やっぱり危険?個人輸入の注意点

TOP » 治療薬 » やっぱり危険?個人輸入の注意点

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

やっぱり危険?個人輸入の注意点

頭を抱える男性

不安の多い個人輸入を安全に利用するには?

AGA治療薬の入手方法の一つに、海外から個人輸入をするという方法があります。病院処方より安価だし手軽に購入できますが、心配な面も多く躊躇されている方も多いのでは?そこでここでは、個人輸入を正しく利用するための注意点をご紹介したいと思います。

AGA治療薬の個人輸入

個人輸入とは、海外にある販売業者と個人が直接輸入取引を行うことを言います。商品に関する問い合わせや売買の交渉、決済方法の取り決め、通関手続きなどたくさんある面倒な事務処理を全て自分個人で行う必要があり、言葉はもちろん輸入取引に関して十分な知識がないと非常に難しいのが実情です。ですので、現在一般的に言われている個人輸入とは、こうした面倒な事務処理を代わって行ってくれる個人輸入代行業者を利用して、海外商品の購入を行うことを指しているそうです。

個人輸入に潜む危険

AGA治療薬を個人輸入すると病院の処方よりも費用は安くなりますが、医師という専門家を介さない分、薬の安全性に関しては危険なこともあると承知しておく必要があります。

偽物

偽物の薬が商品として販売されている場合も

個人輸入する時にまず危険と言えるのが、その薬が本物であるか偽物であるか、見極めることが困難であることが挙げられます。もちろん医師によって処方される薬は本物であることは間違いありませんが、海外の見慣れぬ薬は、プロの業者であっても一目ではわからないものも多いそうで、ましてや専門家でもない個人が本物かどうか見極めるというのはまず無理でしょう。もし偽物を購入してしまった場合、AGAに対して何の効果も示さないのはもちろん、どんな成分を使用しているのかわからないため、身体にどんな悪影響が出るかわからないという大きなリスクを負うことになってしまいます。もちろん不必要な出費をしてしまう、金銭的なリスクも加わりますので、かなりのダメージとなってしまいます。

粗悪品

配合成分が粗悪であるため副作用の危険性が高まる

販売されている薬の中には、「粗悪品」と呼べるものもあります。上記で紹介した「偽物」とも類似していますが、こちらの場合は成分の配合にかなり問題があるとされているので、ある意味もっと危険となるかもしれません。価格を抑えるためか、かなり適当に成分をチョイスして配合しているものもあり、この配合では明らかに過剰摂取となってしまう場合もあるのだそうです。そうした場合、用法・用量どおり飲んだとしても、改善効果よりも副作用の方が大きく出てしまう危険性が高まってしまうと考えられます。しかも、副作用の症状が重篤となってしまう危険性もあるということです。医師に処方してもらう場合は、その人に合った用法・用量で出してくれるので、そうした心配はかなり低いですが、個人輸入の場合そういうわけにいかないのがネックですね。

個人輸入は危険

個人輸入のこうしたリスクをできるだけ避けるには、信頼できる個人輸入代行業者を選ぶと言うのが、大原則になります。しかしそうは言っても、個人輸入はあくまで個人で海外商品を購入すると言うことです。全てのことは自己責任となり、万が一何かあったとしても誰も対応してくれたり責任を取ってくれることはありません。何があっても全て自分で処理する、という覚悟がなければ行うべきではないと言えるかもしれませんね。AGA治療薬の効果を安全に得るためには、費用はかかりますが医師の指導の下で利用するのが、やはり一番かもしれません。病院処方でしたら、何かあった場合でもすぐに担当医師に対応してもらえますし、安全性や安心感を求めるならば病院で処方してもらうことをオススメします。

関連記事