10代女性の薄毛の原因とは?

TOP » 女性の薄毛 » 10代女性の薄毛の原因とは?
[最終更新日]2018/06/01
229 views

10代女性にも広がる薄毛の悩み

薄毛の悩みは男性や、高齢の女性のものだと思っていませんか。実は、最近では10代や20代前半の若い女性にも薄毛の悩みが広がっているんです。その原因はダイエットやストレス、ホルモンバランスの乱れ、過度のおしゃれなど様々。普段何気なくやっている事が実は薄毛を引き起こしている原因になっているかもしれません。今回は10代女性でも悩む薄毛の原因とお家でできるケアの方法をわかりやすくまとめてみました。

頬を触る女性

10代の女性でも薄毛になる

『薄毛は男性や、50代、60代の女性がなるもの』そんなイメージを持っていませんか。少し前までは、『薄毛=男性』『薄毛=高齢者』という方程式が一般的でしたが、今は違います。

実は今、10代や20代前半の若い女性の間でも薄毛の悩みが深刻化しているんです。

特に若い女性は常に『悩み』や『ストレス』に囲まれて生きています。人間関係や学校、恋愛、仕事など様々な環境に身を置く10代、20代の若い女性たちはいつも周囲に気を使いながら生活しているのが現実です。

ストレスや美しさを追い求めるためのダイエット、頑張り過ぎた結果の寝不足、良かれと思って行ったヘアケアが薄毛を余計に悪化させている可能性もあるのです。

10代、20代の女性の薄毛は決して珍しいものでもありません。中には恥ずかしいと感じて一人悩みを抱えている方もいるでしょう。でも、そんな必要はありません。

女性の薄毛は、生活習慣やホルモンバランスの乱れが主な原因である事が多いため、正しいケアをすれば良くなる可能性がとても高いんです。

今回は10代女性が薄毛になる原因とお家でできる薄毛ケアの方法についてご紹介します。

10代女性が薄毛になる原因

ストレス

10代の若い女性が薄毛になる原因として挙げられるのが、ストレスです。

人間関係や勉強、仕事など様々な悩みを抱える10代の女性にとって、ストレスは身近な存在と言えます。

適度なストレスは免疫力を上げて、やる気やモチベーションにつながることもあります。

しかし、大きすぎるストレスは自律神経やホルモンバランスの乱れを引き起こし薄毛の原因になってしまうのです。

過度のダイエット

最近は『痩せてる方が可愛い』というイメージが先行し、ダイエットに励む女性が圧倒的です。

しかし、食事制限や過度なダイエットは薄毛を進行させる原因になります。

当たり前ですが、髪の毛は体の一部です。肌や爪と同じで血液中の栄養素を使って成長しています。

ですので、過度のダイエットで食事制限をしたり、バランスの偏った食事をすると髪にまで栄養が行き渡らずにパサパサになったり、一本一本が細くボリュームの無い髪になったり、最悪の場合毛根まで痩せてどんどん髪が抜けていき薄毛になってしまうのです。

生活習慣の乱れ

髪は眠っている間に成長します。肌のゴールデンタイムと同じように、髪にも成長のゴールデンタイムがあります。それが『22時~夜中2時』の4時間です。

このゴールデンタイムに成長ホルモンが盛んに分泌されます。

日中は心臓や内臓、筋肉が活発に動き、そちらに多くのエネルギーや栄養が使われているため髪の毛はあまり成長しません。そのため、身体をゆっくり休めている睡眠中こそが髪が栄養を補給し成長するための大切な時間になります。

夜更かしや睡眠不足の生活を続けていると、疲れが取れないだけでなく肌や髪までがボロボロになってしまうので注意が必要です。

ホルモンバランスの乱れ

髪や肌などが健康で美しくいられるのは女性ホルモンのおかげです。女性の身体は女性ホルモンに支えられて健康を保っています。

ホルモンバランスが乱れると、髪や肌に潤いを保つことができなくなったり、女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が優位になることが原因で薄毛になってしまう場合があります。

