5α-リダクターゼ

TOP » 用語辞典 » 5α-リダクターゼ
[最終更新日]2018/06/08
268 views

5α-リダクターゼとは

5αリダクターゼとは、男性ホルモンのテストステロンをより強力な形に変換させる酵素である。変換したテストステロンはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれ、毛乳頭細胞に作用して抜け毛・薄毛を引き起こす。5αリダクターゼの分泌量の多寡は、概ね遺伝によって決まる。フィナステリドという成分を摂取することにより、5αリダクターゼの活動を阻害することができる。

5αリダクターゼとは薄毛の原因となる酵素

5αリダクターゼには1型と2型の2種類があり、これらのうち2型5αリダクターゼが、AGA(男性型脱毛症)の発症に深く関与している。

DHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、毛周期(毛の生まれ変わりのサイクル)のリズムが乱れる。毛周期のリズムが乱れると、毛髪の生まれ変わりが遅れたり、毛髪が細くなったりする。その結果、抜け毛・薄毛へと至る。

2型5αリダクターゼは前頭部・頭頂部・前立腺に多く存在する

2型5αリダクターゼは、全身に均等に存在する酵素ではない。体内においては、主に前頭部と頭頂部の毛乳頭、および前立腺に多く存在している。そのため、DHTも必然的に前頭部と頭頂部、および前立腺に多く生まれる。前頭部の薄毛、頭頂部の薄毛、前立腺肥大症は、いずれも2型5αリダクターゼの働きが原因となって発症する。

なお、1型5αリダクターゼが特に多く存在している場所は、側頭部や後頭部の皮脂腺である。2型が「毛乳頭」に多く存在していることに対し、1型は「皮脂腺」に多く存在していることから、1型が薄毛に関与する確率は高くない。

ただしAGA患者の中には、2型5αリダクターゼを抑制する治療を受けても、薄毛が改善しない例も見られる。このような患者に対し、1型5αリダクターゼを抑制する治療を施すと、薄毛が改善する場合がある。

この点について、豊富なAGA治療の症例を持つイースト駅前クリニック公式サイトでは、次のような説明をしている。

AGAを改善するためには、5αリダクターゼⅠ型への対処も欠かせません。髪の毛の健全な発育のためには、皮脂の分泌を抑制して頭皮の環境を整える必要があるからです。[注1]

2016年より、1型にも2型にも作用のある「ザガーロ」という内服薬が、厚生労働省より国内販売の認可を得た。

5αリダクターゼの分泌量は遺伝によって決まる

5αリダクターゼの分泌量は、多くの場合、遺伝によって決まる。父親または母親のどちらかが5αリダクターゼの活性がある遺伝子を有していれば、子供にも遺伝する。[注2]

ただし、母親が5αリダクターゼの活性遺伝子を有していたとしても、男性のような著しい薄毛症状を呈することはない。よって母親に5αリダクターゼ活性遺伝子が存在するかどうかを確認するには、母方の祖父などの頭髪をチェックする必要がある。

薬や食事で5αリダクターゼの働きを阻害することができる

5αリダクターゼの働きを阻害すれば、DHTの生産が抑制される。その結果、抜け毛や薄毛の進行が止まる。

以下、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があるとされる薬剤成分、および食材等を紹介する。

【5αリダクターゼの働きを阻害する薬剤成分】

フィナステリド

世界で最も有名なAGA治療薬である「プロペシア」の主要成分、フィナステリドに5αリダクターゼの働きを阻害する作用がある。フィナステリドは2型5αリダクターゼの働きのみを阻害する。

なお、フィナステリドは一般に内服薬として使用されているが、外用薬(塗り薬)として使用しても高い薄毛改善効果を発揮する。

【5αリダクターゼの働きを阻害する食材等】

ノコギリヤシ

ノコギリヤシとは、アメリカからメキシコに自生する植物の一種。抽出液を服用または塗布することで、5αリダクターゼの働きを阻害するとされる。医学的根拠が乏しいとの指摘が多く聞かれるが、上記フィナステリドはノコギリヤシの抽出液を化学合成したものでもあることから、ノコギリヤシに5αリダクターゼの阻害作用が全くないとは断言できない。

亜鉛

亜鉛は、髪の毛の材料であるケラチンの生成に深く関与している。加えて、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があるとも言われている。生牡蠣、レバー、牛肉、しじみなどに多く含まれるミネラルの一種である。

アロエ

アロエに含まれるアロインという成分に、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があると言われている。科学的根拠については不明。抽出液を頭皮に塗ることで薄毛改善効果が得られるとのことである。アロエエキスが肌に合わない者もいるので、実行する際には注意されたい。

イソフラボン

女性ホルモンに似た働きをすることで知られるイソフラボンにも、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があると言われている。納豆や豆腐などの大豆食品に多く含まれている。

関連記事