ミノキシジル外用薬の効果と使用時の注意点

TOP » 治療薬 » ミノキシジル外用薬の効果と使用時の注意点

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

ミノキシジル外用薬

患部に直接塗るミノキシジルの外用薬

「リアップ」や「ロゲイン」など、発毛成分であるミノキシジルを配合した外用薬は様々なものがあります。主成分であるミノキシジルは血管を拡張する働きを持ち、これを頭皮に塗ることで、血行を改善して発毛を促すことができます。

ミノキシジル外用薬とは?

高血圧症の治療薬から偶然発見された発毛効果

ミノキシジル外用薬とは、医学的に発毛と抜け毛の予防に効果が認められている「ミノキシジル」という成分を配合した薬のことで、直接頭皮に塗布することで効果を得ます。その主成分であるミノキシジルは、もともとは高血圧症の治療薬としてJohnson&Johnson社が開発し、1979年から実際にアメリカで使用されていました。

ところが、ミノキシジル治療薬を使用した患者の体毛が増えたことから発毛効果があると判明し、その後アメリカにて臨床実験を重ねた結果、1988年に医薬品として認められました。現在では世界中で発毛効果のある医薬品として使用されており、ミノキシジルを承認している国は90を越えると言われています。

ミノキシジルの発毛効果はディープグロースと呼ばれていて、毛包を大きくすることによって太く丈夫な髪を成長させる働きが期待できます。さらに毛包に作用することによって、髪の毛の成長因子の生成とタンパク質の代謝を促し、発毛を促進させると言われています。この毛包を拡張する効果と、細胞増加、たんぱく質代謝の活性化でヘアサイクルを正常にして、薄毛を改善するのがミノキシジルです。

ミノキシジル外用薬が有効な部位

ひと口に薄毛と言っても様々なタイプに分かれており、そのタイプによってミノキシジル外用薬の効果にも差があります。髪が薄くなってきているのがどの部位からなのか、ということを自分でよく観察して、症状にあった成分を選ぶことが重要です。

ミノキシジル外用薬が高い効果を発揮すると言われているのは、壮年性脱毛症の分類では「Ⅱ型」「Ⅳ型」「Ⅵ型」と呼ばれるタイプの初期~中期で、具体的に示すと、生え際や前頭部のM字になった部位、または頭頂部などです。壮年性脱毛症以外の薄毛でも、ミノキシジル外用薬は頭頂部への効果が高いと言われています。

ミノキシジル外用薬が対応できる脱毛の種類

AGA型脱毛症

AGAの原因は、男性ホルモンであるテストステロンと5a-リダクターゼという酵素が結合することで生まれる、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質。プロペシアやザガーロなどのAGA治療薬はこのDHTを抑制することでAGAの進行を食い止める働きがあります。

一方、ミノキシジルにはそういった作用は無いので脱毛を止めるという効果は期待できないのですが、毛を生やす、育てることが可能です。そのため、すでに髪の毛が抜けてしまった部位に対しては、プロペシアよりもミノキシジルの方が効果的と言えます。

ミノキシジル外用薬が対応できない脱毛の種類

円形脱毛症

円形脱毛症の原因はまだ明らかになっていませんが、自己免疫作用が誤って働いてしまうことで、頭皮の一部分にだけ脱毛が起きると考えられています。この場合、免疫作用の誤った働きによって発毛に必要な細胞が壊されることが原因なので、血行を改善することで発毛を促すミノキシジル外用薬では改善は望めません。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎はマラセチア菌という真菌が増殖することで発症しますが、この病気の症状のひとつに脱毛があります。湿疹によって頭皮に炎症やフケが発生して、頭皮環境が悪くなり、健康な髪の成長が阻害されることが直接的な原因です。ただしこの場合はマラセチア菌が原因であるため、殺菌作用のないミノキシジル外用薬では脱毛は改善できません。

抜毛症

成人の方では少ないかもしれませんが、ストレスによって自分の髪の毛を抜いてしまう症状を持つのが抜毛症です。小さな子供がこの様な癖を持っていることがあり、精神的なストレスが原因の脱毛症なので、ミノキシジル外用薬では効果は期待できません。育毛の前に精神的なケアが必要になるでしょう。

