生理前の症状やPMSと薄毛の関係

AGA LABO » 女性の薄毛 » 生理前の症状やPMSと薄毛の関係

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

生理前のつらい症状・PMSと薄毛の関係を解説

生理前になると心身につらい症状が現れる方はPMSかもしれません。PMSは女性の薄毛と関わりが深いといわれることがあるようです。なぜ、このように言われるのでしょうか。PMSと薄毛の関係を解説するので、気になる方は参考にしてください。

頭を抱える女性

PMSは生理前に現れる不快な症状

PMSはPremenstrual Syndromeの略で、日本語に訳すと月経前症候群となります。PMSは、生理予定日の7日前~3日前ごろに現れる心身の不快な症状です。具体的には、イライラする、涙もろくなる、ネガティブになる、集中力がなくなるなどの精神症状、頭痛、肩こり、浮腫み、腰痛、下腹部痛、胸の張り、冷え性などの身体症状が現れます。

PMSの症状は全部で150以上あると考えられています。現れる症状は人により異なりますが、複数の症状が同時に現れることが多いようです。現れた症状は、生理が始まると治まります。これらを周期的に繰り返す点がPMSの特徴です。女性の7割~8割が何かしらの症状に悩まされていると考えられています。[1]

PMSの原因

残念ながら、PMSの原因ははっきりわかっていません。現在のところ、生理前に起こるホルモンバランスの変化が影響を与えているとする説が主流です。生理周期に従い起こるホルモンバランスの変化に身体が対応しきれず不快な症状が現れると考えられています。女性の身体では以下のようにホルモンバランスが変化します。

妊娠が成立しなかった場合、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの濃度が低下するため、脳下垂体は卵胞刺激ホルモンを分泌します。このホルモンにより刺激された卵胞は成熟してエストロゲンを分泌します。エストロゲンの分泌量がピークを迎えると、脳下垂体から黄体化ホルモンが分泌されて卵胞から排卵します。排卵した卵胞は黄体を形成しエストロゲン・プロゲステロンを分泌し、妊娠しやすい環境を作ります。妊娠が成立しなかった場合、2週間以内(生理前)にエストロゲンとプロゲステロンの分泌量は減少します。[2]

以上の通り、排卵後はエストロゲンとプロゲステロンの濃度が急激に増減します。この変化に対応しきれず引き起こされる症状がPMSと考えられているのです。

女性の薄毛の原因

ここで気になるのが、PMSと女性の薄毛の関係です。この関係を探るため、女性の薄毛の原因を見ていきましょう。

女性の薄毛の原因は様々ですが、最も大きな影響を与えていると考えられているのがホルモンバランスの乱れです。女性ホルモンのひとつエストロゲンには、髪の毛の成長を促す働きやヘアサイクルの成長期をキープする働き、美しい髪の毛を維持する働き、血行を改善する働きなどを期待できます。女性ホルモンのバランスが乱れると、これらの働きを得にくくなるので髪の毛が健康に育ちにくくなります。その結果、髪の毛が細くなって頭皮が透けて見える、髪の毛がパサつく、抜け毛が増えるなどの影響が現れると考えられています。

また、女性ホルモンの分泌量が減ると相対的に男性ホルモンの影響が強くなります。女性の身体でも男性ホルモンは分泌されているからです。男性ホルモンの影響が強くなることでも抜け毛や薄毛につながる恐れがあると考えられています。

参考:『「女性の薄毛」と「女性ホルモン」』ヘアメディカル

女性の薄毛の特徴

一般的に、女性の薄毛と男性の薄毛では症状の現れ方が異なりす。男性の薄毛は、生え際や頭頂部などが局所的に薄くなり、進行すると頭皮が露出します。女性の薄毛は、頭部全体の髪の毛が薄くなり、頭皮が露出するほど進行することはほとんどないと考えられています。

女性の薄毛と男性の薄毛を比べると、女性の方が症状は穏やかです。症状が穏やかな理由は、ホルモンバランスが乱れても男性より女性ホルモンの分泌が多いからです。女性ホルモンは、髪の毛の健康に大きな影響を与えると考えられているのです。

PMSと女性の薄毛の関係

女性の薄毛の原因が分かったところで、PMSとのかかわりが気になるはずです。PMSと女性の薄毛にはどのような関わりがあるのでしょうか。

ともにホルモンバランスの変化が原因

PMSと女性の薄毛の原因は、ともにホルモンバランスの変化です。どちらもよく似た原因で引き起こされるので、PMSと女性の薄毛は関わりが深いといわれることがあります。PMSを引き起こすホルモンバランスの変化は、女性の薄毛も引き起こすのでしょうか。

PMSはホルモンが機能している証拠

不快な症状が現れるので、PMSはホルモンバランスの「乱れ」が原因と考えられがちです。中には、女性ホルモンを正常に分泌できていないから起こると考える方もいるようです。つらい症状だけをみるとそのように思えてしまいますが、PMSはホルモンが機能してホルモンバランスが急激に変化することで引き起こされます。乱れではなく正常な「変化」に身体が対応しきれず起こるものなので、周期的に現れるPMSはホルモンがしっかり働いて生理周期が安定している証拠と捉えられます。PMSは妊娠・出産に必要な身体の働きなのです。[3]

