脂漏性皮膚炎

TOP » 用語辞典 » 脂漏性皮膚炎
[最終更新日]2018/04/24
234 views

脂漏性皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎とは、主に、皮膚の常在菌であるマラセチア真菌(カビの一種)の異常繁殖を原因とした皮膚疾患である。頭皮や顔、胸など、皮脂が多く分泌される部分に発症することが多い。頭皮において脂漏性皮膚炎が悪化すると、時に脱毛を生じることもある(脂漏性脱毛症)。主要な治療法はステロイド外用剤の処方。カビの殺菌に効果のある抗真菌剤が処方されることもある。AGAとは原因が異なる。

マラセチア真菌の異常繁殖を原因とした皮膚疾患

脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌が多い部位に発症するため、脂漏性皮膚炎と言う。脂漏性皮膚炎が悪化し、脱毛に至るケースもある(脂漏性脱毛症)。

注意したいのは、その症状が他の皮膚炎と似ていることから、脂漏性皮膚炎とは気づかずに対処が遅れることである。脂漏性皮膚炎は、基本的に自然治癒しない。よって対処しない場合には、炎症が慢性化する恐れもある。脂漏性脱毛症に至った場合には、脱毛が慢性化する可能性もある。

脂漏性皮膚炎の症状・原因・治療法

脂漏性皮膚炎の症状・原因・治療法について、さぎのみや皮膚科クリニック(東京都中野区)の公式サイトを参照に、以下にまとめた。[注1]

【脂漏性皮膚炎の症状】

脂漏性皮膚炎を生じた場合、初期段階で現れる症状は、肌の乾燥や頭部からのフケである。症状が進行すると、肌に赤みが生じたり、頭部に大量のフケが溜まったりする。更に悪化すると、頭皮が硬い皮で覆われた状態になることもあり、中には脱毛する患者もいる。

脂漏性皮膚炎が発症する部位は、主に皮脂の分泌が多いところ。具体的には、頭皮、頭髪の生え際、眉間、眉毛、鼻の脇、耳の中、耳の後ろ、背部正中(背中の中央)、脇の下、前胸である。

【脂漏性皮膚炎の原因】

脂漏性皮膚炎は、多因子疾患と言われている。多因子疾患とは、一つの原因ではなく、様々な要因が関与して発症する疾患のことを言う。脂漏性皮膚炎に関与している要因としては、遺伝的要因、環境的要因、精神的ストレスなど。近年では、皮膚常在菌であるマラセチア真菌の異常繁殖も、脂漏性皮膚炎の主要な要因の一つとして確認されている。

マラセチア真菌と脂漏性皮膚炎との関係

誰の皮膚においても、一定比率のマラセチア真菌は存在する。その比率が安定的であれば問題はないが、皮脂が過剰分泌されると、皮脂を餌としているマラセチア真菌が異常繁殖する。

異常繁殖したマラセチア真菌は、皮脂を構成する成分の一つ「トリグリセリド」を遊離脂肪酸に分解する。この遊離脂肪酸が皮膚に刺激を与えることで、脂漏性皮膚炎が生じる。

また、異常繁殖したマラセチア真菌自体が炎症の一要因にもなっている。

【脂漏性皮膚炎の治療法】

皮膚科における脂漏性皮膚炎の治療法には、主に3種類がある。症状により治療法を使い分けたり、または併用したりする。

ステロイド外用剤の処方

ステロイド外用剤を患部に塗布することで、炎症は短期間で鎮静化する。頭皮の炎症については、液体ローションタイプのステロイド外用剤を処方する。

抗真菌外用剤の処方

マラセチア真菌の繁殖を抑えるために、抗真菌外用剤を処方することがある。抗真菌外用剤とは、いわゆる水虫などの治療に使用される薬である。真菌(カビ)の繁殖を防ぐ効果がある。

ビタミンB2、ビタミンB6の処方

皮脂の分泌量を減らす働きがあるビタミンB2、ビタミンB6を内服薬として処方することがある。

脂漏性皮膚炎は生活習慣の見直しで予防可能

脂漏性皮膚炎の原因には遺伝的な要因もあるが、多くの場合、生活習慣の改善で予防可能な病気でもある。以下、同じくさぎのみや皮膚科クリニックの公式サイトを参照してまとめた。[注2]

【生活習慣の見直しによる発症予防】

洗顔

1日2回、朝と晩に適切な洗顔を行なう。

洗髪

基本的には、毎日洗髪をする。昨今では、医薬部外品として、抗真菌剤が配合されたシャンプー、石鹸などが販売されている。これらを毎日使用することで、脂漏性皮膚炎の予防効果が期待できる。

食事

ビタミンB群を多く含む食材を積極的に摂る。レバーやしじみ、卵、ほうれん草、トマトなどである。逆に、皮膚に刺激をもたらす糖分、脂肪、アルコール、コーヒー、香辛料などを過剰に摂取しない。

その他

睡眠不足、過労、ストレスなどに注意する。

脂漏性脱毛症とAGAとの違い

脂漏性皮膚炎が悪化すると、脂漏性脱毛症に至ることがある。

以下、脂漏性脱毛症とAGAとの違いについて、皮膚科医・美容外科医である水島豪太医師(AGAヘアクリニック院長)監修の記事を参照してまとめた。[注3]

【症状の違い】

  • 脂漏性皮膚炎…

    フケや痒み、炎症を伴う部位から脱毛

  • AGA…

    前頭部・頭頂部など、パターン化された部位から脱毛

【原因の違い】

  • 脂漏性皮膚炎…

    主に、皮脂の過剰分泌によるマラセチア真菌の異常繁殖

  • AGA…

    男性ホルモンの一種、ジヒドロテストステロンの作用

【治療法の違い】

  • 脂漏性皮膚炎…

    ステロイド、抗真菌薬などで治療

  • AGA…

    フィナステリド内服薬、ミノキシジル外用薬などで治療

なお、脂漏性脱毛症とAGAは併発することがある。

関連記事