男性ホルモンレセプター(受容体)

TOP » 用語辞典 » 男性ホルモンレセプター(受容体)
263 views

男性ホルモンレセプターとは

男性ホルモンレセプターとは、男性ホルモンの働きを細胞に伝えるための仲介組織である。AGAの原因となる男性ホルモン(DHT)は、その単独の働きでAGAを導く訳ではない。男性ホルモンレセプターを経由してAGA発症を導く。よって男性ホルモンレセプターは、AGAに深く関与する組織となる。男性ホルモンレセプターの感度が強い者は、AGAになりやすい。その感度は主に、母親からの遺伝によって決まる。

男性ホルモンの作用を細胞に伝える組織

男性ホルモンレセプターは男性ホルモンの作用を細胞に伝える組織。男性ホルモン受容体、アンドロゲンレセプターなどと呼ばれることもある。AGA(男性型脱毛症)の原因に絡んでいる組織である。

男性ホルモンは、一般にAGAの原因物質と認識されている。この認識は誤っていないが、より具体的に言えば、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質が、AGAの直接的な原因である。

DHTとは、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが変質した物質。テストステロンと5αリダクターゼ(酵素の一種)が結びつくことで、DHTに変質する。

変質した物質とは言え、DHTは男性ホルモンの一種であることに変わりはない。よって、男性ホルモンレセプターと結びつこうと働く。両者が結びつくと、「TGF-β1」や「DKKI」などの化学物質が生成される。これら化学物質がヘアサイクルに乱す原因となり、AGAの発症をもたらす。

なお、頭部における男性ホルモンレセプターは、主に前頭部と頭頂部に多く分布する。逆に、後頭部や側頭部には、ほとんど存在しない。よって、AGAの発症には男性ホルモンレセプターが深く関与している、ということが分かる。

男性ホルモンレセプターの感度が強い者はAGAを発症しやすい

テストステロンと5αリダクターゼが結びつくと、AGAの原因物質であるDHTが生産される。DHTは、どんな男性の体内でも生産されている。

どんな男性の体内でもDHTが存在しているにも関わらず、AGAを発症する男性もいれば、発症しない男性もいる。その違いは、主に男性ホルモンレセプターの感度にあるとされている。

男性ホルモンレセプターの感度が強い者は、DHTの影響を強く受けやすい。よって、AGAの発症につながりやすい。一方で、男性ホルモンレセプターの感度が弱い者は、DHTの影響を受けにくい。よって、AGAが発症しにくい。

これは、DHTの生産量の多少に加え、男性ホルモンレセプターの感度の強弱がAGAの原因に絡んでいることを示している。

なお、自身の男性ホルモン受容体の感度のレベルについては、医療機関での遺伝子検査で判明する。患者の薄毛の原因がAGAであるか否かを判断するため、遺伝子検査を必須としている医療機関もある。

男性ホルモンレセプターの働きには遺伝が強く関与している

ハゲは遺伝する、と言ってしまえば極論だが、この極論の方向性は概ね正しい。以下、AGAと遺伝との関係について、AGAヘアクリニック院長の水島豪太医師の解説を参照してまとめた。[注1]

【男性ホルモンレセプターを働きを握るのはX染色体】

中学の理科で習った記憶がある者も多いかと思うが、男性の遺伝子の染色体は「XY」で構成される。それに対して、女性の遺伝子の染色体は「XX」である。

子供は、父親と母親から半分ずつの染色体を受け継いで生まれてくる。具体的には、男の子は「父親由来のYと母親由来のX」を持つ。女の子は「父親由来のXと母親由来のX」を持つ。

2005年、ボン大学(ドイツ)の研究チームは、AGAの原因に関する極めて画期的な発見をした。「男性ホルモンレセプターの働きを握る染色体は、Xである」という発見である。

【母方の祖父がAGAの場合、孫に遺伝する可能性が高い】

男性は父親由来のYと母親由来のXを持つ、と説明した。また、ボン大学の研究チームは、男性ホルモンレセプターの働きを握るのはXであることを解明した。つまり、AGAを発症するかどうかは、母方の遺伝子が鍵を握っている、ということである。母方の祖父がAGAを発症している場合、孫に遺伝する可能性がある。

男性ホルモンレセプターの感度が弱い者でも薄毛になることがある

遺伝子検査を経て、男性ホルモンレセプターの感度が強いと判断された者については、フィナステリドと呼ばれる成分を摂取することにより、AGAの進行が緩やかになる。フィナステリドとは、有名な「プロペシア」の主成分である。

しかしながら、中には、遺伝子検査にて男性ホルモンレセプターの感度が弱いと判断されたにも関わらず、薄毛を発症している者もいる。 この症例の場合、薄毛の原因はAGAではないと考えられる。生活習慣の乱れ、ストレス、誤ったヘアケアなどが原因での薄毛の可能性があるため、フィナステリドとは別の治療法が選択される。

関連記事