AGA治療の副作用を調査!気をつけておくことは?

TOP » 治療薬 » 副作用の危険性は?

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

副作用の危険性は?

ストレス

治療を受ける上で知っておきたい副作用について

AGAの治療は薄毛改善に高い効果が期待できる方法です。でも、効果が高いということで心配になるのが、副作用の有無についてだと思います。そこでここでは、AGA治療の効果とあわせて知っておきたい副作用についてご紹介していきます。

AGAの治療内容それぞれの副作用の紹介

AGA治療にはどんな副作用が懸念されているのでしょうか?それでは、治療に使用されている育毛有効成分に指摘される副作用について、治療法別にご紹介していきましょう。

投薬治療

投薬治療に使用される成分の副作用について

AGA治療には、薬を服用したり頭皮に塗ったりする投薬治療があります。その内服薬や外用薬には、AGA改善に有効な成分が配合されているのですが、効果が高い分副作用についても以下のようなものが指摘されています。

フィナステリド(プロペシア錠)…性欲の減退・勃起不全・精子の減少など

ミノキシジル(外用薬)…湿疹・かゆみ・倦怠感・頭痛・むくみなど

医師の処方薬で副作用が起こる確率は極めて低いですが、起こる可能性はゼロではありませんので、知っておくことで対処がしやすくなります。

注入・浸透治療

直接有効成分を頭皮に注入するためリスクは低い

注入・浸透療法である「メソセラピー療法」「HARG療法」ともに、注入する薬剤には投薬治療と同じく、フィナステリドやミノキシジルが配合されています。そのため、投薬治療と同じ副作用が懸念されるのですが、服用するタイプの薬よりも副作用のリスクは低いとされています。ただ、注入箇所からごく少量の出血が見られたり、頭皮が赤くなったりする場合もあります。気になるときは必ず担当の医師に診てもらうようにしましょう。

副作用の症状

AGA治療をおこなう上で、いくつかの副作用が起こる可能性が指摘されています。では、万一副作用が出てしまった場合、どのような症状となって現れるのかをご紹介していきましょう。

性欲減退・ED

AGA治療では、要因となっている男性ホルモンの生成を抑制していくため、性欲が低下してしまったり、勃起機能が低下してしまうことがあります。日常生活には問題ありませんが、お子さんを考えている方は治療の時期をずらした方がよいでしょう。

じんましん・かぶれなど

薄毛を改善するために、血行をよくするのは有効なことではありますが、一方で頭皮には刺激になってしまう可能性があります。そのため、頭皮にじんましんやかぶれなどといった、皮膚トラブルを引き起こしやすくなってしまうのです。

うつ

発症率は1%程度と非常に少ないのですが、副作用としてうつ症状が出る可能性もあります。やる気や活気を促す働きも持つ男性ホルモンが治療で抑えられてしまうため、気分が沈むうつ症状が現れやすくなると言われています。

肝機能障害

治療薬を服用することで、少なからず肝臓に影響が出るとされています。健康な状態であれば副作用の心配は非常に低いと言えますが、肝機能に不安がある方などは影響が出やすいと考えられます。事前に医師に相談するようにしましょう。

医師の処方のもと治療をおこなうことがオススメ

治療薬の使用は医師の処方でリスクを軽減しよう

AGAの治療薬は、個人輸入などで購入することもできます。しかし、そうした薬には偽物や粗悪品なども含まれている危険性があり、また過剰摂取にもつながるため副作用のリスクが高まってしまいます。そして起こってしまったとしても、全て自己責任となり何の保証もされないのです。AGAを改善するためには、専門の医師に身体や頭皮の状態を診察してもらい、自分に合った用量・用法の治療薬を処方してもらうのが、副作用リスクの軽減ともなりますので、オススメとなります。

関連記事