PMSと女性の薄毛は無関係

PMSは生理周期に伴うホルモンバランスの変化により引き起こされると考えられています。生理前にホルモンバランスが変わることは事実ですが、薄毛に影響を与えるほどの大きな変化はありません。あくまでも、妊娠・出産に必要な身体の変化なので、女性の薄毛とは無関係と考えられています。生理前に抜け毛が増えたからといって、PMSと結びつける必要はありません。タイミングが重なっただけと考えるのが自然でしょう。

気を付けたい女性の薄毛の原因

生理前になると抜け毛が増えると感じている方は、その他の女性の薄毛の原因もチェックするとよいかもしれません。どのような原因が考えられるのでしょうか。

睡眠不足

健康な髪の毛の維持に深く関わっているのが良質な睡眠です。睡眠中に髪の毛の成長を助ける成長ホルモンが多く分泌されるからです。成長ホルモンは副交感神経が活発化する入眠後数時間に多く分泌されると考えられています。この間の睡眠の質を高めることが重要です。PMSの不快な症状のひとつとして不眠が挙げられます。生理前に眠れなくなる方は、質の高い睡眠を確保できるよう努力しましょう。

ストレス

ストレスも女性の薄毛に関わっています。ストレスが溜まると、自律神経が緊張するため血管が収縮します。血管が収縮することで頭皮の血行が悪くなり、髪の毛の成長に必要な栄養などを届けにくくなります。PMSの不快な症状が現れる生理前はストレスがたまりやすい時期です。抜け毛や薄毛に影響を与える恐れがあるので、PMSに悩まされている方は上手にストレスを発散しましょう。

過度な食事制限

ダイエットなどで過度な食事制限に取り組むと抜け毛や薄毛につながることがあります。健康維持に必要な栄養が不足するからです。このような状態に陥ると、取り入れられた栄養は生命維持に必要な臓器から届けられます。生命維持に関わらない髪の毛の優先順位は高くありません。髪の毛の維持に必要な栄養が不足すると、髪質が悪くなる、髪の毛が抜けるなどにつながる恐れがあります。PMSで拒食気味になっても、同様の影響が現れます。生理前になると食事をとりづらくなる方は気をつけましょう。

参考:『薄毛の原因』東京国際クリニック

PMSの対処法

女性の薄毛に直接的な影響を与えないPMSですが、不快な症状が髪の毛の健康に良くない影響を与える恐れはあります。PMSにお悩みの方は、どのように対処すればよいのでしょうか。

生理周期をチェックする

PMSと上手に付き合っていくうえで最も重要なのが自分の生理周期を把握することです。生理周期を把握することで、排卵日や生理予定日、PMSが現れやすい時期などを掴むことが出来ます。生理周期は、基礎体温表をつけることなどで把握できます。

睡眠不足の対処法

生理前になると異常に眠たくなることや眠れなくなることがあります。眠たくなる理由は、身体を休める働きがあるプロゲステロンの分泌が増えるから、あるいはホルモンバランスが乱れてメラトニンが大量に分泌されるからと考えられています。眠れなくなる理由は、プロゲステロンの影響が急激に小さくなり緊張を緩和できなくなるからと考えられています。いずれの場合も、朝日をしっかり浴びる、日中は活動的に過ごす、夕方以降は間接照明の部屋で過ごすなどが有効と考えられています。

ストレスの対処法

生理前になると様々な症状が現れるのでストレスが溜まります。あるいは、意味もなくイライラすることもあります。生理前はストレスが溜まりがちな時期です。ストレスが溜め込みがちな方は、自分なりのストレス解消法を用意しておくと良いでしょう。パートナーなど身近な方に理解してもらえる環境を作っておくこともオススメです。理解をしてもらえれば無駄な衝突を避けられるので、新たなストレスが発生しにくくなります。

拒食気味の対処法

生理前になると食欲が増す方が多いようです。食欲が増す理由は、生理に備えて栄養を蓄えておくためといわれています。この影響で太った経験などがあると、生理前に拒食気味になることがあるようです。生理前になると食事が喉を通らなくなる方は、健康や薄毛への影響を考えて規則正しい食生活を心がけましょう。

まとめ

一部では、PMSの影響で女性の薄毛は進行すると言われています。このように言われる理由は、どちらもホルモンバランスの変化が影響しているからです。よく似た原因で引き起こされますが、生理周期に従い起こるホルモンバランスの変化が女性の薄毛に影響を与えることはないと考えられています。生理前になると抜け毛が増えると感じている方は、紹介した対策を試してみてはいかがでしょうか。それでも治まらない場合は、他の原因が潜むかもしれません。女性の薄毛を治療しているクリニックなどで相談しましょう。

[1][2][3]参考文献:『PMSの悩みがスッキリ楽になる本』池下育子・東京書籍

関連記事