治療費用と相場は?

TOP » 治療薬 » 治療費用と相場は?
[最終更新日]2018/06/12
420 views

治療費用と相場は?

電卓

AGA治療に必要とされる費用の相場とはどのくらい?

病院で治療をはじめるにあたって、やはり気になるのは費用の問題ではないでしょうか。そこでここでは、AGA治療に興味を持たれている方に向けて、AGAを治療するのにかかる費用について、治療法別に金額の相場をまとめてみました。

治療に必要な費用

AGAの対策法によってかかる費用が変わってきます

AGAを改善するための対策法には、セルフケアでおこなえる育毛剤などを使った対策と、サロンや病院で受けられる治療があります。そして費用ですが、選択する方法によって違いが現れます。

例えば、セルフケアで育毛剤などの製品を利用する場合は、製品によって価格が異なりますし、一般病院や専門クリニックでの治療は保険適用外の自由診療であることから、病院ごとに治療費の提示は異なってきます。また、自宅でのセルフケアの場合は製品の価格のみになりますが、病院では初診料や検査代といった処方以外の費用がかかる場合があります。ただ費用はかかりますが、自分に合った根本的な改善をおこなうには、病院での治療が一番リスクが少なく、有効であると思われます。

治療場所ごとの費用相場

自宅・サロン・病院とAGA治療の対策方法別に、改善のために必要な費用の相場をご紹介していきます。

育毛剤など自宅でできる治療の相場

市販の育毛剤や治療薬を個人輸入して使用する場合は

初期費用:1,000円~9,000円

月々にかかる費用:1,000円~9,000円

が相場とされています。購入する製品によってかかる費用は異なってきますが、他の治療法と比較すると安価であることがわかります。しかし、個人輸入はトラブルがあっても自己責任となり、リスクが高いというデメリットもあります。

自宅治療のメリット・デメリット

市販の育毛剤や治療薬を個人輸入するメリットは、誰にも知られず自宅で行えることです。たとえ薄毛治療の専門家が相手とはいえ、他人に相談するのは恥ずかしいと考える方は多いもの。市販されている育毛剤なら副作用の心配も少なく気軽に試すことができますが、医薬品ほどの効果は期待できないでしょう。

また、個人輸入の医薬品は安価で手に入るため良いように見えますが、使用して万が一副作用が出てしまった時に健康を害してしまう恐れがあります。副作用の治療にかかる費用や取り返しのつかない健康被害の可能性を考えると、安易に手を出さないほうが無難と言えるでしょう。

育毛サロンの相場

育毛サロンで薄毛改善の施術を受ける場合は

初期費用:0円~15,000円

月々にかかる費用:10,000円~300,000円

が相場とされています。施術コースで金額が大きく変動しますが、キャンペーンなどを活用すると意外に安く施術を受けることも可能です。ただし、育毛サロンでは、病院でおこなうような医療行為となる治療はできません。

育毛サロンのメリット・デメリット

育毛サロンでは頭皮ケアや生活習慣の改善で薄毛改善を目指すことができます。市販品より効果が期待できる育毛製品を購入できることや、医療機関よりくつろげる空間で治療を受られるのも育毛サロンのメリット。

デメリットとして、確実な育毛効果が期待できないことや施術によっては高額な費用がかかることが挙げられます。

一般病院の相場

一般的な病院の皮膚科でAGA治療を受ける場合は

初期費用:12,000円~15,000円

月々にかかる費用:8,000円~15,000円

が相場とされています。一般病院で提供されているAGA治療は、基本的に治療薬の処方になります。医師による処方薬ですので、個人輸入のようなリスクの心配がなく、服用に対する安心感があるのが特徴と言えます。

一般病院のメリット・デメリット

一般病院のメリットは、AGA専門の病院より安い価格で医薬品を処方してもらえることです。また、月1回の通院が必要なAGA専門病院に比べ、1ヵ月~半年に1回程度の通院で済むので通う手間を省けます。

ただし、治療薬の処方は基本的なもののみ。個人の症状に合わせて治療薬を処方する専門病院と比べると、期待できる効果はあまり高くありません。また薄毛治療の症例数が少ないので、AGA治療に関する知識が乏しい医師も多いそうです。

AGA専門病院の相場

AGA治療を専門とした病院で治療を受ける場合は

初期費用:20,000円~30,000円

月々にかかる費用:10,000円~30,000円

が相場とされています。専門医療機関だけあって、発毛を目的とした専門治療が受けられ、病院によっては一人一人の状態にあったオーダーメイド治療を提供しているところもあり、その分費用も高額となっています。

AGA専門病院のメリット・デメリット

AGA専門病院のメリットは、薄毛治療のエキスパートによる治療が受けられることです。抜け毛予防や発毛効果が高く期待できる医薬品を、自分自身の症状に合わせて処方してもらえるので、早期改善が期待できます。

他の治療法と比較すると費用が高額だったり、毎月の通院が必要だったりといったデメリットもありますが、できるだけ早く、そして確実に薄毛を改善したいと思っている方におすすめです。

治療法別の費用相場

飲み薬・塗り薬・注射など、AGAの治療法別にかかる費用の相場についてまとめたものをご紹介します。

飲み薬の相場

AGA治療薬として一般的なのが、「プロペシア」というフィナステリドを有効成分とするお薬です。プロペシア錠の相場は、1ヶ月分(28錠)の処方で7,000円~10,000円くらいとされています。ただし、後発剤であるジェネリック医薬品を選択すれば、約2,000円以下と費用を抑えられますし、オリジナルで処方されたオーダーメイド薬になると、もっと高額になる場合もあるそうです。

塗り薬の相場

頭皮に直接塗っていく外用薬には、ミノキシジルという毛細血管の血行を良くし、毛母細胞を活性化する作用のある成分が配合されています。ミノキシジル配合の外用薬では「リアップ」「ロゲイン」などが有名で、病院でも一般的に処方されています。これらの費用相場は1ヶ月の処方で、「リアップ」が5,000円~8,000円、「ロゲイン」が2,500円程度とされています。

注入治療の相場

頭皮に薬剤を注入していく治療には、「メソセラピー療法」と「HARG療法」の2種類が挙げられます。費用の相場は「メソセラピー療法」が15,000円~30,000円、「HARG療法」が80,000円~150,000円とされています。コースにすることで費用が抑えられる場合もありますので、治療方法を相談される際には、その点もチェックしておいた方がお得かもしれません。

植毛の相場

発毛や育毛が期待できない部位に髪を移植する治療が植毛です。植毛には、自分の髪を薄くない部分から薄い部分へ移植する「自毛植毛」と、人工的な髪の毛を植え込む「人工毛植毛」があります。どちらの植毛を選ぶかで費用が大きく異なるのが特徴です。「自毛植毛」で1,000本の毛を移植する場合は約900,000~1,000,000円、人工毛を1,000本植毛する場合は約260,000円の費用がかかるそう。他の治療法と比べて多額の費用がかかりますが、すぐに薄毛問題を解消できるのが魅力です。

安全で効果の高い治療をオススメ

費用だけではなく安全性や効果も
チェックしましょう

以上で紹介したように、費用だけで見るならば個人輸入などで育毛剤や治療薬を購入した方が、お得であると言えます。けれども、本気でAGAを改善させたいならば、費用だけを見るのではなく安全性や効果の高さなどもしっかりと検討しなければいけません。いくら安価であっても、効果がないもしくは悪化してしまった、ということになっては意味がありません。トラブルを最小限にし、安全で高い効果を得るためには、AGA治療専門病院がベストな選択のようです。

関連記事