プロペシア服用時にお酒を飲んでも大丈夫?

TOP » 治療薬 » プロペシア服用時にお酒を飲んでも大丈夫?

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

プロペシア服用時にお酒を飲んでも大丈夫なの?

ビールで乾杯

AGAの治療薬・プロペシアを服用していると飲み合わせや食べ合わせが気になるもの。特にお酒好きな人にとっては、アルコールを飲んでも問題ないのか心配です。プロペシアとお酒の組み合わせは問題なのか、どのくらいの量ならいいのかを解説します。

お酒を飲んでもOK

基本、アルコール摂取しても大丈夫です。副作用や効果が弱まるといった報告はされておらず、プロペシアの説明書にも飲酒に関する注意事項は記載されておりません。他の飲食物に関する注意もないため、プロペシア服用に関して食べ物や飲み物で注意すべきものはないと考えてよさそうです。

プロペシアは他の薬と併用しても問題ないとされているため、食べ物や飲み物では大きな影響が考えにくいでしょう。プロペシアを作っている会社・MSDが提供している情報にも、胃潰瘍の薬・オメプラゾールと併用した結果、相互作用は認められなかったと記載されています。

参照:プロペシア錠添付文書

参照:プロペシアインタビューフォーム

飲み過ぎはダメ

基本的には問題ありませんが、飲み過ぎには注意です。プロペシアを服用している間、アルコール摂取量を一定量超えてしまうと、以下のようなリスクが考えられます。

肝臓に負担がかかる

アルコールは肝臓で分解されていますが、実はプロペシアも肝臓で分解されます。ただでさえ日頃プロペシアの服用で肝臓へ負担をかけているにも関わらず、アルコールによりさらなる負担をかけることとなります。これだと肝臓はフル活動状態です。

肝臓が耐えきれれば良いですが、大量のアルコールが押し寄せてしまうと肝臓が分解しきれなくなり、肝機能障害を起こす可能性があります。

肝機能障害になると、プロペシアの分解が悪くなるどころか健康状態にも影響を及ぼしかねません。肝硬変や肝臓がんへ悪化する可能性もありますので飲み過ぎは注意です。

特に、肝臓の病気になった人・お酒が原因で病気になった人は、大量のアルコール摂取は控えるようにしましょう。

服用を忘れる可能性アリ

お酒を大量に飲んで記憶を無くした経験がある人は多いでしょう。その結果、プロペシアの服用を忘れてしまう人がいます。プロペシアは毎日服用し続けることで効果が期待できる薬です。忘れてしまっては元も子もありません。

また、飲む量を間違えてしまう可能性もあります。プロペシアは1日1mgが基本で、それ以上の服用は強い副作用が出る可能性があり危険です。サプリメントではなく薬なので、服用量の間違いは絶対起こらないようにしましょう。お酒を飲むのは夜になる可能性が多いため、朝か昼に飲む習慣をつけていると避けられる問題だと思います。

1日の推奨量はビール500ml以下

1日の一定量はどのくらいなのでしょうか。厚生労働省では健康的な人の推奨量を以下のように定めています。

「節度ある適度な飲酒」としては、1日平均純アルコールで約20g程度である旨の知識を普及する。

引用元: 厚生労働省「アルコール」

アルコール20gとは、ビールや酎ハイなら中瓶500ml1本、焼酎・日本酒なら180ml、ワインなら120mlといったところ。しかし、これはプロペシアを服用していない人の場合なので、プロペシアを服用している人はこれより少なめの量を基準にするとよいでしょう。

お酒が髪の毛へ与える影響

「プロペシア服用時にお酒を飲んでも問題ないが大量摂取は気を付けたほうがいい」とお伝えしてきましたが、お酒は問題ないと安心するのは少し早いかもしれません。ここでは、肝心の髪の毛にお酒がどう影響するのかを簡単に解説します。

髪の毛を作るアミノ酸が減る

一言で伝えると、お酒を飲むほど髪の毛の栄養が減っています。

アルコールを分解する時、システイン・メチオニンというアミノ酸が使われます。この2つのアミノ酸は髪の毛を形成する働きを持っているアミノ酸で、髪の毛を元気に育てるために大切な要素です。株式会社わかさ生活のサイトでも以下のようにメチオニンを紹介しています。

メチオニンは、毛髪の健康はもちろん、薄毛や男性型脱毛症、抜け毛対策を考える上でも重要視されている要素となっています。

参照:わかさの秘密

  • 髪の毛の栄養素が吸収されにくくなる
    ビタミン・亜鉛・マグネシウムなど、髪の毛の栄養素がアルコールにより吸収されにくくなります。

アルコールには以下の作用があります。

  • 胃腸の栄養を吸収する細胞を弱らせる
  • 利尿作用がある

推奨はしないけどストレスを感じるなら適度に飲もう

プロペシア服用時の飲酒は問題ないが、お酒自体が髪の毛に良くないとわかりました。ただ、お酒を我慢することで大きなストレスを感じるのであれば、適度に嗜むのは良いことだともいえます。

  • 1日500ml以下
  • 時間をかけてお酒を飲む
  • 肝臓にいいものを食べる(しじみ、牡蠣、ウコン、ごま)

といった工夫を取り入れつつ、気楽に治療を続けていくことが大切です。

関連記事