男性型脱毛症

TOP » 用語辞典 » 男性型脱毛症
[最終更新日]2018/06/12
186 views

男性型脱毛症とは

男性型脱毛症とは、主に思春期以降の男性において生じる脱毛症の一種。前頭部や頭頂部から始まる、進行性の脱毛症である。発症の直接的な原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質。男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという酵素の影響で生れる物質である。治療法には、「プロペシア」や「ザガーロ」の内服、ミノキシジルの外用、育毛メソセラピーHARG療法自毛植毛など、様々な種類がある。

男性ホルモンの作用によって進行する脱毛症

男性型脱毛症は主に男性ホルモンの作用によって進行する脱毛症のこと。AGAとも言う。

症状は、主に前頭部や頭頂部から始まる。人により症状の進行スピード、進行中の脱毛の態様などが異なるものの、最終的には、後頭部と側頭部に毛髪を残した状態で症状の進行が止まる。

男性型脱毛症は、病気ではない。言わば、単なる身体上の個性である

男性型脱毛症の発症メカニズム

【DHTの生産量を減らせば症状は快方に向かう】

男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)という物質である。

DHTは、もともと体内で分泌されている物質ではない。当初はテストステロンという物質であったものが、5αリダクターゼという酵素の働きにより、事後的に変質した物質である。

DHTは、主に前頭部や頭頂部に多く生産され、毛の生成を司る毛乳頭に指令を出す。すなわち、「成長期を短くせよ」という指令である。その結果、ヘアサイクルが乱れ、男性型脱毛症が発症する。

なお、俗に、男性ホルモンが多い者は男性型脱毛症を発症しやすいというイメージがあるが、このイメージは正確ではない。

正しくは、①男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が多め、②5αリダクターゼの活動が活発、③男性ホルモン受容体(男性ホルモンの指令を受け取るアンテナ)の感度が良い、以上の3点の要件が揃ったとき、男性型脱毛症に発展しやすい。

男性型脱毛症の治療方法

【基本は「プロペシア」と「ザガーロ」】

上記、①②③の3つの要件のうち、②「5αリダクターゼの活動」を抑制すれば、男性型脱毛症の直接的な原因物質であるDHTの生産量が減る。DHTの生産量が減れば、男性型脱毛症が発症しにくくなる。

この発想に基づいて開発された薬が、有名な「プロペシア」である。「プロペシア」の主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの活動を抑えるにあたり、著しい薬効を示す。

ただし、フィナステリドは、5αリダクターゼのうち「Ⅱ型」という種類のみしか抑制できない。多くの男性型脱毛症の原因は「Ⅱ型」なので問題はないのだが、中には「Ⅰ型」の5αリダクターゼの影響で男性型脱毛症を生じる者も、まれにいる。

そこで開発された薬が「ザガーロ」である。「ザガーロ」は、「Ⅰ型」「Ⅱ型」の両方の5αリダクターゼを抑制する作用があるため、「プロペシア」に比べて、より高い治療効果が期待できる。

【他にも様々な治療法が存在する】

男性型脱毛症のスタンダードな治療法は、「プロペシア」の服用である。[注1]それに加えて、より高い治療効果をもたらすために、各医療機関においては様々な治療法を用意している。

ミノキシジル

薄毛が発症した部位に外用する(塗る)ことで症状の改善を目指す。国内では「リアップ」(大正製薬)が、ミノキシジルを配合した代表的な薬である。

育毛メソセラピー

発毛・育毛に有効とされる成分を調合し、注射器などを使って頭皮に直接注入する治療法。内服薬や外用薬の単体使用に比べ、高い発毛実感率を実現する。

HARG療法

発毛・育毛に有効な成分に加え、毛髪組織の細胞が自己活性化する因子を、頭皮に直接注入する。いわゆる再生医療の一種である。

自毛植毛

後頭部や側頭部に残る毛髪を、毛根の細胞組織ごと採取し、脱毛が生じた部位へ移植する方法。外科手術の一種である。

他にも、クリニックのオリジナルの処方薬など、様々な治療法が存在する。

関連記事