プロペシア服用中に献血しても大丈夫?

TOP » 治療薬 » プロペシア服用中に献血しても大丈夫?

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

プロペシア服用中に献血しても大丈夫?

献血

プロペシア服用中は献血できません!

結論から言うと、プロペシアを服用している間は、献血や輸血をすることが禁止されています。その理由は、献血した血液が女性やこどもに輸血されてしまう恐れがあるからです。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、男性ホルモンに働きかけてAGAを改善するものです。

AGAには大きな成果を挙げている薬ですが、女性やこどもは触れることさえ禁忌とされるほど効果の強いもの。万が一妊娠している女性の胎児や男児が摂取すると、性器の成長に影響を与えてしまうので、絶対に触らせないようにしなくてはいけません。

薬剤の状態なら意識して遠ざけておくことができますが、輸血する血液だと判別することができないので、そういった危険をなくすために、献血をしてはいけないことになっているのです。

プロペシアは男性ホルモンに働きかけるので女性やこどもにはタブー

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、もともと前立腺肥大の治療薬として開発されたものであり、男性ホルモン抑止剤として用いられてきたものです。これにより、AGAの抜け毛を防ぐ効果も認められているのですが、妊娠する可能性のある女性や妊婦さん、こどもへの使用は禁止されているほか、経皮吸収されるので触れることさえ禁忌とされています。

その理由は、成長途中の胎児やこどもの性器の成長を阻害したり、異常が起こったりする危険性があるからです。また、女性はもともと女性ホルモンと男性ホルモンの両方を持っているのですが、そのバランスが崩れると、体質や体調に変化が現れる可能性があるので、男性ホルモンに働きかける薬剤は不用意に触れさせないほうがいいとされています。

プロペシアを使用する人は、自分だけでなく周囲の人にも影響を与える可能性があることを意識しておく必要があるでしょう。

プロペシアの服用中は血液中に成分が含まれている

プロペシアの服用中は、薬剤そのものを女性やこどもに触れさせないように遠ざけておくことも重要ですが、服用している血液中にその成分が含まれていることも認識しておいてください。人助けで輸血をすることも大切ですし、献血が趣味の人もいらっしゃいますが、プロペシアを服用している間は献血することはできません。フィナステリドの成分が含まれた血液を、女性やこどもに輸血する危険性があるからです。

献血をする前には必ず問診がありますので、プロペシアを服用している場合は、必ず正直に申告してほかの人に成分が回らないように配慮してください。

また、プロペシアに限った事ではなく、AGAの治療薬として男性ホルモンに働きかける薬を服用している場合も同様にしてください。プロペシアのジェネリックであるファイザーやサワイ、フィンペシアなどがそれにあたります。ほかにも、プロペシア以外のAGA治療薬であるデュタステリドやザガーロなども男性ホルモンに関与する薬ですので、これらのAGA治療薬を服用している間は献血しないように注意してください。

服用を止めてから1ヶ月間も献血禁止

プロペシアは服用中だけでなく、服用を止めてから1ヶ月間は血液中に成分が残っている可能性があるので、その間も献血しないようにしてください。服用を止めてから1ヶ月以上経過すれば、献血をしてもいいことになっていますので、プロペシアを利用したからと言って、今後一切献血できないというわけではありません。あくまでAGAの治療をしていない人に成分がいかないようにするための配慮です。

プロペシアのほかにアボルブなど成分が強い治療薬の場合は、6ヶ月たたないと成分が血液から抜けません。強い治療薬を服用していた場合は、服用を止めてから半年以上たたないと献血できないので、薬の種類によって期間は異なります。

プロペシアを服用している人は要確認!

プロペシアはしっかり認可されたAGAの治療薬であり、服用することで多大な副作用がある危険なものではありません。

しかし、男性ホルモンに働きかけるものであることから、AGA治療を必要としない女性やこどもに不用意に与えないように注意する必要があることを認識しておきましょう。

あまり複雑なことではないので、以下の4つのポイントを覚えておけば問題ありません。

●プロペシアの服用中は血液にその成分が含まれている。

服用している間は血液中にその成分が含まれていることを認識しましょう。

●誰に輸血されるかわからないので、服用中は献血できない。

献血した血液は誰に輸血されるかわからないので、女性やこどもに輸血するリスクを避けるために、献血できないようになっています。

●服用を止めてから1ヶ月後以降なら献血できる。

服用を止めても1ヶ月間は血液に成分が残っている可能性があるので、1ヶ月経たないと献血できません。

●プロペシア以外のAGA治療薬にも注意!

男性ホルモンに働きかける成分はプロペシアに限らず、多くのAGA治療薬に用いられているので、服用している薬の成分はしっかり把握しておきましょう。

関連記事