プロペシアの飲み忘れ

TOP » 治療薬 » プロペシアの飲み忘れ

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

プロペシアを飲み忘れてしまったらどうすれば良いの?

水と薬

プロペシアは飲み続けることで、薄毛改善の効果を発揮する治療薬です。飲んでも飲まなくても体調に支障をもたらすものでもないので、意外と飲み忘れる方がたくさんいるそう。ですが、プロペシアは継続的に服用しなければ効果があらわれない治療薬なので、飲み忘れはできるだけ避けたいところです。ここでは、飲み忘れてしまった際の対処法や注意点、正しい服用の仕方などを紹介しています。

プロペシアを飲み続けなければいけない理由

AGAになる原因は、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)によって髪の毛の成長が抑制され、ヘアサイクルの乱れにより発症します。そのDHTの生成を抑える働きがあるのが、プロペシアの主成分であるフィナステリドです。

体内でフィナステリドがある一定濃度を保つことで、抜け毛の進行を遅らせます。つまり、プロペシアを飲み続けることでフィナステリドが体内で蓄積され、DHTの生成を抑えて薄毛改善につながるということ。

ですが、プロペシアの飲み忘れが続けば段々とフィナステリドの濃度が弱まっていき、AGAの進行遅延の効果が薄れていきます。 その結果、再びAGAが進行し、プロペシアを飲み始める前の状態へ戻り兼ねないのです。

また、フィナステリドは24時間後には体内から排出されます。1日1錠決まった時間に飲めば、24時間常にフィナステリドを体内に保つことができます。

プロペシアを飲み忘れてしまったときの対処方法

●飲み忘れても気にしない

1~2日ぐらいの飲み忘れ程度であれば、そこまで気にする必要はありません。プロペシアの主成分であるフィナステリドは、約24時間は体内で保つことができます。そのため、数日程度の飲み忘れなら気付いた時点ですぐに服用すれば大きな影響は出ないでしょう。

●長期間の飲み忘れは再度診断が必要

クリニックで診断を受けた際、AGA改善にもっとも効果が期待できるのはプロペシアだと判断されたときに、医師から処方されます。ですが、飲み忘れている期間が長ければAGAが進行している可能性が高くなり、飲み続けていたときと症状が変わっているかもしれません。もし症状が変わっているのであれば、プロペシアの服用を再開しても効果が得られない可能性が出てきます。再度診断を受けて医師からの適切な指導のうえ、服用を再開するようにしましょう。

●焦って2日分飲もうとしない

もしプロペシアを飲み忘れてしまっても、次の日に焦って2日分飲む必要はありません。有効成分であるフィナステリドは、体内である一定濃度キープされるため、2錠飲んだところで意味がないのです。むしろ2錠飲むことで肝臓に負担がかかり、予想外の副作用を引き起こす恐れがあり注意が必要。プロペシアをはじめとするほとんどの薬は、肝臓で分解されます。必要以上のプロペシアの摂取は肝臓に強い負荷をかけることになり、健康被害を引き起こす可能性があるので気を付けましょう。

飲み忘れを防ぐには?

●決まった時間に飲んで習慣化させる

プロペシアは毎日服用することが大切なので、決まった時間に飲む習慣をつけて飲み忘れを防ぎましょう。例えば「朝起きたら飲む」「家に帰ってきたら飲む」「就寝前に飲む」など、飲むタイミングを決めておけば、飲み忘れはなくなります。習慣化は飲み忘れ防止だけではなく、同じリズムで成分を体内に摂取することで効果的な服用にもつながります。

●スマホや携帯のアラーム機能を使う

決まった時間の服用を習慣にしても、うっかり飲み忘れてしまう方はいることでしょう。そこで有効活用できるのが、スマホや携帯電話のアラーム機能です。アラームで飲む時間を設定しておけば、プロペシアを飲み忘れることはありません。最近ではリマインダー機能やタスク機能が利用できるアプリもあるので、忘れっぽい方は利用してみるといいですよ。

●目のつく場所に薬を置く

地味ではありますが、飲み忘れ防止には意外と効果的です。コツとしてはプロペシアをしまい込まず、目のつきやすい場所に配置すること。目につく場所であれば、飲み忘れに気づくことができます。

プロペシアを飲むのに最適な時間帯はある?

一般的に髪のサイクルは、成長ホルモンが分泌される夜に再生されると言われています。そのため、プロペシアは夜に服用するのが良いのでは?といった憶測が飛び交っていますが、プロペシアの使用上の注意に正式な表記はないようです。

飲む時間帯の記載がないのであれば、何時に飲んでも問題がないことになります。

ですが、飲む時間帯が夜中になる不規則な生活は、薄毛改善に悪い影響を与え兼ねないので避けたいところです。飲み忘れ防止のためにも、毎日同じ時間に飲むようにしましょう。

プロペシアを飲み忘れてしまったらどうすれば良いの?

