妊娠中・産後は脱毛症になる?

AGA LABO » 女性の薄毛 » 妊娠中・産後は脱毛症になる?

【登録日:

- 登録日:

妊娠中・産後はなぜ髪の毛が抜ける?

妊娠中や産後はホルモンバランスが崩れやすいため、ひどい脱毛症を経験する人は少なくありません。特に産後の抜け毛は覚悟していても驚くくらい抜けます。妊娠に関する脱毛症はほとんどが一過性で、数ヵ月もすると落ち着くものですが、かといってハゲになるのは避けたいところ。ここでは、妊娠中・産後の抜け毛についてメカニズムやどのくらいの期間抜けているのか、また、妊娠中の薄毛治療は問題ないのかについて解説します。

頭を抱える女性

妊娠中、産後に髪が薄くなるのはなぜ?

こんなに抜けるの!?妊娠前後の抜け毛の症状

大事な我が子に会う前に髪が無くなってしまうのではないか…なんて思ってしまうママも多いほどゴッソリ抜け落ちるようです。

もちろん全く抜けない方もいますし個人差もありますが、多い方では1回のシャンプーで排水溝に大量の毛がたまるほど。起床直後、枕にたくさんの毛が抜け落ちているといった経験をする方も多く見られます。

なぜ薄毛に?産後や妊娠中に髪が抜ける原因

妊娠前後の抜け毛の原因は、女性ホルモンの分泌量の変化です。女性ホルモンの分泌量が急激に増えたり減ったりすることによってヘアサイクルが乱れ、その結果、特に産後に著しい抜け毛を発症します。

女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があり、妊娠中は、母体が安全な出産を迎えられるよう、これら2つの女性ホルモンがともに増加するのです。

その後、母体が無事に出産を終えると、2つの女性ホルモンは普段の分泌量に戻ろうと急激に減少します。女性ホルモンには、髪の毛の健康をつかさどる重要な役割がありますが、産後にその分泌量が激減することによって髪の毛が抜けやすくなるのです。

(※この他にも、女性ホルモンの変化と抜け毛との関係には諸説あります)

また妊娠前後以外でも、女性ホルモンのバランスが乱れることで薄毛や抜け毛になることもあります。詳しくはホルモンバランスに関係する脱毛症のページをご覧ください。

いつまで抜ける?妊娠前後で薄毛になりやすい期間

抜け毛になりやすい期間は、妊娠後期から産後6ヶ月目までの間。特に産後にひどい抜け毛を経験する女性が多いようですね。この症状は「分娩後脱毛症」と呼ばれています。

婦人科の先生から事前に説明を受ける方も多いようですが、しかしながら実際にそれほどの量の抜け毛を経験してしまうと、多くのママがドキリとしてしまうでしょう。

抜け毛を防ぐには?自分でできる薄毛対策

抜け毛を悪化させないように自分で薄毛を対策する方法として、頭皮マッサージやシャンプー、ヘアケアの見直し、食事・生活習慣の改善がよく挙げられますが、ホルモンバランスが影響するひどい抜け毛にはいずれも効果的とは言えません。

自分で対策する場合は、またもし、薄毛が既に悪化してしまった場合は、帽子をかぶったり、ウィッグをつけたりと、いずれもカバーという意味で対策するのが現実的かもしれません。

赤ちゃんも髪も守りたい!妊娠中、薄毛治療はできる?

とは言えママだって立派な女性ですから、できれば大事な髪は生やしておきたいもの。もちろん我が子が第一ですが、防げるものなら防ぎたいですよね。

そこで気になるのが薄毛治療。近年では女性の薄毛治療や育毛剤も革新的な進化を遂げ、様々な脱毛症を改善しています。しかし、ネックになるのが赤ちゃんへの影響です。

妊娠中や産後は女性の薄毛治療はできるのでしょうか。気になる疑問を、女性の薄毛専門治療院へ問い合わせてみました。

妊娠前後の薄毛治療Q&A~女性の薄毛専門医に聞いてみました~

※数院に問い合わせて頂いた答えをまとめて紹介しています。

Q妊娠中でも薄毛治療はできる?
A推奨はしていません。これは薬の成分や治療の精神的ストレスが、胎児の健やかな成長に影響を与えかねないからです。
Q薄毛治療中に妊娠してしまった場合は?
A治療の停止を推奨します。特に女性の薄毛治療のほとんどがホルモンバランスに作用するものなので、早急に申し出て頂きたいです。
Q出産後いつから薄毛治療できる?
A授乳期間が終わってからが良いでしょう。赤ちゃんのことを考えると、妊娠期・授乳期は治療を避けておいたほうが良いと思います。
Q妊娠前後の抜け毛は、諦めるしかないのでしょうか。
A女性薄毛専用の育毛剤やシャンプーであれば処方できます。これらは「化粧品」に分類されるため、治療ではありません。ただし、成分によっては胎児への影響が出るものもあるので、必ず薄毛治療の専門医に相談して許可の出たものを使用してくださいね。

妊娠前後の抜け毛対策するなら
薄毛治療専門医の育毛剤やシャンプーで

以上のことから、妊娠前後は薬を飲んだり専門的な治療をするのはなかなか難しそうですが、女性の薄毛専用の育毛剤やシャンプーで対策することはできそうです。

ただし市販のものを使う場合は、事前に必ず医師に相談のうえでご自身に合ったものを選ぶようにしてくださいね。なお女性薄毛治療を専門としている病院では、クリニック自体がシャンプーや育毛剤を監修(開発)している治療院もありますので治療院で実際に相談してみるのもいいでしょう。(表参道スキンクリニック 東京ビューティークリニックなど)

もし、自分の家の近所にそういったクリニックがあれば、診察を受けつつ処方してもらうのが安心です。

妊娠すると、つい赤ちゃんのことばかりを気にして自分のことをおろそかにしがちですが、ご自身の身体あっての子育てです。母子ともに健やかな生活をこころがけましょう!

関連記事