春はストレスで抜け毛・薄毛が増える女性

AGA LABO » 女性の薄毛 » 春はストレスで抜け毛が増える女性が急増!?

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

はストレスで抜け毛が増える女性が急増!?

春は生活環境が大きく変わりやすい時期。新しい環境に身を置いたストレスで、抜け毛や薄毛に悩まされる女性も多いようです。春に増える抜け毛の特徴や薄毛対策をご紹介しているので、新生活を前に不安を抱えている女性は、ぜひ参考にしてみてください。

頭を抱える女性

健康な女性の抜け毛の量はどれくらい?

春になって抜け毛が増えたと感じている女性は、抜け毛の量を調べてみるとよいかもしれません。健康な女性の抜け毛の量は1日当たり100本程度といわれています。毎日、これだけの髪の毛が抜ける理由は、およそ10~15万本といわれる髪の毛がヘアサイクルに従い生え変わっているからです。抜け毛の量が1日100本より明らかに多い女性は、何かしらの原因が潜むかもしれません。

抜け毛が多いのは春の影響かも

何かしらの原因のひとつとして挙げられるのが季節の影響です。春は、頭皮や髪の毛にどのような影響を与えるのでしょうか。

春のストレスが抜け毛を誘発

春は、異動や就職、引越しなどで生活環境が変わりやすい季節です。慣れない環境に身を置くと、心身に大きなストレスがかかります。対処しきれないほどのストレスがかかると、自律神経は乱れやすくなります。その影響のひとつとして抜け毛が増えることがあります。

花粉症の影響で抜け毛が増える

春になると多くの方が花粉症に悩まされます。あまりに多くの方が悩まされることから、花粉症は国民病といわれることがあるほどです。花粉症の三大症状が「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」です。これらの症状がひどくなると日常生活を送ることすら困難になります。花粉症に日常生活を妨げられると大きなストレスを感じます。花粉症によるストレスも、春の抜け毛に影響する可能性があります。

寒暖差の激しい春の気候

厳しい冬を超えてようやく温かくなりだした春ですが、気候はまだまだ安定しません。本格的な春を感じられる日もあれば冬に逆戻りしたような日もあります。また、1日の中にも大きな寒暖差があります。寒暖差の激しい気候は自律神経を乱す原因になります。春特有の気候の影響で抜け毛が増える恐れもあります。

春は冬のダメージが現れやすい季節

以上のほかでは、冬のダメージも髪の毛に悪影響を及ぼします。冬の寒冷で乾燥した空気は頭皮に大きなダメージを与えます。傷んだ頭皮に春特有の条件が加わることで、抜け毛が誘発されることもあると考えられています。春の抜け毛が気になる女性は、冬の過ごし方に原因が潜んでいるかもしれません。

春の抜け毛に試したい対策

春になると様々な原因で抜け毛が増える恐れがあります。抜け毛が増えたと感じている女性は、次の対策などを試してみると良いでしょう。

睡眠の質を改善する

自律神経のバランスが乱れると、睡眠の質は低下しやすくなります。髪の毛と睡眠には密接なかかわりがあるので、睡眠の質の低下は良い出来事といえません。春の抜け毛が気になる女性は、睡眠の質を改善しましょう。睡眠の質は、起きる時間を一定にする、カーテンを開けて朝日を浴びる、日中は身体を動かす、夕方以降はまぶしい部屋で過ごさない、就寝1、2時間前はスマホやパソコンを使わないなどで高まるといわれています。

食生活を見直す

食生活の乱れも自律神経のバランスに影響を与えます。食事のリズムが一定でないと、自律神経は乱れやすいとされています。春の抜け毛が気になる女性は、規則正しく食事をとりましょう。髪の毛の成長に欠かせない栄養を摂ることも重要です。具体的には、良質なタンパク質、亜鉛、ビタミンB群などが欠かせません。良質なタンパク質は大豆や牛乳など、亜鉛は牡蠣やゴマ、ビタミンB群はカツオやマグロなどに含まれています。栄養バランスが乱れている女性は注意しましょう。

運動習慣を身に着ける

髪の毛の成長に必要な栄養は血液によって運ばれます。何かしらの原因で頭皮の血流が悪いと、栄養を効率よく運べません。運動には、全身の血流を良くする働きがあります。また、ストレスを解消する働きもあります。春の抜け毛が気になる女性は、ウォーキングや軽めのジョギングなどに取り組むと良いでしょう。

の抜け毛が治まらないときはクリニックで相談を

春の抜け毛には以上の対策などが有効と考えられています。特別な対策はありませんが、着実に取り組むことで抜け毛が改善することは多いとされています。基本的に、春の抜け毛は一時的なものと考えられるので、以上の対策に取り組みながら様子を見ると良いでしょう。

季節が進んでも抜け毛が治まらない女性は、その他の原因が潜むかもしれません。放置すると薄毛が進行する恐れがあるので、適切なタイミングを見計らいクリニックで相談しましょう。

関連記事