膠原病

膠原病は疲労感や発熱、関節の腫れなどを伴う病気ですが、症状のひとつとして脱毛が起きる場合もあります。この病気の原因は免疫機能の異常のため、ミノキシジルでは発毛効果は期待できません。病院で診察を受けて、免疫機能を正常化させる治療薬を使用することが解決策となります。

薄毛に有効なミノキシジル外用薬の配合成分

4つの作用が相乗することで抜け毛予防と発毛促進を行う

ミノキシジルが育毛に効果的な理由としては、以下の3つを挙げることができます。血管拡張作用による血流改善効果、毛包内の細胞増殖と細胞成長を促進させる効果、毛細胞の細胞死(アポトーシス)を防ぐ効果です。

これらの効果が同時に働きかけることで、頭皮では毛包内に存在する細胞が活性化されるとともに、アポトーシスを防ぎます。そして血行改善効果によって頭皮には栄養が十分に行き渡り、活性化された毛包によって健康的な髪が成長するようになるのです。さらに、ミノキシジルには毛包自体を大きくする働きもあるため、新しく生えてくる髪が太くなるという効果も実感できるでしょう。ミノキシジルはこれらの働きが相乗効果を発揮することで、薄毛治療に高い効果が期待できるのです。

効果の現れ方

使用開始
~8週間後

一部の使用者が軽度改善

効果の現れ方には個人差があり、脱毛の進行度によっても異なります。ですが、大正製薬が行ったミノキシジル外用薬の試験によると、使用開始から4週間後には少数の人に「軽度改善」が見られたそうです。軽度改善は発毛効果があると実感できるが、まだ薄毛が改善されたという程ではないというレベルです。8週間後には10%以上の人に軽度改善が見られたと報告されています。

12週間後~

半数以上が軽度改善

12週間後には軽度改善を感じた方が60%程になりました。2~3ヵ月毎日使用することによって、半数以上の方に発毛の効果が見られたという結果になっていますが、まだ40%ほどの人は効果を実感できていません。やはり個人差があるのでこの期間中に止めてしまわないことが、薄毛を改善するためのポイントになるのでしょう。

24週間後~

中等度改善、著明改善が見られる

24週間後には脱毛部分が髪で少し覆われてきたレベルの「中等度改善」、脱毛部分がほぼ他の部分と変わらないほど髪で覆われてきたレベルの「著明改善」の人も出てきました。軽度改善よりも中等度改善の人の方が多くの割合を占めるようになり、ミノキシジル外用薬は最低でも6ヵ月は続ける必要があるということがわかります。

処方される方法

病院での処方

ミノキシジル外用薬は脱毛症を診療しているクリニックや、皮膚科で処方してもらうことができます。医師に診察をしてもらってからの処方となるので、安全性があり、高い効果を期待することができます。

メリット

医師の診察後に処方してもらうメリットとして、ミノキシジルが配合されている濃度によって発毛への効果が変化するため、症状にあった濃度のミノキシジル外用薬を手に入れられることが挙げられます。

また、ミノキシジルの効果が薄い脱毛症もあり、自己判断でミノキシジル外用薬を使用すると、効果を実感できない可能性もあります。その点、医師の指導の下であれば、効果のない外用薬を使用する心配はありません。

デメリット

ミノキシジル外用薬の処方は保険適用外の診療となるため、全額実費負担となります。もちろん病院で処方してもらうためには、診察料なども必要になるので、金銭的な負担が増えることがデメリットだと言えます。

さらに病院に行くための時間と手間がかかるという問題もあるでしょう。ミノキシジル外用薬は病院で処方される医薬品となるため、毎回診察をして処方してもらう必要があります。

薬局・通販での購入

日本ではミノキシジル外用薬は医薬品として取り扱われていますが、商品として市販されているものもあり、薬剤師がいる薬局でのみ購入することができます。また、インターネットの個人輸入業者から購入することもでき、この場合は海外の製品を通信販売で買うことになります。

