毛髪用化粧品

TOP » 用語辞典 » 毛髪用化粧品
[最終更新日]2018/06/21
175 views

毛髪用化粧品とは

毛髪用化粧品とは、医薬品医療機器等法に規定される化粧品と医薬部外品のうち、毛髪に何らかの作用を与える製品の総称である。たとえば毛髪を美しく見せる作用、頭皮を洗浄する作用などを持つ製品のことを化粧品と言い、また、たとえば育毛作用などを持つ製品のことを医薬部外品と言う。これらを総称して毛髪用化粧品と規定する。なお、毛髪用化粧品よりも強力な効果を持つ製品のことを、医薬品と総称する。[注1]

医薬品以外の毛髪ケア製品を毛髪用化粧品と総称する

人体に何らかの作用をもたらす製品について、医薬品医療機器等法では大きく3つに分類している。医薬品、医薬部外品、化粧品(狭義)である。これらのうち医薬部外品と化粧品(狭義)を総称して、化粧品(広義)と呼ぶ。

毛髪用化粧品の概念を正しく理解するためには、これら3つの分類を正しく認識しておく必要がある。

医薬品

医薬品とは、病気の改善や症状緩和などを目的として製造されている薬のこと。医師の処方を経てのみ手に入る医薬品のことを「医療医薬品」と言い、医師の処方を不要として薬局で手に入る医薬品のことを「一般医薬品」と言う。

「一般医薬品」は、さらに第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品に分類される。1類がもっとも効能が高く、3類がもっとも効能が低い。

医薬品は、効能が高い分、副作用のリスクも高い。

毛髪分野における医薬品は、薄毛を劇的に改善させる効果を持つ(効果に個人差はある)。

毛髪分野における医薬品の例

  • 発毛剤…「プロペシア」(医療用医薬品)、「ザガーロ」(医療用医薬品)、「リアップ」(第1類医薬品)

医薬部外品

医薬部外品とは、厚労省認可の有効成分を含むものの、医薬品に比べるとその効果が穏やかなもの。有効成分の配合量に上限規定があるため、医薬品とは異なり、症状の劇的な改善効果は期待できない。

医薬部外品は、効能が穏やかな分、医薬品に比べると副作用も穏やかである。

毛髪分野における医薬部外品は、薄毛を積極的に改善させる効果は期待できないものの、頭皮環境の改善等による間接的な薄毛予防効果は期待できる。

毛髪分野における医薬部外品の例

  • 育毛剤…「チャップアップ」、「ポリピュアEX」、「BUBKA」、「イクオス」など
  • 育毛シャンプー…「スカルプDスカルプシャンプー」、「バイタリズム」、「チャップアップシャンプー」など
  • ヘアカラー…「サロンドプロ ザ・クリームヘアカラー」、「パオンクリームカラー」など

化粧品

化粧品とは、厚生労働省認可の有効成分を含まない製品、または、ごく僅かに含む製品のこと。何らかの症状の改善を目的としている訳ではなく、見た目の美しさや清潔維持などを目的としている。

有効成分自体をほとんど含んでいないため、副作用のリスクもほとんどない。ただし、配合されている成分が体質に合わず、炎症等を起こすリスクはある(薬理作用を持つ成分の影響ではないため、副作用という呼び方をしない)。

毛髪分野における化粧品は、一般シャンプーや一般リンス、整髪料、ヘアマニキュアなどが該当する。いずれも育毛効果とは無関係である。

毛髪分野における化粧品の例

  • 一般シャンプー…「エッセンシャル」、「メリット」、「TSUBAKI」、「パンテーン」など
  • 整髪料…「MG5」、「タクティクスヘアムース」、「ウーノハードムース」など
  • ヘアマニキュア…「シエロヘアマニキュア」、「ブローネヘアマニキュア」、「サロンドプロヘアマニキュア」など

改めての確認であるが、上記の医薬部外品と化粧品(狭義)のうち毛髪分野における製品について、当記時のタイトルである「毛髪用化粧品」と総称する。

皮膚用化粧品のうち約7割は毛髪用化粧品

毛髪を含めた「皮膚」に使用する化粧品は、国内で年間6,000億~7,000億円程度の市場規模を有する。そのうち4,000億~5,000億円は、毛髪用化粧品が占めているとされている。皮膚用化粧品のうち、実に7割程度は毛髪に使用されている化粧品である。

中でも特に、毛染めを目的とする毛髪化粧品の市場規模は急拡大しており、過去10年間で約2倍の伸びを示している。なお、毛染めを目的とする化粧品の市場規模は、シャンプー(化粧品)の市場規模と同等である。

関連記事