カチオン界面活性剤

TOP » 用語辞典 » カチオン界面活性剤

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

カチオン界面活性剤とは

シャンプーやリンス、乳液などには界面活性剤と呼ばれる成分が含まれている。界面活性剤にはいくつかの種類があるが、それらの中で、特にリンスやコンディショナー、柔軟剤などに含まれることが多いタイプが、カチオン界面活性剤である。髪や衣類の触り心地を滑らかにする特徴がある。皮膚に浸透した場合、炎症を起こして抜け毛の遠因になる恐れもあるが、過剰に心配する必要はない。

柔軟剤などに含まれる界面活性剤のひとつ

カチオン界面活性剤はシャンプーやリンス、柔軟剤などに含まれる界面活性剤のひとつ。陽イオン界面活性剤とも言われる。カチオン界面活性剤は、主にリンスやコンディショナーなどの洗浄成分として用いられている。

人間の毛髪は、もともと陰イオン(マイナス電気)の性質を帯びている。これに対してリンスやコンディショナーに含まれる陽イオン(カチオン界面活性剤)を投入すれば、陰と陽が結合してバランスが取れる。リンスやコンディショナーをした後の毛髪から静電気が抜け、触り心地がサラサラと良くなるのは、このためである。

以下、カチオン界面活性剤も含めた各界面活性剤の特徴について確認する。

そもそも界面活性剤とは

水と油は混じり合わない。これを混じり合わせる不思議な成分が、界面活性剤である。

シャンプーやリンスには、水も油も配合されていることから、そのままでは成分が分離する。界面活性剤には、水によくなじむ「親水性」という性質と、油によくなじむ「親油性」という性質の両方があるため、シャンプーやリンスに含まれる水と油を混合させることができるのである。

こうした界面活性剤の特性は、シャンプーやリンスのみならず、乳液、ファンデーション、口紅など、様々な化粧品にも応用されている。

また、人間の皮膚や毛髪の表面には、水だけで落とせる汚れがある一方(汗の成分など)、で水だけでは落とせない汚れもある(皮脂や整髪料など)。水だけでは落とせない汚れを落とす時にもまた、「親油性」という特徴を持つ界面活性剤が活躍する。界面活性剤が、皮膚や毛髪に残留している油の成分を包み込んで洗い流すのである。「界面活性剤=洗浄剤」というイメージが定着しているのは、このためである。

なお界面活性剤は、大きく2つに分けられる。イオン性界面活性剤と、非イオン性界面活性剤である。カチオン界面活性剤は、これらのうちイオン性界面活性剤に含まれる。説

カチオン界面活性剤の特徴と抜け毛・薄毛との関連

カチオン界面活性剤には、髪の触り心地を良くする働きがある、と説明した。プラスの電気とマイナスの電気が融合するからである。この性質は柔軟剤にも応用されている。柔軟剤を使用した後の衣類は、非常に手触りが良い。

これら手触りの良さから、カチオン界面活性剤は人の肌に優しいイメージを持つこともできるが、実際には逆である。カチオン界面活性剤は皮膚に浸透する性質があり、場合によっては皮膚障害や粘膜障害を起こす可能性がある。

たとえば、カチオン界面活性剤のひとつであるアルキルアンモニウムは、殺菌効果を持つほどの強い性質を持つ。皮膚に浸透することで、何らかの皮膚障害をもたらす危険性を否定できない。

なお、カチオン界面活性剤は、リンスやトリートメントに含まれていることが多い。頭皮に浸透して炎症を起こすと、抜け毛が生じる恐れもあるので注意が必要である。

カチオン界面活性剤を含むシャンプーやリンスに関連し、マブチメディカルクリニック院長の馬渕知子医師(皮膚科医・国際毛髪研究医学学会理事長)は、次のようにコメントしている。

「陽イオン性界面活性剤(カチオン性界面活性剤)」は殺菌力が高く、中には急性毒性や刺激性が強いものもありますが、アミノ酸系のものは比較的、安全性が高いです。[注1]

抜け毛や薄毛が気になる者がカチオン界面活性剤系のシャンプー・リンス等を購入する場合には、それがアミノ酸系であるかどうかを確認されたい。

過剰に心配することは間違い

世の中では、「界面活性剤は悪い成分」というイメージが定着している感もあるが、決して悪者ではないことも理解しておかなければならない。

この点について、先の馬淵医師は次のように語る。

さまざまな化粧品に含まれる界面活性剤には、化粧品の成分同士をなじませたり、油性の汚れを落としたりと役割があります。界面活性剤自体が、必ずしも肌に悪いわけではないということや、種類によって刺激の強さなどに違いがあることも大切です。[注2]

抜け毛・薄毛が気になる者においては、なるべく低刺激の界面活性剤(アミノ酸系など)を選べば良い。過剰に心配することは誤りである。

関連記事