インバストリートメント

TOP » 用語辞典 » インバストリートメント
[記事公開日]2018/03/14
[最終更新日]2018/06/08
162 views

インバストリートメントとは

インバストリートメントとは、髪が濡れた状態の時に使用するトリートメントの総称である。これに対し、髪が乾いた時に使用するトリートメントのことを、アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)と言う。インバストリートメントの役割は、主に髪の補修。髪の保護を主な役割とするアウトバストリートメントと、明確に区別して理解しておくようにしたい。

入浴中、洗髪後に使用するトリートメントのこと

インバストリートメントは一般にイメージするトリートメントのこと。入浴中、洗髪後に使用するトリートメントのことを、インバストリートメントと言う。

これに対して、アウトバストリートメントと総称されるトリートメントがある。インバスに対してアウトバスなので、基本的に入浴中に使用するものではない。髪を乾かした後や、朝の手入れの時間などに使用する。洗い流さないトリートメント、などと呼ばれることもある。

インバストリートメントについて理解するためには、アウトバストリートメントとの違いを明確にすれば分かりやすい。また、その前提として、シャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメントの違いを改めて理解しておく必要がある。

以下、まずはシャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメントの違いについて、西麻布ヒフ・形成外科の藤井佳苗院長(医学博士・日本形成外科学会専門医)の記事[注1]を参考にまとめた。

シャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメントの違い

シャンプーとリンスが異なることは、誰にでも分かるであろう。しかしながら、リンス、コンディショナー、トリートメントの相違については曖昧である者も少なくない。それぞれの違い、役割について確認する。

【シャンプーの役割】

シャンプーの役割は、髪や頭皮の洗浄である。髪の中にたまった埃や汚れ、スタイリング剤、頭皮の皮脂などを洗い流すことが、その主な役割である。

中でも特に、頭皮の皮脂を洗い流す役割は重要。頭皮には、顔のTゾーンの約3倍もの皮脂腺が存在する。これら皮脂は毛穴に詰まりやすく、しっかりと洗浄しなければ抜け毛・薄毛の原因にもなる。

ただし、逆に皮脂を洗い流しすぎた場合、頭皮が乾燥して炎症を起こす恐れもある。必要な皮脂を残しつつ、やさしく頭皮を洗浄することが大切である。

【リンス・コンディショナーの役割】

リンスとコンディショナーは、同義である。メーカーによって、または商品によって呼称が異なっているだけであり、その役割は同じである。

リンス・コンディショナーを髪に塗布すると、髪の表面には保護膜が登場する。この保護膜のおかげで、髪のパサつきを抑えたり、見た目を美しくしたり、髪の触り心地が良くなったりする。

昨今販売されているリンス・コンディショナーの中には、トリートメント(後述)と同様の成分が配合されていることもある。

【トリートメントの役割】

トリートメントとは、髪の深部に成分を浸透させ、髪質の補修を図るものである。リンスやコンディショナーの役割が、髪の外観を整えることであるのに対し、トリートメントの役割は、髪の内部の健康を維持することである点が、両者の大きな違いである。

ただし、昨今販売されているトリートメントの中には、リンス・コンディショナーと同様の成分が配合されていることもある。

インバストリートメントとアウトバストリートメントの役割の違い

トリートメントの役割を明確化したところで、次にインバストリートメントとアウトバストリートメントの役割の違いを確認する。上述の藤井医師が監修する記事[注2]を参照した。

【インバストリートメントの役割】

髪の表面は、キューティクルというウロコ状の層で包まれている。髪が濡れている時は、このウロコが1枚1枚、開いたような状態となる。ウロコが開いた状態の時は、トリートメント成分が髪の奥まで浸透しやすい。髪におけるこの性質を利用したトリートメントが、インバストリートメントである。

インバストリートメントには、健全な髪を維持するために必要とされるタンパク質など、様々な成分が配合されている。キューティクルが開いている時に、これら成分をしっかりと髪に浸透させ、傷んだ髪の補修を図ることが、インバストリートメントの役割となる。

【アウトバストリートメントの役割】

アウトバストリートメントの主な役割は、髪の保護である。アウトバストリートメントに配合されている油分やシリコンは、塗布されることで髪の表面に留まる性質がある。これら成分のコーティング作用により紫外線や乾燥などから髪を守ることが、アウトバストリートメントの主な役割である。上で説明したリンス・コンディショナーに近い役割、とも言える。

また、就寝前にアウトバストリートメントを塗布することで、髪の内部からの随分の蒸発を防ぐことができる。結果、就寝中に髪のダメージの修復を助けることにもなる。

関連記事