ソフォラ抽出エキス

TOP » 用語辞典 » ソフォラ抽出エキス
[最終更新日]2018/04/25
275 views

ソフォラ抽出エキスとは

ソフォラ抽出エキスとは、「メルヘンの木」の異名で知られる観葉植物であるソフォラの根から抽出したエキスのこと。血行促進作用、細胞賦活作用があるとされている。国内では主に、資生堂の育毛剤シリーズに配合される成分である。血行促進作用、および細胞賦活作用は、薄毛改善を目指す上でのベースとなる。育毛剤に配合することによる効果も期待できるであろう。著名な育毛剤「アデノゲン」や「不老林」の主要成分の一つ。

ソフォラ抽出エキスとは

ソフォラ抽出エキスは観葉植物でおなじみのソフォラ(リトルベイビー、メルヘンの木)から抽出したされる。ソフォラの根の部分からエキスを抽出する。国内で販売されている複数の育毛剤に配合されている。

ソフォラ抽出エキスの育毛効果に注目しているのは、育毛剤の研究開発に熱心な資生堂。日本皮膚科学会で高い評価を受けた育毛成分「アデノシン」を発見するなど、資生堂が注目する育毛成分には高い信憑性がある。

なお、ソフォラ属に属する植物は、世界に50種類ほど存在する。中国の街路樹として有名なエンジュや、日本の野草としておなじみのクララも、同じソフォラ属の仲間である。

クララの根には強い毒性があるが、一方で「苦参(くじん)」という名で漢方薬剤としても利用されている。

ソフォラ抽出エキスが薄毛改善にもたらす作用

ソフォラ抽出エキスが薄毛改善効果をもたらす根拠としては、その「血行促進作用」と「細胞賦活作用」が挙げられる。

血行促進作用

人の身体を成長させるためには、栄養素が必要である。栄養素を体内で運んでいるのは、血液である。よって血液の流れが悪化すれば、栄養素が体内の隅々まで十分に行き渡らない。

毛髪も身体の一部である以上、栄養素が届かなければ、その成長は妨げられる。そのため、いかなる育毛剤であれベースには血行促進作用のある成分が置かれる。クリニックにおける薄毛治療でも、血行を促進させる指導がなされる。

ソフォラ抽出エキスには高い血行促進作用があるとされるため、薄毛改善における有効性が期待される。

細胞賦活作用

賦活(ふかつ)とは、「機能を活発にさせる」という意味である。よって細胞賦活作用とは、「細胞の機能を活発にさせる」という意味になる。具体的には、正常な細胞の分裂を活発化させることを、細胞賦活作用と言う。

細胞分裂が活発化すれば、細胞を基にして作られる組織の生成も活発化する。毛髪においては、毛母細胞の分裂を活発にさせることで毛髪の質が改善し、かつ量が増えることになる。

ソフォラ抽出エキスを配合した育毛剤を頭皮から経皮吸収させれば、毛母細胞の分裂が活発化する可能性もあるだろう。

ソフォラ抽出エキスを配合している育毛剤

ソフォラ抽出エキスを配合している代表的な育毛剤を紹介する。ソフォラ抽出エキスは資生堂の看板成分のようなものでもあるため、必然的に資生堂の商品が多くなる。

薬用アデノゲンEX(資生堂)

資生堂が発見した育毛有効成分「アデノシン」を主要成分とした育毛剤。「アデノシン」は、日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」において「男性に対する有効性を示す十分な根拠があるため,外用療法を行うよう勧める」と高い評価を得ている。[注1]

ソフォラ抽出エキス、アデノシンの他にも、血行促進作用、抗炎症作用などを持つ成分が豊富に含まれている。

不老林 ライブアクト(資生堂)

ソフォラ抽出エキスを筆頭に、抗炎症作用や保湿成分などを持つ成分を7種類配合した育毛剤。資生堂らしく、多面的なアプローチで育毛効果を狙う。強い清涼感が特徴。

アデノバイタル スカルプエッセンス(資生堂)

ソフォラ抽出エキスの他にも、アルニカエキスやクジン抽出液、ニンジンエキスなど、血行促進作用のある成分を豊富に含む育毛剤。もちろん、アデノシンも含まれている。

ナビジョンDR 薬用スカルプエッセンス(資生堂)

ソフォラ抽出エキスやアデノシンを配合した、医療機関専売品の育毛剤。新宿ラルク美容外科クリニック(東京)、小田原銀座クリニック(小田原市)、あいこ皮フ科クリニック(京都市)、精コメディカルビューティークリニック(鹿児島市)など、全国の多くのクリニックで入手することができる。

関連記事