塩化カルプロニウムの育毛効果

TOP » 治療薬 » 塩化カルプロニウムの育毛効果

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

化学記号

塩化カルプロニウム

頭皮の血行を良くすることで発毛を促していく

塩化カルプロニウムは、胃液の分泌を促進させる効果を持った成分で、もともと胃腸薬に配合されていました。しかし、その血行促進作用が発毛にも有効である言うことから注目され、現在では育毛成分としても使用されています。

ただし、頭皮の血行を良くして発毛・育毛効果を得ていくものなので、男性ホルモンの抑制による改善効果は期待できません。

塩化カルプロニウムが対応できる抜け毛の種類

対応できる症状

  • 壮年性脱毛症
  • 円形脱毛症
  • びまん性脱毛症
  • 悪性脱毛症

対応できない症状

  • 男性脱毛症(AGA)

塩化カルプロニウムの効果

頭皮の血行を促進することで毛乳頭を元気にする

塩化カルプロニウムには、血管を拡張させ血流を良くする作用があります。これを直接頭皮に塗布することで、頭皮の血行を促進させ休眠状態にある毛乳頭の活動を活発化させ、発毛を促していくとされています。

AGAの要因である男性ホルモン(DHT)の抑制効果は望めませんが、血行を改善し頭皮を柔らかくすることで、発毛環境を良くする効果が得られます。

効果が出るまでの期間

ヘアサイクルを正常に整えてから効果が現れますので、少なくとも3~6ヶ月の使用が求められています。

塩化カルプロニウムの想定されている副作用やデメリット

皮膚のかゆみやかぶれなどの副作用が

頭皮のかゆみ・かぶれ

頭皮に塗布することで、かゆみ・かぶれ・炎症・湿疹などが発生する可能性があります。

  • 発汗・熱感・頭皮の痛み

    副交感神経を刺激する作用があるため、発汗や熱感を感じることがあります。また、皮膚に浸透していく過程で、それが刺激となり痛みを感じる場合もあります。

    その他副作用

    頭痛、吐き気、気管支への影響

    塩化カルプロニウムの利用を注意すべき人

    ●呼吸器系の持病を持っている人

    気管支喘息など呼吸器系に持病がある人は、症状が悪化する危険性が危惧されているため、必ず医師に相談してから使用を決めてください。

  • 塩化カルプロニウムが入っている製品

    チャッチアップ

    塩化カルプロニウムなど、約50種類もの有効成分が配合されている育毛剤です。厚生労働省認可の商品で、無添加無香料で頭皮にもやさしく安心して使うことができるとされています。返金保証制度があるのも特徴的です。

    入手方法

    公式サイト、通販ネット

    アロビックス外用液

    塩化カルプロニウムが配合された塗り薬で、主にクリニックで処方されています。脱毛や白斑治療に適しているとされるジェネリック医薬品で、主にストレス性の円形脱毛症の改善に、用いられることが多いそうです。

    入手方法

    クリニックでの処方、個人輸入代行

    塩化カルプロニウムを利用した人の口コミ

    円形脱毛症が完治しました

    職場でのストレスが原因で円形脱毛症になってしまい、皮膚科を受診したところアロビックス液が処方されました。時間はかかりましたが、お薬の効果と仕事のストレスが軽減したことで、完全に回復することができました!

    悩みだった抜け毛が軽減

    洗髪の時の抜け毛がとても多く、それがずっと続いていて悩んでいました。でも、洗髪後にアロビックスをマッサージするようにつけるようにして5ヶ月経ち、悩みだった抜け毛が以前の3分の1ぐらいまでに軽減されました!

    使用して1ヶ月で変化が

    育毛剤は徐々に効果が現れるものと思っていたので、長い目では見ていました。けれどチャッチアップは、使用して1ヶ月ほどで抜け毛の量が明らかに減少。これまで、こんなに目に見える変化を感じたことがなく驚いています。

    髪の毛が太くなり薄毛解消

    最初は何の変化もなく少し不安になりましたが、2週間目くらいから抜け毛の量が減り始めました。これは期待できると続けたところ、30日後には髪の毛が太くなってきたのが実感でき、結果的に薄毛が解消できました。

    何の効果も感じず終了しました

    すごく効果があると言うことで、3本(90日分)セットを購入しました。でも、何も感じぬまま1本を使い切りました。使い切らなければわからないと思い、2本目3本目と使用しましたが、特に何の効果も感じず終了しました。

    頭皮が赤くかぶれてしまった

    頭につけることで、血行が促進されていく効果はなんとなく実感できたのですが、そのためか頭皮が赤くかぶれたような状態になってしまいました。このまま続けるとひどくなりそうだったので、使うのをやめてしまいました。

    関連記事