bFGF

TOP » 用語辞典 » bFGF
205 views

bFGFとは

bFGFとは、いわゆる繊維芽細胞増殖因子(FGF)の一種である。FGF-2とも言う。現在確認されている繊維芽細胞増殖因子には23種類があるが、そのうち2番目の序列に位置するのがbFGFである。高い血管新生促進作用を持つことが特徴で、広く医療現場にて利用されている物質。頭皮の血管も新生させる作用を持つことから、AGA治療現場でも積極的に活用されている。

※繊維芽細胞増殖因子(FGF)の詳細については、当サイト別ページを参照されたい。http://www.howto-hatsumou.net/dictionary/fgf.html

高い血管新生促進作用を持つ物質

bFGFとは、23種類ある繊維芽細胞増殖因子(FGF)のうち、2番目の序列に位置するグロースファクター。細胞分裂を促す作用や、新たな血管を作り出す作用(血管新生作用)があることで知られている。現在、医療現場においては創傷治癒や薄毛治療などの分野で活用されている。

FGF-1も高い血管新生促進作用があることで知られているが、bFGFに比べると、その作用の力は小さい。またVFGFにも血管新生促進作用が見られるが、新生した血管が本来の機能を発揮せず、時に壊死してしまう例も見られている。

こうした中、bFGFは血管新生促進作用がFGF-1よりも強いことに加え、新生した血管が永く正常に働くことも確認されている。その作用メカニズムにはまだ研究の余地があるものの、医療現場においては極めて有用性の高い物質として各方面からの注目を集めている。

血管新生促進作用が薄毛改善に効果をもたらすメカニズム

薄毛、殊にAGAの発症原因は1つではない。患者により、多くの要因が複合的に関連し合ってAGAの発症に至っている。
それら様々な要因のうち代表的なものが、DHT(男性ホルモンの一種)の働き、および、血行不良である。これら2つのうち、bFGFは、血行不良の改善に寄与することでAGAの改善効果をもたらす。

毛髪の成長には血液が不可欠

人体の成長のベースとなるものは、栄養素と酸素である。栄養素と酸素なくして、人体の大半の部位において、長という現象はありえない。毛髪もまた、人体の一部である。よってその成長には、栄養素と酸素が不可欠となる。
ところで、これら栄養素と酸素を体内の各所へ運搬するのが血液である。血液は、栄養素と酸素を蓄えながら、地球2周半もの長さがあると言われる血管を通り、全身の細部を巡る。そのおかげで、毛髪はもとより全身の各所が成長する。
逆に考えると、血管が存在しない部位における成長は、著しく妨げられる。頭皮に存在すべき血管が不足している場合、栄養素と酸素は毛乳頭に十分に届けられなくなり、やがて抜け毛や薄毛へとつながる。

血管が新生されることにより毛乳頭に多くの栄養素が届けられる

先に説明したように、bFGFの主要な働きは血管の新生である。頭皮にbFGFを直接注入することにより新たな血管がたくさん生まれ、これにより頭皮に血液が多く届けられるようになる。これこそ、bFGFが持つ抜け毛・薄毛の改善メカニズムである。

AGA治療現場におけるbFGFの具体的な利用

bFGFは、AGA治療の現場において広く用いられている。具体的には、育毛メソセラピーやHARG療法において活用されている。

育毛メソセラピー

発毛・育毛に効果的とされる成分を混合し、注射器などを使用して、これを頭皮に直接注入する治療法。フィナステリドやミノキシジルなどの著名な発毛有効成分の他にも、ビタミン、ミネラル、さらには各種の成長因子(グロースファクター)の一つとして、bFGFは一般的に配合されている。
育毛メソセラピーの発毛実感率は極めて高く、クリニックの中には99%を標榜するところもある。

HARG療法

コンセプトは育毛メソセラピーと同様であるが、配合する成分の中に、患者の幹細胞由来の細胞再生因子を導入している点が異なる。毛髪治療における、いわゆる再生医療の一種である。幹細胞の特徴を導入したことにより、基本的には半永久的な育毛効果が定着する。
HARG療法の発毛実感率も非常に高く、同治療を主催するHARG治療センターでは、発毛実感率を99%としている。火傷や外傷による毛髪損失でない限り、円形脱毛症も含めて、あらゆるタイプの抜け毛に対応が可能である。ただし治療費は極めて高額である。

関連記事