パントガールの効果と使用時の注意点

TOP » 治療薬 » パントガールの効果と使用時の注意点
[最終更新日]2018/03/02
835 views

パントガール

女性の薄毛にも効果が期待できる「飲む育毛剤」

パントガールは、びまん性脱毛症など女性の薄毛にも対応可能な治療薬として、世界ではじめて効果と安全性が認められた医薬品です。頭皮のターンオーバーを正常に戻し、毛乳頭へ栄養を供給して発毛を促していきます。

パントガールとは?

世界ではじめて認められたびまん性脱毛症改善の内服薬

パントガールとは、ドイツの製薬会社によって開発された、びまん性脱毛症の侵攻を防ぐ医薬品です。これまで薄毛治療の内服薬といえば、AGAに特化した男性対象のものしかなく、女性の薄毛には外用薬か頭皮への注入法しか治療の選択肢がありませんでした。そこにこのパントガールが登場したことによって、選択肢が増え費用面でも負担が減り、より手軽に女性の薄毛治療がおこなえるようになったのです。

またパントガールは、びまん性脱毛症に対する効果や服用の安全性が、臨床実験により世界ではじめて認められた医薬品でもあります。パントガールにはチアミン(ビタミンB1)やL-システン、ケラチンなど6つの有効成分が配合され、毛乳頭へ髪を作るのに必要な栄養素を供給し、頭皮のターンオーバーを正常に戻すことで、発毛を促し薄毛を改善する効果が期待できる薬です。

パントガールが有効な部位

パントガールは女性の薄毛治療の内服薬です。女性の薄毛の特徴である、びまん性脱毛症に有効とされています。びまん性脱毛症は全体的に抜け毛が出て、頭頂部やつむじのあたりが薄くなっていくのが特徴です。また、全体的に毛が細くなるため、男性型脱毛症のようにM字ハゲになることはほとんどありません。

パントガールに含まれるケラチン、パントテン酸は髪質を改善し、細くなった髪をもとに戻してくれる役割を果たします。その結果、頭頂部の薄毛が改善されていくのです。さらに、パラアミノ安息香酸の働きによってメラノサイトが活性化し、白髪予防もできるといわれています。薄毛と白髪に悩む女性にとっては、ぴったりの薬といえるでしょう。

パントガールが対応できる脱毛の種類

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とは、別名女性男性型脱毛症(FAGA)ともいう、女性の薄毛症状です。部分的では無く頭髪全体が薄くなるのが特徴で、抜け毛が増え髪が細くコシがなくなるなど、主に更年期以降に発症しやすいとされています。

AGA型脱毛症

プロペシアが改善に効果を発揮するAGA型脱毛症(男性型脱毛症)とは、男性ホルモンの影響によって起こる薄毛症状です。主に前頭部と頭頂部から症状が始まり、進行性であることも大きな特徴といえます。

AGAが発症してしまう原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが毛乳頭細胞に存在する受容体と結合してしまうことにあるといわれています。DHTが結合すると毛乳頭細胞の活動を萎縮させ、ヘアサイクルを狂わせ毛髪の成長期を終了させてしまいます。すると成長を阻害された髪は、太く長く成長する前に抜けてしまうようになり、細く短い髪だけが残り全体として薄毛が目立つようになってしまいます。

このDHTは5α-リダクターゼ(5α還元酵素)によって男性ホルモン(テストステロン)から生成させることがわかっています。

慢性休止期脱毛症

私たちの髪の毛は、毛周期(ヘアサイクル)を繰り返すことによって再生し続けています。慢性休止期脱毛症とは、本来成長期にあるべき髪までもが、ストレスなどの原因で一斉に脱毛する休止期に入ってしまうことで起こる症状です。

パントガールが対応できない脱毛の種類

円形脱毛症

円形脱毛症は、頭髪の一部が円形、または楕円形状に脱毛する薄毛症状です。主に過度なストレスが原因で発症するとされています。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は、皮脂が毛根に詰まり炎症を起こすことで起こる脱毛症で、頭皮に皮脂が過剰分泌されることが原因となります。

抜毛症

抜毛症は、髪の一部を自分で抜いてしまう事で起こる症状です。幼少期の癖ともいわれますが、こちらもストレスが原因とされています。

薄毛に有効なパントガールの配合成分

6つの有効成分が頭皮のバランスを正常にし発毛を促す

パントガールには、以下の6つの有効成分が含まれています。

●チアミン(ビタミンB1)

