメラで撮影してみる、あるいは家族に確認してもらう等の方法で、頭頂部の髪の状態をチェックしてみてください。頭頂部のつむじ付近から始まる薄毛も、AGAに多く見られるパターンの一つです。
  3. 薄毛の進行が緩やか
    円形脱毛症などの他の種類の脱毛症とは異なり、AGAは緩やかに薄毛が進行するのが特徴。そのため、毎日鏡を見ている本人は、AGAの発症に気付くのが遅れることがあります。
  4. 風呂場の排水口や起床後の枕に髪の毛がたくさんある
    風呂場の排水口や枕などに、かつてよりも多くの髪の毛があることに気付いたときは、すでにAGAを発症している可能性があります。特に、起床後の枕をよく観察してみましょう。

AGAセルフチェック

薄毛が気になったとしても、かならずしもAGAが原因とは言えません。他の理由で一時的に薄毛が進行している、ということもありえます。

以下、AGAの治療実績が豊富な「AGAスキンクリニック」の公式サイトを参照し、AGAセルフチェックをまとめました。YESの数が多ければ多いほど、あなたの薄毛はAGAである可能性が高いと判断してください。[注1]

  • Q1.両親、祖父母、いとこなどに薄毛の人はいますか?
  • Q2.起床したとき、枕に10本以上の毛が抜け落ちていることがよくありますか?
  • Q3.太い毛よりも、細くて短い毛のほうが多く抜けますか?
  • Q4.薄毛が気になるのは、生え際や頭頂部、または両方ですか?
  • Q5.他人から「薄い」と言われることが多くなりましたか?
  • Q6.仕事でもプライベートでも、最近ストレスが増えたと感じますか?
  • Q7.夜更かし(深夜0時以降の就寝)が多いほうですか?
  • Q8.野菜不足や一日一食など、食生活は乱れていますか?
  • Q9.ヘビースモーカーですか(1日40本以上)?
  • Q10.性欲は強いほうですか(1~2日に1回以上の自慰行為)

AGAの対策・予防法

AGAの対策・予防法を挙げればキリがありませんが、ここでは、それら対策・予防法の中でも特に重要な4つについてご紹介します。

遺伝的要素があるかどうかをチェックする

家系を確認する

医学的にも、私たちの経験的にも、AGAに遺伝性の要素があることは明らかです。「家族にAGAの者がいれば必ず自分もAGAになる」という訳ではありませんが、家族にAGAの者がいる場合は、いない場合に比べてAGAを発症するリスクが高いことは確かです。

なお、染色体の組合せパターンの都合上、AGAは母方の祖父からの遺伝が強いとされています。

病院でAGA遺伝子があるかどうかを確認する

病院で遺伝子検査を受けることにより、自身がAGA体質であるかどうかを知ることができます。まだAGAを発症していなくても、家系にAGAの者がいる場合には、早めにAGA専門クリニックで遺伝子検査をしてもらうことをおすすめします。

AGAに気付いたら「すぐに」動く

できるだけ早く専門クリニックを受診する

AGAは進行性の症状。放置すればするほど症状は進行し、かつ治療が難しくなります。AGAの疑いを自覚したならば、専門クリニックの受診を検討しましょう。一般にAGA専門クリニックはカウンセリング無料なので、お金をかけずに自分がAGAであるかどうかを概ね知ることができます。

ヘアサイクルの回数には上限がある

毛は、同じ毛穴から生まれては抜け、生まれては抜け、というサイクルを持ちます。このサイクルのことを、ヘアサイクルと言います。ヘアサイクルには回数に上限があり、その回数に達した段階で、毛の生まれ変わりは停止。以後は、同じ毛穴から毛が生れてくることはありません。この段階に至ってから髪を再生させる方法は、高額な自毛植毛しかありません。

ところでAGAを発症すると、ヘアサイクルの間隔が短くなります。よって必然的に、回数の上限に達する期間も短縮されます。この上限を少しでも先延ばしするために、一刻も早い治療が必要となる訳です。

生活習慣を整える

上述の通り、AGAの直接的な原因は男性ホルモンDHTの働きです。ただし、他の様々な要因も重なることにより、AGAの症状が悪化することがあります。以下の4点に気をつけましょう。

栄養バランスの取れた食事

毛髪の成長に必要な栄養素が不足しないよう、栄養バランスの取れた食事を心がけてください。特に、タンパク質、亜鉛、ビタミンは多めに摂るように意識しましょう。

適度な運動

AGAの進行を助長する大きな要因が、血行不良。ウォーキングなどの適度な運動を習慣化することで、良好な血行を維持するようにしてください。

十分な睡眠

髪の成長に影響を与える「成長ホルモン」は、睡眠中に多く分泌されます。十分かつ良質な睡眠を取るように心掛けましょう。

ストレスの解消

ストレスは交感神経(自律神経の一つ)を活発にし、血行不良を招く要因となります。自分なりのストレス解消法を、習慣的に実践することが大切です。

まとめ

ご自身にAGAの疑いがある場合、日常的に様々な予防法や対策を打つことはとても重要。ただしAGAは、日常的な対策で改善していく症状ではないことも理解しておきましょう。日常を意識することで、薄毛の進行を多少は遅らせることができるかも知れませんが、それでもAGAは着々と進行していきます。

AGAが疑われる場合には、まず専門のクリニックを受診してください。そのうえで、日常的な対策も含めて、適切な治療を行なっていくことをおすすめします。

関連記事