ホルモンバランスが乱れる理由は様々ですが、ストレスや不規則な生活、栄養バランスの偏りが原因となる事が多いようです。

カラーリング・パーマ、スタイリング剤の多用

お洒落のために、カラーリングやパーマをしたり、スタイリング剤を付けたりする事も、やりすぎると薄毛の原因になります。

ひんぱんに髪型や髪色を変える人は特に要注意です。薬剤の使い過ぎで毛根が痛んでしまったり、頭皮にダメージを与え続けると髪の毛の成長がストップする恐れがあります。

また、スタイリング剤を使った後シャンプーが不十分だったり、夜髪を洗わず、朝出かける前にシャンプーをするような場合も危険です。

毛穴が詰まってしまうと髪がうまく成長できずに、毛が細くなったり、抜け毛の原因になってしまいます。

誤ったヘアケア・やり過ぎたお洒落

おしゃれが大好きな人こそ、薄毛には要注意です。

髪に良いと思ってやっていたヘアケアや、可愛くなりたいと思ってやっていたお洒落が薄毛の原因になっている場合があります。

髪に良いと思って、シャンプーを毎日2回、3回と頻繁に洗ったり、ゴシゴシと強く洗ったり、ドライヤーの熱でガンガン乾かすのは実は逆効果です。

シャンプーのし過ぎやドライヤーの熱の当てすぎは髪や頭皮を乾燥させ、フケや抜け毛の原因になってしまいます。

また、常に髪の毛を引っ張るようなポニーテールやエクステ、コーンロウ、ドレッドヘアは地肌に負担を掛けるだけでなく、髪の毛が引っ張られたせいで抜けてしまう『牽引性脱毛(けんいんせいだつもう)』を引き起こす場合があります。

10代女性が家でできる薄毛ケア

バランスの取れた食事

10代女性に一番して欲しい薄毛ケアはバランスの取れた食事をする事です。

食べると太ってしまうと思う方もいるかもしれませんが、そんな事はありません。髪に良い栄養素は、植物性たんぱく質、ビタミン、ミネラルです。

植物性たんぱく質は、大豆や、お豆腐。ビタミンやミネラルは野菜や海藻から補う事が出来ますので、ファストフードやスイーツよりも太りにくい食べ物だと言えます。

また、栄養バランスが整っていると代謝が上がり痩せやすい体になるというメリットもあります。

規則正しい生活

薄毛を予防し、ケアするには、夜22時から夜中の2時のゴールデンタイムに睡眠時間を確保する事が大切です。

日中はしっかりと身体を動かし、夜はしっかり眠るのが理想。寝る前のスマホやテレビも脳を興奮させるので控えた方が無難です。

早寝早起きで体のサイクルが整うと、髪や肌に良いだけではなく、ストレスを感じにくい体になったり、便秘が改善されたり、集中力がアップするというメリットもあります。

正しいシャンプー

間違ったシャンプーは頭皮を痛めたり、髪の成長を邪魔する原因になります。

正しいシャンプーで薄毛を予防しましょう。

  1. シャンプー前に丁寧にブラシングをしてホコリを落す
  2. ぬるま湯で1分以上髪の毛と頭皮をまんべんなく濡らす
  3. シャンプーはあらかじめ泡立てておき、髪に乗せるようにする
  4. 指の腹で地肌を優しくマッサージするように洗う
  5. 流すときはシャワーで洗う時の倍の時間をかけて流す
  6. 襟足、生え際、耳の後ろなどもすすぎ残しがないように
  7. 髪を乾かす時はタオルドライで水気をとってから
  8. ドライヤーは髪から20センチ以上離して風量で乾かす

育毛剤でヘアケア

早く薄毛を解消したい場合は育毛剤を使用するのもおすすめです。

女性用の育毛剤はボトルのデザインも香水や化粧水のようなお洒落な物も多く、化粧品と同じ場所に置いておいても違和感がありません。

頭皮に栄養を与えて、地肌を保湿する事もできるので、カラーリングを頻繁にする人や屋外に居る時間が長い人などが薄毛を予防する目的にも使えます。 -

まとめ

10代や20代前半の若い女性が薄毛に悩むのは珍しい事ではありません。もし自分の薄毛に気づいたら放置しないですぐに薄毛ケアに取り組みましょう。

女性の薄毛は、規則正しい生活やバランスの取れた食事、正しいシャンプーなどで早期改善が期待できます。

自宅で出来る女性の薄毛ケアを是非試してみてくださいね。

10代女性が自宅で出来る薄毛ケア

バランスの取れた食事

植物性たんぱく質、ビタミン、ミネラルのバランスが大切!

規則正しい生活と十分な睡眠

22時から夜中の2時までが髪の成長のゴールデンタイム

正しいシャンプーをする

ゴシゴシ洗いは厳禁!指の腹で優しくマッサージするように洗う

育毛剤を使う

薄毛予防の目的にも!化粧品みたいでボトルも可愛いものが多い

関連記事