糖からエネルギーを作り、皮膚や粘膜の健康維持をサポートします。また、免疫機能や血液循環の向上も助ける働きがあります。

●パントテン酸カルシウム

脂肪の代謝を促し、副腎で抗ストレス物質の副腎皮質ホルモンを作る成分。皮膚の形成や髪の毛を正常な状態にする作用も持ちます。

●薬用酵母

ビール酵母から薬用として作られた成分で、ビタミン・アミノ酸・ミネラルなどを豊富に含み、抗炎症作用を持っています。

●L-シスチン

髪の主成分であるケラチンを構成するアミノ酸で、髪の毛や爪、皮膚などを健康に保つ働きを持ちます。

●ケラチン

髪の毛の90%を構成するたんぱく質で、18種類のアミノ酸が結合してできています。

●パラアミノ安息香酸

髪の毛や皮膚、肌の老化を予防する効果が期待できる成分です。また、細胞分裂を促す葉酸の生産に、不可欠なものでもあります。

効果の現れ方

服用開始~3ヶ月

抜け毛の減少はあるものの目立った変化はあまり感じられません

服用し始めてから3ヶ月くらいまでは、抜け毛の量が減る効果が見え始めますが、毛量に関しては特に目立った変化というのは感じづらいとされています。これはヘアサイクルに関連していて、効果が見えないと諦めるには早いようです。

3~6ヶ月

パントガールの効果が実感できる目安の時期となります。特に損傷した髪の修復がなされることで、髪の毛のツヤやコシが出てきたことを実感しやすくなります。また、美容師さんなど他の人からも変化を指摘されるようにもなるようです。

6ヶ月~1年

服用することで発毛してきた髪が伸びてきて、地肌が見えにくくなってきます。健康で強い髪が増えるのでボリューム感も生まれ、かなり改善していることを実感できるとされています。また、白髪が少なくなったと感じる人も。

処方される方法

病院での処方

薄毛の治療をおこなっている病院を受診し、医師の診断を受けてから受付で院内処方されたパントガールを受け取ります。

メリット

AGAの治療薬として高い効果が期待できるパントガールですが、副作用などのリスクもあるとされています。病院では、専門の知識を持った医師が状態に併せて処方してくれるので、安心・安全に服用できる確かな薬を入手できます。

処方してもらった薬で、万が一副作用などのトラブルが起こった場合でも、すぐに専門医に相談ができるというのも、病院で処方してもらうメリットです。育毛に関するアドバイスも受けられるので、やはり安心感があります。

デメリット

病院でパントガールを処方してもらう場合、保険適用外ですので価格が高く、治療費も加算されるため費用がかかります。

長期的に服用する必要のある薬ですので、定期的に処方してもらうために来院しなければならないというデメリットがあります。

個人輸入業者からの購入

個人輸入代行業者のサイトにアクセスし、そこからネット注文をおこない自宅へ配送してもらいます。ただし、手元に届くまで時間がかかります。

メリット

パントガールを病院で処方してもらうよりも、安く購入できることが最大のメリットとされています。

個人輸入の場合はネット注文となりますので、自宅で好きな時間に発注することができ、定期的に来院するような手間はありません。

デメリット

業者によっては、正規品では無く偽造医薬品を並べている場合もあるため、信頼できる業者を見極めるのが大事になります。

個人輸入をおこなう場合は、全てのことに関して自己責任ということになり、万が一トラブルがあっても、誰にも対応してもらえません。

用量・用法について

継続して服用する

パントガールで発毛の効果を得るためには、約半年ほど1日3錠を守って毎日継続して服用していく必要があります。

服用する時の飲み物について

お薬全般にいえることですが、常温の水で飲むのがベストとされています。ジュースや牛乳などは成分の吸収率が悪くなるためです。

飲むタイミングについて

成長ホルモンは夜睡眠時に活発になりますので、夕食後のタイミングで服用するのがおすすめとされています。

パントガールを服用する上での注意点

やめどきを早まらない

パントガールを服用して薄毛が改善したからといって、すぐに服用を中止してしまうのはいけません。効果が出てから状態が安定するまで更に6ヶ月ほど必要ということですので、やめどきを早まらないことが大切になるようです。

有効成分が熱に弱い

パントガールに含まれている有効成分は、熱が加わると身体に吸収されづらくなるという特徴があります。ですので、薬を飲む時は温かい飲み物や食べ物を同時に摂取しないようにするといった、注意も必要となるそうです。

服用を控えた方がいい人

●妊娠中、もしくは妊娠している可能性がある女性

妊娠中や妊娠の可能性のある方、もしくは授乳中の方は、服用の安全性が確認されていないので服用は控えた方が良いとされています。

●未成年

同じく12才未満の未成年に対しても、服用の安全性に関する臨床実験がおこなわれていないため、服用は控えるよう注意されています。

他の薬との併用

育毛剤や風邪薬などの併用について

一般的な風邪などの抗生剤をはじめ、便秘薬や花粉症などの抗アレルギー薬、頭痛薬などとも併用が可能とされています。しかし日常的に薬を服用している方は、念のため医師や薬剤師に相談してから服用を決めるとより安心できます。

関連記事