抜け毛が増えたのは年齢のせい?更年期と女性の薄毛の関係を解説

AGA LABO » 女性の薄毛 » 更年期と女性の薄毛の関係

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

抜け毛が増えたのは年齢のせい?更年期と女性の薄毛の関係を解説

更年期に入ってから抜け毛や薄毛が気になりだす女性は少なくありません。この時期に抜け毛や薄毛が気になるのはどうしてなのでしょうか。更年期と薄毛の関係を解説するので、思い当たる点がある方は参考にしてください。

頭を抱える女性

更年期は閉経を挟んだ前後10年間

更年期は、女性の身体に様々な変化が起こりやすい時期とされています。更年期とは、閉経前後約10年間のことです。閉経の年齢には個人差があるので、更年期を迎える時期にもやはり個人差があります。閉経を迎える一般的な年齢と言われているのが50歳ごろとされているので、45歳~55歳頃に更年期を迎える方が多いようです。

参考:『更年期・更年期障害とは?』小林製薬

更年期に入ると女性ホルモンの分泌量が低下する

更年期と密接な関係にあるのが閉経です。閉経とは、卵巣の活動が徐々に低下していき、月経が永久にストップすることを言います。一般的には、12カ月以上、月経が来ないことをもって閉経としています。更年期に入ると、卵巣機能が低下する為に女性ホルモンの分泌量が急激に減少します。この影響で、のぼせや発汗、冷え性、イライラ、抑うつ気分、腰痛、関節痛、食欲不振など様々な症状が現れます。更年期に現れる病気に伴わない症状を更年期症状、その中でも日常生活に支障をきたすものを更年期障害といいます。

参考:『更年期障害』日本産婦人科学会

更年期と女性の薄毛の関係

更年期に突入すると卵巣の活動性が低下するため、女性ホルモンの分泌量が急激に減少します。女性ホルモンの中でも、髪の毛の健康と深く関わっていると考えられているのがエストロゲンです。エストロゲンには、髪の毛の成長を促す働きやヘアサイクルの成長期をキープする働き、髪の毛を維持する働きなどがあります。このホルモンの分泌量が減ると、ヘアサイクルの成長期を維持できなくなるため髪の毛が弱々しくなる、ボリュームが低下する、髪質が悪くなるなどの症状が現れやすくなります。また、わずかに分泌される男性ホルモンの影響も受けやすくなります。

参考:『「女性の薄毛」と「女性ホルモン」』ヘアメディカル

男性ホルモンが引き起こす女性男性型脱毛症

男性ホルモンは男性の身体で分泌されるものと思われがちですが、女性の身体でも分泌されています。更年期に入り女性ホルモンの分泌量が減ると、相対的に男性ホルモンの影響を受けやすくなります。その結果、女性男性型脱毛症を発症しやすくなると考えられています。女性男性型脱毛症とは、女性ホルモンのバランスの乱れにより引き起こされる脱毛症の総称です。具体的に、どのような脱毛症なのでしょうか。

参考:『【医師が教える】女性の薄毛の原因はホルモンバランス? 女性に多い抜け毛とは』AGAタイムス

更年期の女性に多い女性男性型脱毛症

男性型脱毛症の特徴は、頭頂部や生え際などが局所的に薄くなることです。時間の経過とともに、頭皮が露出するほど薄毛が進行する点も特徴です。対する、女性男性型脱毛症の特徴は、頭部全体の髪の毛が弱々しく、薄くなっていくことです。何となく、分け目が広くなってきた、頭皮が見えるようになってきたなどで気づく方が多いようです。また、男性型脱毛症のように、時間の経過とともに頭皮が露出するほど進行することはありません。男性型脱毛症に比べ症状が緩やかな理由は、分泌量が減っても一定量の女性ホルモンの分泌は保たれるからです。

こんな症状が現れたら更年期かも

ホルモンバランスの乱れが原因なので、更年期の薄毛も更年期症状のひとつということが出来るかもしれません。多くの女性を悩ませる症状なので、更年期が迫っている方は注意しましょう。

一般的に、更年期に入ると生理の間隔が短くなるなど生理周期が不規則になるといわれています。また、出血量の変化を感じることもあります。あてはまる点がある方は、更年期に入っているかもしれません。すでに、病気とは無関係の発汗や冷え性、イライラなどの症状が現れている方は更年期に入っていると考えられます。更年期に入るとこれまで以上にホルモンバランスが乱れやすくなるので、薄毛などに悩まされやすくなります。気になる方はセルフケアに取り組んでみてはいかがでしょうか。

参考:『更年期はじまりのサイン』ルビーナ

女性ホルモンのバランスを整えるセルフケア

女性ホルモンのバランスを整えたい方は、次のセルフケアなどに取り組むとよいかもしれません。具体的に、どのような対策が有効と考えられているのでしょうか。

規則正しい生活習慣

最も重要と考えられる対策が、規則正しい生活習慣を身に着けることです。栄養バランスのとれた食事を1日3回決まった時間に食べる、適度な運動に取り組む、良質な睡眠を確保するなどが有効です。

食事に、髪の毛の材料になるタンパク質を豊富に含むチーズ、髪の毛の合成を助ける亜鉛を豊富に含む牡蠣、血行促進を助けるビタミンAを豊富に含む緑黄色野菜などを取り入れると髪の毛の健康を維持しやすくなります。運動はウォーキングや軽めのジョギングなどで十分です。睡眠の質は、朝日をしっかり浴びる、就寝前にスマホやパソコンなどのモニターを見ないことなどで高められます。

参考:『ホルモン作用で髪も肌もツヤツヤ!エストロゲンを増やす方法』脇坂クリニック大阪

女性ホルモンをサポートする食品を取り入れる

女性ホルモンの働きをサポートすると考えられている食品を取り入れることもオススメです。この代表として挙げられるのが、大豆イソフラボンを含む大豆食品です。大豆イソフラボンには、エストロゲン様作用によりヘアサイクルの成長期を延ばす働きなどを期待できます。女性ホルモンのバランスが乱れやすい更年期の女性にオススメです。

セルフケアで改善しないときは病院で治療

以上の対策などが有効とされていますが、加齢に伴うものなのでセルフケアだけでは対処しきれないことがあります。セルフケアに限界を感じる方は、女性の薄毛を治療しているクリニックで相談するとよいでしょう。最近では、飲み薬のほかホルモン補充療法などで改善できるようになっています。多くのクリニックが無料カウンセリングを実施しているので、相談するところから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

更年期は閉経を挟む前後約10年間のことです。卵巣の活動性が低下するため女性ホルモンの分泌量も低下します。この影響で、更年期の女性は薄毛になりやすいと考えられています。更年期の女性の薄毛の特徴は、頭髪全体が弱々しくなることです。人によっては、分け目が目立つようになった、頭皮が透けるようになったなどを自覚することもあります。更年期の影響が気になる方は、女性ホルモンのバランスを整えるセルフケアに取り組むと良いでしょう。ただし、セルフケアには限界があります。効果を実感できない方は、女性の薄毛を治療しているクリニックで相談してみてはいかがでしょうか。飲み薬などを用いて、更年期の薄毛を治療することが出来ます。

関連記事