AGA治療の方法とは?

TOP » 治療薬 » AGA治療の方法とは?

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

AGA治療の方法とは?

診察

AGA治療にはどんな方法があるのか?

最近テレビCMでも盛んに紹介されていることから「AGA(男性型脱毛症)は病院で治せる」ということが広く知られるようになりました。しかし、具体的にどういった治療が行われるのかまでは、まだ知らない人も多いのではないでしょうか?このページでは、AGAの治療方法の種類と特徴についてまとめています。

また、AGA治療は原因ごとに考える必要があるためAGAの原因についてもここで説明しています。それでは、詳しくチェックしていきましょう。

AGAの治療内容

AGAの治療には、大きく分けて2つの方法があります。1つ目は、発毛・育毛効果のあるAGA治療薬を使った投薬治療。もう1つは、植毛や注入治療に代表される、クリニックの発毛施術です。

投薬治療

発毛・育毛を促す内服薬や外用薬でAGAを治療

発毛、育毛効果を持つAGA治療薬を使った治療方法です。薬には内服薬と外用薬があり、代表的なものでは「プロペシア」「ミノキシジル」などがあげられます。そのほかにも、比較的新しい「ザガーロ」や、クリニックが独自に成分を配合したオリジナル治療薬などもあります。薬の種類によって、抜け毛の原因を阻害するもの、血行を促進するものなど、効果はさまざま。効き方や副作用の傾向も違うので、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

専門の発毛施術

植毛や注入療法など、外的施術による治療メニュー

AGAのクリニックで行われている、専門的な発毛治療です。発毛成分や各種栄養素を頭皮に直接与える注入療法や、AGAの影響を受けない後頭部などの毛根を薄毛部分に移植する自毛移植など、そのメニューはクリニックによってさまざまなものがあります。AGAの進行状況にもよりますが、中には高額な治療費がかかるものも。もちろん、それだけ大きな効果が期待できる可能性もあります。

AGAの原因

AGAにはさまざまな治療方法がありますが、最適な治療方法は一人ひとり異なります。薄毛の原因がわからないままでは、どんな名医であっても適切な治療を行うことは難しいはず。そのため、AGA治療の第一歩は、まず自分の薄毛の原因をしっかりと把握することだといえるでしょう。

男性ホルモンの影響

男性ホルモン「テストステロン」は、5a-リダクターゼ(5a-還元酵素)によって「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質に変化します。このDHTは毛母細胞に結合しヘアサイクルを乱して、脱毛を促進させるとともに発毛・育毛をも阻害してしまうもの。前頭部や頭頂部などは、特にDHTによる影響を受けやすく、薄毛の症状が現れやすくなります。

遺伝

DHTを生成する5aリダクターゼ(5a還元酵素)の量は、遺伝的な要素に大きく関係していると言われています。5aリダクターゼの量が多ければ、それだけDHTが多く生成されやすいということなので、AGAを発症する危険性も高くなるわけです。男性ホルモンに対する感受性が関係していることから、どちらかと言えば母方の遺伝子による影響が大きいとされています。

ストレス

様々な病気の原因とされるストレスですが、薄毛の要因にもなっていることがわかっています。過度なストレスがかかると、自律神経やホルモンバランスが崩れがちに。身体の血液循環が悪くなり、頭皮や毛根に十分な栄養が運ばれづらくなるため、髪の毛が作られるのを阻害したり、髪が抜けやすくなったりするとされています。

生活習慣

生活習慣の乱れや偏った食生活は、髪や頭皮に悪影響をおよぼす可能性があります。栄養面においては、タンパク質やビタミン、ミネラルといった栄養素は、髪の毛の維持のために不可欠なもの。これらが不足してしまうと、健康な髪を作ることができなくなってしまいます。

また、食べ過ぎ、飲みすぎも内臓に負担をかけてしまい、薄毛の原因になってしまう場合があります。栄養をバランスよく摂取するだけでなく、量や時間などにも気を配って、規則正しい食生活を心がけましょう。

睡眠不足や運動不足、不十分な(もしくは誤った)頭皮ケアや喫煙習慣、こういった習慣も、髪の毛にとっては大敵といえます。特に、タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させて頭皮への栄養供給を阻害してしまうため、薄毛の原因となる可能性は高いと言えるでしょう。

ほかにも薄毛の原因となりうるものは多々ありますが、普段から健康的な生活を送ることを心掛けることが重要です。

まずはクリニックに相談してみましょう

専門的な発毛施術はクリニックでしか受けられませんが、治療薬を使った治療においても、やはり自分にとって最適なものを選ぶ必要があります。そのためにも、まずは専門医に相談してみるのがおすすめ。各種検査や専門医による客観的な診断を受けることで、治療を効果的に進められるだけでなく、薬の副作用などのリスクから身を守ることにもつながります。

近年ではAGAに関する研究も進み、治療薬や治療方法の種類も多様化が進んでいます。そして、AGAの原因や進行状況、頭皮の状態や体質に合わせて、適切な治療方法を選択することが重要です。

専門的な発毛施術はクリニックでしか受けられませんが、治療薬を使った治療においても、やはり自分にとって最適なものを選ぶ必要があります。そのためにも、まずは専門医に相談してみるのがおすすめ。各種検査や専門医による客観的な診断を受けることで、治療を効果的に進められるだけでなく、薬の副作用などのリスクから身を守ることにもつながります。

治療薬のオーダーメイド処方やオリジナルの施術メニューを行っているクリニックであれば、きっと自分にとって最適な治療方法を提案してくれるでしょう。

自己判断は危険な行為

ぜひ覚えておいてほしいのは、薄毛の原因を自己判断し、個人輸入などで入手した薬で治療を進めるのは危険な行為だということです。

今ではインターネット通販などで簡単にAGA治療薬を購入することが可能ですが、薬である以上、副作用のリスクは避けることができません。その上、万が一自分の症状、原因に適していない薬を飲み続けた場合、AGAが改善しないばかりか、逆に悪化させてしまうことも考えられます。

クリニックでおこなわれているAGA治療は、専門医によるれっきとした医療行為です。血液検査などで遺伝的要因、体質的要因からアプローチできるのも医療行為だからできること。カウンセリングを無料でおこなっているクリニックもあるので、まずは相談してみることからはじめましょう。

関連記事