20代女性薄毛事情と治療方法

AGA LABO » 女性の薄毛 » 20代女性薄毛事情と治療方法

【登録日:

- 登録日:

20代女性の薄毛治療

20代女性の薄毛はどういった症状が出るのか、また薄毛が進行する原因について解説しています。対策法も3つ紹介しているので、薄毛に悩んでいる20代女性に役立つ情報が満載です。

頭を抱える女性

20代女性の薄毛とはどんな症状?

かつては男性特有の悩みとして認識されていた薄毛ですが、最近では更年期を迎えた女性、さらに更年期など遠い未来にあるはずの20代の女性までが薄毛の悩みを抱えているだとか。

20代の女性は、ホルモンや毛母細胞の都合から考えると、まだ髪の毛が抜けるはずがありません…。それでも薄毛に悩むということは、何か具体的な原因があってのこと。

実はその原因、まさに現代ならではのアレ。今はそれほど悩んでいない人でも20代女性でも、薄毛になる可能性は十分にあるのです。では早速、原因から見て行きましょう。

20代女性の薄毛の原因は主に3つ

20代女性の薄毛の主な原因は、「ストレス」「食習慣の乱れ」「ヘアケアによるダメージ」の3つ。それぞれ具体的に見ていきましょう。

ストレスによる薄毛

ストレスを抱えると自律神経が乱れがち。その結果新陳代謝も乱れ、頭皮の皮脂が過剰に分泌し、ヘアサイクルにも異常をきたすということも。

これらが悪化すると、20代の女性でも抜け毛や薄毛と言った症状があらわれます。昔とは異なり、今や20代で仕事をやめて専業主婦となる女性は多くはありません。仕事をしている以上は、どんな人でも大なり小なり、仕事上のストレスや人間関係におけるストレスを抱えていることでしょう。頑張れ、20代女性。

食習慣の乱れによる薄毛

好きなモノばかりを食べて栄養が偏ったり、または極端なダイエットによって栄養不足に陥ったりすると、髪の成長に必要な栄養素が不足して抜け毛・薄毛に進行することがあります。 体に摂り入れられた栄養素は、生命の維持に必要な部分から優先的に使われていきます。しかし髪の毛は生命の維持にはほぼ関わりがないので、栄養が届くのも後回し。摂取した栄養の絶対量が少ない場合は、髪の毛にはほとんど栄養が届きません。

ヘアケアによるダメージの薄毛

適度なヘアケアであれば問題はありませんが、過度なヘアケアは抜け毛・薄毛の原因にもなりかねません。特にカラーやパーマは、想像以上に頭皮にダメージを与えます。長期的には毛母細胞に影響を及ぼすとされているため、薄毛を予防するにはオシャレも適度にしておいたほうが良さそうです。

また洗浄力の強すぎるシャンプーは、頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまうこともあるので、強く洗い流すのは苦い過去の恋愛だけにしておきましょう。

20代女性の薄毛対策3つの基本

「ストレス」「食習慣の乱れ」「ヘアケアによるダメージ」が20代女性の薄毛の3大原因。ではこれらを改善して薄毛を対策するにはどうしたら良いのでしょうか。

ストレスの解消

ストレスを感じてしまうことが問題はなく、継続的にストレスを抱えていることが問題です。定期的にストレスを解消することが、大事な薄毛対策となります。 ストレスを解消するためには、自分が自由に使える時間を確保することが大事。常に仕事のことばかりを考えていると、ストレスは解消されません。残業もほどほどにし、休日をしっかり取り、仕事とは全く違うことに没頭できる時間を作りましょう。

食習慣の見直し

まず、過度なダイエットは控えましょう。無茶をすれば、急激に薄毛が進行する恐れがあります。1ヶ月に1kg程度ずつ体重を落としていくのが理想的なダイエット。サプリメント等も利用しながら、栄養バランスを考えた無理のないダイエットを心がけていきましょう。また、たとえ十分な量の食事を摂っていたとしても、好きなものばかりを食べていると栄養バランスが偏ります。炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなどをバランス良く摂るようにしてください。

頭皮にやさしいヘアケアを

カラーやパーマを頻繁に繰り返すことは、あまりお勧めできません。どうしてもケアの回数を減らせないのであれば、美容院に相談して低刺激の薬剤を使ってもらうようにしてください。洗浄力の強いシャンプーを使っている人は、刺激の低いアミノ酸系シャンプーに替えることをおすすめします。

20代女性におすすめの薄毛治療

まずは上記のような対策をしてみましょう。自己治癒力の高い若い世代であれば、わずかな生活習慣の見直しでも、十分な効果が期待できます。しかし、周りから見ても明らかに「薄毛」と分かるレベルの症状であれば最後の手段として、クリニックで治療を受けたほうが良いでしょう。薄毛治療には大きく分けると下記の2種類があります。

投薬による薄毛治療

女性の薄毛改善を目的とした内服薬として「パントガール」、外用薬として「パントスチン」があります。いずれも美容クリニック等で処方しているので、悩んでいる人は相談に行ってみましょう。また薄毛治療に力を入れているクリニックでは、患者ごとの体質や髪質に合わせたオーダーメイド処方を行なっていることもあります。

施術による薄毛治療

薄毛の症状が著しく、なおかつ薬では改善が見られなかった人には、メソセラピーやHARG療法といった施術系の薄毛治療法も用意されています。いずれも頭皮に直接薬剤を注入する治療法で、施術を受けた人のほとんどが高い発毛効果を実感します。

投薬よりも施術の方が効果は大きいです。と言っても、自己治癒力の高い20代の頭皮であれば、多くの方が投薬で十分でしょう。クリニックにも商売ですから、最初から必要以上に高い治療を進めてくることもあります。治療費よりも、あなたの頭皮の状態を気にしてくれる良心的なクリニックが見つかると良いですね。

関連記事