女性の薄毛とピルの関係

AGA LABO » 女性の薄毛 » 女性の薄毛とピルの関係

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

知っておきたい女性の薄毛とピルの関係

避妊や生理痛、月経不順の治療を目的としてピルを利用する女性が増えています。安全に利用できるお薬ですが、一部では女性の薄毛を引き起こすといわれているようです。ピルが副作用として女性の薄毛を引き起こすことはあるのでしょうか。ピルの飲用と女性の薄毛について解説します。気になる方は参考にしてください。

頭を抱える女性

経口避妊薬・ピルとは

ピルは、女性ホルモンを主成分とする経口避妊薬です。適切に服用すれば、避妊率はほぼ100%と考えられています。コンドームより確実に避妊できる点が魅力です。避妊以外では、生理痛や月経不順の治療、生理日の移動、ホルモンバランスの調整などにも利用されています。

参考:『ピルの基礎知識』ル・スティル-うまくつきあう、たのしくすごす

ピルで避妊できる理由

ピルは、排卵をストップすることで精子と卵子が出会うことを防ぎ避妊します。卵子を育て、排卵しているのが卵巣(卵胞)です。卵巣には、女性ホルモンを作る働きもあります。

卵巣は、脳下垂体から分泌される卵巣刺激ホルモンにより成長し、エストロゲンを分泌します。エストロゲンの分泌量がピークを迎えると、次に脳下垂体から黄体化ホルモンが分泌されます。これを受けて排卵が起こるとともに、卵胞は黄体を形成します。さらに、エストロゲン・プロゲステロンを分泌し子宮内膜を厚くすることで着床しやすくするとともに妊娠を維持しやすくします。妊娠が成立しなかった場合、視床下部が女性ホルモンの濃度低下を感じ取って、脳下垂体に対して卵巣刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌を指令します。

ピルは、外から女性ホルモンを補充することで妊娠しているときと同じようなホルモンバランスを作り、脳に卵巣が働いていると勘違いさせます。この働きにより、脳下垂体からの指令で卵巣刺激ホルモン、黄体化ホルモンが分泌されることを防ぎ、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きや卵胞の成長、排卵などもストップします。卵胞の成長や排卵がストップすると、妊娠することは出来なくなります。[1]

知っておきたいピルの副作用

ピルは、外から女性ホルモンをコントロールすることで人工的に生理前や妊娠中とよく似たホルモンバランスを作る薬です。この働きにより、ピルを服用した10人中1人~2人の方で軽度の吐き気や頭痛、浮腫みなどツワリとよく似た症状が現れます。あるいは、同程度の割合で不正出血を起こすと考えられています。これら症状は、数日~数カ月程度で治まります。頻度の高い副作用ですが、重大な結果に結びつくことはほとんどありません。

頻度は少ないものの気を付けたいトラブルが血栓症です。血栓症とは、血管の中で血液が固まり血管が詰まるトラブルです。血栓症の例として、脳梗塞や心筋梗塞などをあげることができます。ピルは血栓症のリスクを2倍に高めると考えられています。血栓症のリスクは、肥満、喫煙、手術、年齢、脱水、高血圧などでも高まります。これらの因子を持っている方は、ピルを服用する前に医師に相談しましょう。

参考:『ピル専門外来』茶屋町レディースクリニック

ピルと抜け毛の関係

ピルは、外から女性ホルモンをコントロールすることで生理前や妊娠中によく似たホルモンバランスを作る薬です。女性ホルモンには、髪の毛の成長を促す働きやヘアサイクルの成長期を維持する働き、髪の毛を豊かに保つ働きなどがあります。ピルを正しく服用することで、抜け毛は減ると考えられています。女性ホルモンのバランスが整うからです。基本的には、女性の薄毛とは無関係と考えられます。[2]

女性の薄毛を引き起こすことも

ただし、女性の薄毛を全く引き起こさないわけではありません。ピルが女性の抜け毛に影響を与える恐れはあると考えられています。外から女性ホルモンをコントロールするため、ピルの服用を中止すると一時的にですが女性ホルモンの分泌量が急減することがあります。この影響で、分娩後脱毛症とよく似た状態に陥る可能性があると考えられています。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症は出産後2~3カ月で現れる脱毛症です。産後脱毛などと呼ばれることもあります。産後に抜け毛が増える原因は、ホルモンバランスの大きな変化にあると考えられています。

妊娠すると女性ホルモンの分泌量は増えます。女性ホルモンにヘアサイクルの成長期を延伸する働きがあるので、妊娠中は抜け毛が減ります。出産により女性ホルモンの分泌が減りこの働きが失われると、女性ホルモンにより維持されてきた髪の毛が一斉に抜け落ちます。これが分娩後脱毛症です。

ピルの中止によっても同じ状態に陥る可能性があります。女性ホルモンの分泌が急減することで抜け毛につながる恐れがあるのです。

参考:『分娩後脱毛症とは』TOM CLINIC

ピルによる抜け毛は一時的なもの

以上の原因で引き起こされる抜け毛は一時的なものと考えられています。女性ホルモンのバランスが整えば落ち着きます。気にしすぎるとストレスになるので、いずれ落ち着くと考えて様子を見ると良いでしょう。主治医に相談して、抜け毛が治まる時期の目安を確認しておくと安心できるはずです。

勝手にピルの服用を中止しない

ピルによる抜け毛は、医師の指示を守らず勝手にピルを中止したケースなどで多く見られるといわれています。ピルの服用を始めた方は、自己判断で服用を中止しないようにしましょう。不快な症状が現れたなどの理由で服用を中止したいときは、現れた症状を医師に伝えて中止して良いか確認してください。医師に相談しておけば、身体に負担をかけずにピルの服用を中止する方法を教えてもらえるはずです。

覚えておきたいピルの選び方

薄毛とピルの関係が気になる女性は、ピルの基本的な選び方を抑えておくとよいかもしれません。相性の良いピルを選ぶことで、途中でやめるリスクを減らせるからです。どのようなポイントに気を付けて選べばよいのでしょうか。

目的に合ったピルを選ぶ

経口避妊薬と呼ばれるピルですが、現在では様々な目的で使用されています。例えば、生理の量を減らす目的や生理前のイライラ、生理前の肌荒れを緩和する目的などで使用されています。様々な目的で利用されているので、目的に合ったピルを選ぶことが重要です。目的に合ったピルは、医師に相談することで教えてもらえます。

参考:『ピルの基礎知識』ル・スティル-うまくつきあう、たのしくすごす

続けやすい料金設定

ピルの利用には毎月数千円程度の費用が掛かります。具体的な費用は、利用するクリニックにより異なります。継続が必要な薬なので、通いやすい料金設定のクリニックを選ぶことも重要です。仕事などで忙しい方には、数カ月分をまとめて処方してくれるクリニックもオススメです。

まとめ

ピルは、女性ホルモンを外からコントロールする経口避妊薬です。女性ホルモンにはヘアサイクルの成長期を維持する働きなどがあるので、ピルの服用を始めると抜け毛が減るといわれています。一方で、服用を中止すると女性ホルモンの働きで維持されていた髪の毛が一斉に抜け落ちるので抜け毛が増えるといわれています。薄毛が気になる女性は、医師の指示に従いピルを服用することが重要です。ピルによる抜け毛は一時的なものなので、時間の経過とともに落ち着きます。万が一、抜け毛が増えても気にしすぎる必要はありません。主治医などに相談して様子を見ると良いでしょう。

[1]参考:『ピル』ジャスミンレディースクリニック

[2]参考:『女性の脱毛症の種類』新宿メディカルクリニック

関連記事