60代女性が今すぐ取るべき薄毛対策

AGA LABO » 女性の薄毛 » 60代女性が今すぐ取るべき薄毛対策

【登録日:

- 登録日:

60代以上女性の薄毛治療

60代以上の女性を悩ませる薄毛。「年齢のせいだから…」と諦めてしまってはいませんか?美しくボリュームのある髪は、正しい対策や適切な治療で取り戻せるのです。こちらでは薄毛の原因ごとに、一人でできる対策法を紹介。より確実な効果を求める女性のために、おすすめの治療法もまとめました。

頬を触る女性

60代以降の女性に見られる老人性脱毛症

60代以降の女性に多く見られる薄毛が、老人性脱毛症(あるいは老人性疎毛症)です。老人性脱毛症はどのような原因で引き起こされるのでしょうか。

加齢の影響により引き起こされる老人性脱毛症

老人性脱毛症の主な原因は加齢の影響です。髪の毛は、毛乳頭細胞などが活発に働くことにより作り出されます。他の細胞と同じく、毛乳頭細胞なども加齢の影響を受けます。働きが鈍ることで、髪の毛を上手く作り出せなくなり抜け毛が増える、薄毛が進行するなどにつながると考えられています。

老人性脱毛症に影響を与えるもう一つの要因が、血行不良です。年齢を重ねると、毛細血管が劣化する、減少するので身体の隅々まで血液を届けられなくなります。あるいは、健康上の理由を抱えて血行が悪くなることもあります。髪の毛を育てる栄養などは血液によって届けられるため、血行が悪くなると髪の毛を育てにくくなります。この影響によっても、薄毛は進行すると考えられています。

老人性脱毛症の症状

老人性脱毛症の症状は、壮年男性に多い男性型脱毛症(AGA)と異なることが多いとされています。AGAでは生え際や頭頂部など局所が薄くなるのに対し、老人性脱毛症では頭部全体がゆっくり薄くなると考えられています。頭部全体が薄くなるのは、ヘアサイクルの休止期に入る髪の毛が多くなるからです。60代女性では、髪の毛の伸びが遅くなった、体毛も薄くなったと感じる方もいるようです。気になる点がある60代女性は、老人性脱毛症かもしれません。

一人で出来る老人性脱毛症対策

加齢の影響で現れる老人性脱毛症は、生理現象と考えることもできます。加齢とともに誰にでも起こりうる脱毛症なので、対処は難しいと考えられています。一人で出来る対処法として挙げられるのが、頭皮のマッサージなど血行を促進する取り組みや栄養バランスを整える取り組みなどです。60代女性の薄毛が加齢の影響だけで起きるわけではないので、気になる点がある方は女性の薄毛治療を行っているクリニックなどで相談してみてはいかがでしょうか。

60代女性の薄毛はFAGAの影響も見逃せない

60代女性の薄毛は、女性男性型脱毛症(FAGA)の影響も見逃せません。FAGAとはどのような脱毛症なのでしょうか。

AGAと同じメカニズムで起こるFAGA

FAGAは、男性型脱毛症(AGA)と同じメカニズムで起こる女性の薄毛です。AGAは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きでジヒドロテストステロンに変換されることで引き起こされます。

ジヒドロテストステロンが、毛乳頭細胞内のアンドロゲンレセプターという受容体と結びつくとヘアサイクルが乱れて髪の毛の成長期が短縮されます。これにより、髪の毛が太く、長く、育つことが出来なくなり生じる薄毛がAGAです(FAGAの原因、メカニズムは正確には分かっていません)。

女性の身体も男性ホルモンを分泌している

AGAの原因は、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されることです。男性ホルモンが原因なので、女性には無関係と感じた方が多いはずです。

男性ホルモンは男性しか分泌されないと思われがちですが、女性でも分泌されています。ただし、その量は男性に比べわずかです。わずかに分泌される男性ホルモンが、なぜ薄毛を引き起こすのでしょうか。

ホルモンバランスの乱れが影響

FAGAには、ホルモンバランスの乱れが関わっていると考えられています。具体的には、何かしらの原因で、女性ホルモンの一つエストロゲンの分泌が減ることが関わっているといわれています。

エストロゲンには、髪の毛の成長を促す働きや髪の毛の成長を保つ働きなどがあります。このホルモンの分泌が減ると、わずかに分泌される男性ホルモンの影響が強くなりFAGAが引き起こされて薄毛になると考えられているのです。

女性ホルモンの分泌は加齢とともに減る

ホルモンバランスは様々な原因で乱れます。60代女性に関わりが深い原因が加齢の影響です。女性ホルモンの分泌量は20代後半をピークに徐々に減っていきます。特に、影響を実感しやすいとされているのが40歳ごろからです。

この頃から薄毛を気にする女性も増えてくるといわれています。更年期に入ると女性ホルモンのバランスが大きく乱れることは多くの方がご存知のはずですが、女性の薄毛は少しずつ進行することが多いので、60代に入ってから目立ち始める方もいます。

FAGAの症状

AGAと同じメカニズムで起こるとされるFAGAですが、現れる症状は異なります。AGAは生え際や頭頂部が局所的に薄くなりますが、FAGAは頭部全体の髪の毛が細く、薄くなることが多いとされています。

AGAが進行すると頭皮は完全に露出しますが、FAGAで頭皮が完全に露出することはほとんどありません(男性と同じように局所的に薄くなるケースもあります)。一般的に、FAGAの方が症状は穏やかと考えられているのです。症状が穏やかな理由は、分泌量が減るとはいえ女性ホルモンの影響を強く受けるからです。

一人で出来るFAGA対策

FAGAはホルモンバランスの乱れが原因なので、ホルモンバランスの乱れを整えることが有効な対策になると考えられてます。何かしらの対策をたてたい方は、ホルモンバランスを乱す原因になる睡眠不足やストレスに気をつけるとよいかもしれません。

あるいは、女性ホルモン様の働きを期待できる成分を含む大豆食品を利用することなども勧められています。ただし、セルフケアには限界があります。本格的な治療を望む方は、女性の薄毛治療を行っているクリニックなどで相談しましょう。

60代女性に多いびまん性脱毛症

60代の女性は以上の原因などで薄毛になることが多いといわれています。いずれの原因にせよ、局所的に薄毛が進行するより頭部全体で薄毛が進行することが多いようです。

頭部全体に広がる薄毛を、一般的に「びまんせい脱毛症」と呼んでいます。びまん性脱毛症は、FAGAと同じ意味で用いられることもあります。

自分でできる対策はもちろん、専門クリニックで診てもらうとさらに安心です。正しい知識と対策で改善を目指しましょう!

関連記事