メリット

病院に行かなくても購入できるため、時間や手間が省けることが最大のメリットです。個人輸入業者から購入するのであれば、自宅でいつでも注文することができるため、通院のために時間を割くことができない方には良いでしょう。

また、個人輸入業者ではミノキシジルが配合されている外用薬は豊富に揃っており、病院で処方されるものよりも濃度が濃いものも販売されています。価格は商品によって様々ですが、病院の診察料や検査料も含めると、安価に購入することが可能です。

デメリット

個人輸入業者からの購入では、その薬品の保存状態が不明で、中身が本物かどうかの信憑性に乏しいことがデメリットとして挙げられます。供給が安定しないことも少なくないため、使用していたミノキシジル外用薬が急に手に入らなくなるということも考えられます。

薬局での購入であれば本物のミノキシジル外用薬が手に入りますが、処方なしで医薬品を使うことに変わりはありません。外用薬では副作用は少ないと言われていますが、発生する可能性もゼロではありません。

用量・用法について

「1回1mlを1日2回」の用量を守って使用する

ミノキシジル外用薬は医薬品なので、用量を守って使用する必要があります。成人の方で「1回1mlを1日2回」が適量です。多めにつけると効果が高くなると考えてしまいがちですが、1mlを越えて使ったとしても発毛効果は上がらず、副作用のリスクが高くなるため注意が必要です。

決められた量を脱毛が気になる部分に均一に塗る

1回1mlがミノキシジル外用薬の適量ですが、これを脱毛が気になる部分全体に広げることが、使い方のポイントです。脱毛の範囲が広いからといって薬の量を増やすのではなく、気になる部分にまんべんなく塗ります。使用するタイミングとしては、頭皮が衛生的である入浴後などが良いでしょう。

最低使用期間は6ヵ月間

ミノキシジル外用薬は医薬品ですが、塗ってすぐに健康な髪が生えてくるという訳ではありません。発毛には周期があり、その周期に沿って新しい髪の毛は成長しています。そのため、ミノキシジルは最低でも6か月間は継続して使わなければ、効果を実感することが難しいと言われています。しばらく使って効果がなかったと諦めずに、6か月間は使い続けてみてください。

ミノキシジル外用薬を使用する上での注意点

服用してはいけない人

>高血圧、低血圧、心臓や腎臓に持病を持っている人

高血圧症の治療薬として開発された経緯があるミノキシジルには血圧を下げる効果があり、外用薬であっても高血圧症治療薬としての影響があるのではないかと懸念されています。特に心臓や腎臓に持病を持っている方、血圧が正常値とは離れている方は、使用前に医師に相談することをおすすめします。

>妊娠中・授乳中の人

妊娠中の方に対しての安全性はまだ明確になっていませんので、胎児に悪影響がないとは言い切れません。また、授乳中にミノキシジルを使用すると、母乳の中に成分が溶け込んでしまうため使用は控えてください。

>未成年者、高齢者

未成年の方への安全性が確立されていませんので、使用は禁忌とされています。高齢者(65歳以上)の方の場合は、特にリスクがあるという訳ではありませんが、臨床試験のデータがないため、効果がない可能性もあります。

>AGA型脱毛症以外の脱毛症の人

ミノキシジルはAGA型脱毛症に効果がある医薬品のため、他の脱毛症の人が使用することは控えるようにしてください。また、家族にAGA型脱毛症がいない人の場合もAGA型脱毛症ではないと考えられるので、使用しない方が良いでしょう。

併用を避けるべき薬

血圧や心臓、腎臓の薬

重篤な副作用がある訳ではありませんが、ミノキシジルは血圧を下げる効果があるため、これらの薬品に対して作用する可能性も考えられるからです。

その他

効果が実感できない場合

ミノキシジル外用薬を1年ほど使用しても全く改善されない場合は使わない方が良いでしょう。また、使用を開始してから脱毛範囲が広がった、抜け毛の量が増えたなどの症状があった場合にも使用を中止し、専門医に相談しましょう。

関連記事