プロペシアは飲み続けることで、薄毛改善の効果を発揮する治療薬です。飲んでも飲まなくても体調に支障をもたらすものでもないので、意外と飲み忘れる方がたくさんいるそう。ですが、プロペシアは継続的に服用しなければ効果があらわれない治療薬なので、飲み忘れはできるだけ避けたいところです。ここでは、飲み忘れてしまった際の対処法や注意点、正しい服用の仕方などを紹介しています。

プロペシアを飲み続けなければいけない理由

AGAになる原因は、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)によって髪の毛の成長が抑制され、ヘアサイクルの乱れにより発症します。そのDHTの生成を抑える働きがあるのが、プロペシアの主成分であるフィナステリドです。

体内でフィナステリドがある一定濃度を保つことで、抜け毛の進行を遅らせます。つまり、プロペシアを飲み続けることでフィナステリドが体内で蓄積され、DHTの生成を抑えて薄毛改善につながるということ。

ですが、プロペシアの飲み忘れが続けば段々とフィナステリドの濃度が弱まっていき、AGAの進行遅延の効果が薄れていきます。 その結果、再びAGAが進行し、プロペシアを飲み始める前の状態へ戻り兼ねないのです。

また、フィナステリドは24時間後には体内から排出されます。1日1錠決まった時間に飲めば、24時間常にフィナステリドを体内に保つことができます。

プロペシアを飲み忘れてしまったときの対処方法

●飲み忘れても気にしない

1~2日ぐらいの飲み忘れ程度であれば、そこまで気にする必要はありません。プロペシアの主成分であるフィナステリドは、約24時間は体内で保つことができます。そのため、数日程度の飲み忘れなら気付いた時点ですぐに服用すれば大きな影響は出ないでしょう。

●長期間の飲み忘れは再度診断が必要

クリニックで診断を受けた際、AGA改善にもっとも効果が期待できるのはプロペシアだと判断されたときに、医師から処方されます。ですが、飲み忘れている期間が長ければAGAが進行している可能性が高くなり、飲み続けていたときと症状が変わっているかもしれません。もし症状が変わっているのであれば、プロペシアの服用を再開しても効果が得られない可能性が出てきます。再度診断を受けて医師からの適切な指導のうえ、服用を再開するようにしましょう。

●焦って2日分飲もうとしない

もしプロペシアを飲み忘れてしまっても、次の日に焦って2日分飲む必要はありません。有効成分であるフィナステリドは、体内である一定濃度キープされるため、2錠飲んだところで意味がないのです。むしろ2錠飲むことで肝臓に負担がかかり、予想外の副作用を引き起こす恐れがあり注意が必要。プロペシアをはじめとするほとんどの薬は、肝臓で分解されます。必要以上のプロペシアの摂取は肝臓に強い負荷をかけることになり、健康被害を引き起こす可能性があるので気を付けましょう。

飲み忘れを防ぐには?

●決まった時間に飲んで習慣化させる

プロペシアは毎日服用することが大切なので、決まった時間に飲む習慣をつけて飲み忘れを防ぎましょう。例えば「朝起きたら飲む」「家に帰ってきたら飲む」「就寝前に飲む」など、飲むタイミングを決めておけば、飲み忘れはなくなります。習慣化は飲み忘れ防止だけではなく、同じリズムで成分を体内に摂取することで効果的な服用にもつながります。

●スマホや携帯のアラーム機能を使う

決まった時間の服用を習慣にしても、うっかり飲み忘れてしまう方はいることでしょう。そこで有効活用できるのが、スマホや携帯電話のアラーム機能です。アラームで飲む時間を設定しておけば、プロペシアを飲み忘れることはありません。最近ではリマインダー機能やタスク機能が利用できるアプリもあるので、忘れっぽい方は利用してみるといいですよ。

●目のつく場所に薬を置く

地味ではありますが、飲み忘れ防止には意外と効果的です。コツとしてはプロペシアをしまい込まず、目のつきやすい場所に配置すること。目につく場所であれば、飲み忘れに気づくことができます。

プロペシアを飲むのに最適な時間帯はある?

一般的に髪のサイクルは、成長ホルモンが分泌される夜に再生されると言われています。そのため、プロペシアは夜に服用するのが良いのでは?といった憶測が飛び交っていますが、プロペシアの使用上の注意に正式な表記はないようです。

飲む時間帯の記載がないのであれば、何時に飲んでも問題がないことになります。

ですが、飲む時間帯が夜中になる不規則な生活は、薄毛改善に悪い影響を与え兼ねないので避けたいところです。飲み忘れ防止のためにも、毎日同じ時間に飲むようにしましょう。

関連記事