男女それぞれに表れる薄毛の症状の違い

AGA LABO » 女性の薄毛 » 男女それぞれに表れる薄毛の症状の違い

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

原因や対策方法…男女それぞれに表れる薄毛の症状の違い

「薄毛」という悩みは男女共通です。しかし、性別によって薄毛の症状にはで色々と違うことが。このページでは男女の薄毛の違いについてわかりやすく解説します。正しい知識を身に付けて薄毛と向き合っていきましょう。

頬を触る女性

男と女の薄毛…原因は同じではない

男性と女性で薄毛の原因や理由には違いがあります。年をとると男女問わずに薄毛の悩みを抱えがちではありますが、同じ対策をとっていたとしても必ずしも効果的とは言えないのです。

例えば、旦那さんが薄毛対策のために買った育毛シャンプーや育毛剤を借りて使っている方もいるのではないでしょうか。ですが、下手をすると逆効果になってしまう可能性も…。自分の薄毛の状態をよく把握し、性別に合った対策をとり入れていくことが重要です。

そこで、男と女の薄毛の違いについてチェックしてみましょう。

男女の薄毛の違いとは?

それぞれ性別によって次のような理由があって薄毛になります。

男性の薄毛

男性が薄毛になる大きな原因は、男性ホルモンの影響によるものです。男性の場合はAGAとも呼ばれる男性型脱毛症に悩んでいる方が多いのですが、これはDHTと呼ばれる男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが増加することによって発生します。DHTには毛乳頭を萎縮させる働きがあるため、髪の毛の成長に問題が出てしまうのです。特に生え際や頭頂部を中心に薄毛が進行するのが大きな特徴となります。また、特に一人暮らしをしている男性の場合、食事の内容が偏ってしまうこともあるでしょう。すると髪を作るために必要な栄養素が足りず、薄毛に繋がることがあります。

女性の薄毛

一方で女性に発生する薄毛の場合、加齢も原因の一つではありますが、それよりも大きな原因とされているのが生活習慣の問題です。おしゃれのために行っている方が多いパーマやカラーは髪や頭皮に負担をかけますし、無理な食事制限を伴うダイエットで髪の毛に十分な栄養素を供給できていない方もいます。また、日常生活でストレスを溜め込んでしまうとそれも薄毛の原因になります。

しかし、男性の中には薄毛が進行してスキンヘッド状態になってしまう方が多いのに対し、女性の中にはそういった方はほぼいません。これは、薄毛のメカニズムが違うことにより女性の場合は髪の毛が細くなることはあっても抜け落ちることがないからです。女性の中にはホルモンのバランスの乱れが薄毛の大きな原因になっている方もいます。閉経後は女性ホルモンの分泌量が著しく低下することによりホルモンバランスが大きく乱れることがあるので、特に気をつけておかなければなりません。女性ホルモンには健康な髪の毛を作る役割もあるため、分泌量が減ると薄毛になったり、髪のハリやコシがなくなるのです。

それから、美容に気を使うあまり必要以上のヘアケアをしてしまい、それが頭皮や髪にとって負担になって薄毛に繋がっている女性も少なくありません。そのため、ヘアケアの見直しも重要になってくるでしょう。

男女共通で行っておきたい薄毛対策

薄毛対策には様々な方法がありますが、その中には男女共通で行っておきたいものがたくさんあります。夫婦で薄毛対策にとり組む場合は次のようなものを実践してみましょう。

ストレス対策

ストレスを溜め込むと自律神経が乱れ、血管が圧縮されることによって血行不良が発生します。これにより頭皮に十分な栄養素が届かない状態になるため、趣味の時間を楽しむなどストレス解消方法を身につけましょう。

睡眠時間をしっかりとる

睡眠不足の状態が続くとストレスを感じやすくなり、薄毛に繋がることがあります。また、昼間に受けている頭皮へのダメージは寝ている間に回復されるため、睡眠時間が足りないとこれがうまくできなくなり、薄毛に繋がってしまうことがあるのです。

禁煙

タバコの中に含まれているニコチンには血管を収縮させる働きがあるため、血行不良を招きます。できる限り禁煙に努めましょう。

飲酒を控える

全く飲んでいけないわけではありませんが、過度の飲酒を行うと体内のタンパク質がアルコールによって不足し、髪の毛がうまく成長できない状態になります。

食生活の改善

私たちの体は日々食べるものによって作られています。そのため、食生活の中では髪を作るのに欠かせない良質なたんぱく質を含んだ食品を積極的にとり入れましょう。

男と女で違いのある薄毛対策

共通で行っておきたい薄毛対策についてご紹介しました。ですが、男性と女性で全く同じヘアケアを行えば良いわけではありません。特に女性が注意しておきたいのが洗いすぎに関することです。

頭皮には乾燥から守るための油分である皮脂があるのですが、あまりに洗浄力が強いシャンプーを選ぶと必要な皮脂まで流してしまう可能性があります。旦那さんと同じ育毛シャンプーを使っている場合は特に気を付けておきましょう。

男性の場合は頭皮の皮脂の過剰分泌が原因で薄毛に繋がることもあるため、皮脂を落とす強い成分が含まれていることが多いからです。女性の薄毛対策のためにはやはり女性用の商品をとり入れていくことが大切だといえるでしょう。

女性の方が薄毛を改善しやすい

男性に比べると女性の方が薄毛を解消できる可能性が高いです。男性の中には遺伝が原因で薄毛になっているケースも少なくありません。このようなケースでは食生活などに注意していたとしても自分でできる対策では思うような効果は得られないことも多いのです。一方で女性の薄毛の多くの原因が食生活の乱れや、生活習慣の影響にあります。これらをしっかりと改善できれば少しずつではありますが頭皮の状態も改善し薄毛改善も目指していくことができるでしょう。

ただ、自分で良かれと思っている対策の中に頭皮や髪に悪影響をもたらしているものもあるかもしれません。まずは自分が行っている対策が正しいのかどうか見直すところから始めてみたいですね。自分でできる対策をとり入れているものの、思うような変化が実感できない…ということであれば専門家のもとに行き、治療の相談をするのもおすすめ。薄毛というと男性の問題と考えている女性も多く、自分自身の髪の毛が薄くなってくると大きなショックを受けるはず。

最適な対策をとり入れるためにもクリニックで検査を受け、どのようなケアをとり入れていけばいいのか相談してみてはどうでしょうか。

関連記事