パントガールの効果

TOP » 治療薬 » パントガールの効果
[記事公開日]2018/02/22
[最終更新日]2018/03/02
319 views

パントガールの効果について

女性専用の薄毛治療薬パントガールは、不足した栄養を毛髪に送る効果があります。そのため、傷んだ髪の毛を修復し、強い髪を生成することができるのです。そのことから、抜け毛や薄毛の治療薬として効果があることで知られています。

パントガールの発毛効果

女性の薄毛で代表的なものが「びまん性脱毛症」です。ドイツのMerzPharmaceuticals社が、びまん性脱毛症の患者に対してパントガールを使って行なった臨床試験では驚きの効果がありました。パントガールを約3ヶ月間服用させた患者全体の70%の人に抜け毛の減少・20%の人には抜け毛がほぼゼロという効果があったと報告されています。つまり、服用した患者全体の90%に抜け毛に対しての改善効果があったのです。

これはAGA治療薬として有名なプロペシアに迫る勢いです。びまん性脱毛症のびまんというのは「均等」という意味があり、女性は髪の毛が全体的に薄くなるのが特徴です。その原因はさまざまですが、生活習慣(ストレス・食生活・ダイエット・パーマやカラーリング・出産)によるものが主とのこと。

パントガールには皮膚や毛髪や爪を作る主要成分の「L-シスチン」や「ケラチン」、毛髪を若々しく保つ「パラミノ安息香酸」といった髪に良いとされる成分ばかりが含まれています。

また、AGA治療薬にはつきものであった副作用に関しても、今までに報告がありません。女性が心配する体毛が「濃くなる」や「太る」ということも確認されておらず、安心して服用することができます。パントガールは女性の薄毛・あらゆる髪の毛の悩みを解消するために作られた治療薬なのです。

パントガールの薄毛改善率

パントガールは服用した患者の約90%に効果があったと報告されています。髪の毛に必要な栄養成分を配合している治療薬として世界で認められているパントガール。しかし、すぐに効果が出ないからといって服用を中止してはいけません。薄毛治療は男性女性ともに継続的に続けることが重要。最低でも3ヶ月は続けることが発毛のカギとなるのです。

他の薬との併用

パントガールだけでは効果を感じられないという方は、頭皮の外側からも治療を試してみると良いでしょう。頭皮に塗るタイプの治療薬で1番効果が高いとされているのはミノキシジルです。日本皮膚科学会でもおすすめされているミノキシジルには頭皮の血行を促進する作用があります。有効成分ミノキシジルが含まれる育毛剤としてロゲインやアクタビスが有名。パントガールで髪の毛に必要な栄養素を補給し、さらにミノキシジルを塗るときにマッサージをプラスすることで毛髪への効果はより期待できるでしょう。

薄毛改善以外の効果

パントガールに含まれている成分には発毛・育毛だけではなく、女性が喜ぶさまざまな効果があります。例えば、白髪を黒髪に戻す作用だったり、もろくなった爪を修復したりといった効果です。さらに「ビタミンB1」や「パントテン酸カルシウム」といった成分が糖の代謝を促し、エネルギーを作ります。そうすることで疲労回復や皮膚を正常に保つ効果もあるのです。まさに世の女性の味方だと言えるでしょう。

関連記事