AGAに健康保険は適用できない?

TOP » 治療薬 » AGAに健康保険は適用できない?

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

AGA治療に保険は適用できる?

医療保険

AGA治療と保険の関係について

AGA治療には保険が適用できるのでしょうか? 結論からいうと、保険は適用できません。その理由や保険が適用されない自由診療のメリット、さらに専門クリニックと一般医院の違いについてもご説明します。

AGA治療と保険の関係

AGAの治療は美容医療と同様、保険が適用されません

通常、病気になって医療機関を受診した場合には健康保険が適用されるため、安い自己負担額で済みます。一方、AGA治療の場合、クリニックや病院に行っても保険が適用されないことがほとんどです。エステサロンなど、美容目的の治療には保険が適用されないのと同様、AGA治療も対象外とされています。

たしかに、薄毛であっても命に関わることはありません。AGAの治療にはさまざまなメリットがありますが、保険が適用されないということは覚えておきましょう。クリニックや治療内容によって、必要な金額は大きく異なってきます。そのため、AGA治療には事前のリサーチが欠かせません。すべて自己負担になることを考えたうえで、クリニックや治療内容を考慮しましょう。

AGA治療の特徴

AGA治療に保険が適用されない理由

AGAの治療には、飲むAGA治療薬や、塗るAGA治療薬による治療、自毛植毛、発毛治療がありますが、厚生労働省ではAGA治療全般の保険適用を認めていません。美容整形と同じで、生命に関わる治療ではないと判断されているからです。

ただし、病気や精神的疾患が原因で脱毛した結果、AGA治療を受けたケースでは、医療費控除が受けられます。医療費控除とは、家族全員の1年間の医療費合計が100,000円以上になると税金分が戻ってくる制度です。心当たりがある方は、税務署に相談してみると良いでしょう。

植毛や発毛療法は高額です。それと比べると内服治療は高額ではありませんが、長期間継続するとなると、それなりに費用がかかります。安く抑えるために通販や個人輸入を選択するのも一つの方法ですが、もしトラブルが発生した場合などを考慮すると、あまりおすすめはできません。

そのため、できるだけ費用が無駄にならないように、しっかりと自分に合ったクリニックを選ぶことが大切です。無料でカウンセリングを行なってくれるクリニックもあるので、まずは費用なども含めて相談してみるのがよいでしょう。

自由診療のメリット

AGA治療は保険が適用されないため、自由診療となります。自由診療の場合、薬代や診察代など治療にかかる費用は全額自己負担です。自由診療はそれぞれの医療機関が自由に価格を設定できるので、医療機関によってかかる費用が決まっていません。そのため、価格が高く設定されているクリニックで長期的にAGA治療の薬を処方してもらったり、専門的なAGA治療を受けたりすると、高額な費用がかかります。

しかし、経済的負担が大きい半面、自由診療にはメリットもあるのです。保険診療では疾患によって治療方法が制限されてしまい、診察時間も短く、納得できる治療が受けられない可能性があります。一方、自由診療の場合、保険による制限がないことから、治療方法の選択の幅が広がるのです。自分にとってより効果が高い治療方法や、新しい治療方法など、医師と相談してさまざまな治療方法を選ぶことができます。十分に時間をかけて治療できるため、より適切な治療が可能なのです。

専門クリニックと一般医院の違い

自由診療を行う医療機関には、AGAの専門クリニックと一般医院があります。一般医院では費用も安く、通院頻度も少ないというメリットがあるため、一般医院のほうがメリットが多いと思われがちです。しかし、専門クリニックには、より密度の濃い診察をしてくれるというメリットがあります。

専門クリニックでは頭皮や頭髪の状態を検査したり、血液を調べたりして、十分なカウンセリングを行うのが特徴。その結果から、どのような治療方法が適切で効果があるかといった点を把握し、提案してくれるのです。薬も、その人に適したものをオーダーメイドで処方してくれるクリニックもあります。そのほか、頭皮環境を改善する生活習慣のアドバイスなど、総合的にケアをしてくれるのが専門クリニックです。専門的な検査・診断ができない一般医院よりも、より高い効果が期待できるでしょう。本気で薄毛改善を目指したい人には、専門クリニックをおすすめします。

関連記事