女性の薄毛への効果的な対策とは?

TOP » 女性の薄毛 » 女性の薄毛への効果的な対策とは?
268 views

薄毛の悩みは女性によって非常にナイーブな問題です。

でも、薄毛になっていると気づいたからといって落ち込んだり、無理に隠そうとする必要はありません。近年では薄毛に悩む20代、30代の女性も増えています。女性の薄毛は男性の薄毛と比べて、症状に対して正しい対策を行えば改善する可能性がぐっと高くなります。まずは、こちらの記事で自分の薄毛の症状と効果的な対策を確認してみましょう。

頭を抱える女性

女性の薄毛対策は効果が出やすい

少し前までは女性の薄毛は高齢になってから起こる悩みだと思われていました。しかし、今ではストレスや過度のダイエット、ホルモンバランスの乱れによって、20代や30代の女性にも薄毛の悩みが広がってきています。

しかし、薄毛になったからといってナーバスになり過ぎる必要はありません。女性の薄毛は男性の薄毛に比べて治療の効果が出やすいのも特徴で、早期に生活習慣の見直しや正しいヘアケアを行う事で完治する見込みが高くなります。

薄毛は放置していても改善する事はありません。進行すればするほど治療に時間がかかり完治する見込みも低くなってしまうため、なるべく早い段階での対策が求められます。

今回は、女性の薄毛の症状とそれぞれに効果的な対策を紹介しますので、是非参考にしてみてください。

女性の薄毛の症状と対策

FAGA・びまん性脱毛症

症状

びまん性脱毛症とは、まんべんなく全体的に髪の毛が薄くなる症状で、薄毛で悩む女性のほとんどがこの症状です。

びまん性脱毛症になる原因は様々で、ホルモンバランスの乱れや誤ったヘアケア、睡眠不足や過労などが挙げられます。

中でも、びまん性脱毛症の原因として多いのがFAGA(女性男性型脱毛症)です。

女性のAGA(男性型脱毛症)という意味でFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれており、薄毛治療のクリニックでは多くの場合、「FAGA=びまん性脱毛症」として扱われています。

AGAと違い、FAGAは女性ホルモンの減少に伴い男性ホルモンが優位になることで薄毛の症状が引き起こされます。

閉経後女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減った60代頃から多くなると言われていますが、20代30代の若い女性であっても、ストレスやダイエットでエストロゲンが減少する事でFAGAを発症する事があります。

対策

生活習慣の改善

ストレスや過度なダイエットでエストロゲンが減少したことが原因であれば、生活習慣を改善することが薄毛治療の近道になります。

睡眠不足やストレスは自律神経の乱れを助長しエストロゲンの分泌を妨げるため、適度な運動や息抜きと、質の良い睡眠をとる様に心がけましょう。

また、女性ホルモンを作るには「アミノ酸」と「良質なコレステロール」が必要になりますので、食事でしっかり補う事が大切です。

他にも女性ホルモンのバランスを整えたり分泌を促すために大豆イソフラボン、ビタミンB6、ビタミンEを含む食材を取り入れるのも有効です。

現代人が不足しがちなタンパク質とビタミン、ミネラルを意識したバランスの取れた食事をとるようにすると良いでしょう。

育毛剤・発毛剤の使用

厚生労働省に効果を認められた女性用の育毛剤や発毛剤を使用する方法です。

通販などで購入でき、4,000~5,000円程度が相場です。手軽に薄毛対策ができるため人気がありますが、物によってはアルコールが配合されている場合があり、肌が弱い方には向かない可能性もあります。アルコールフリーのものや自然由来の成分の育毛剤などもあるため、自分にあったものを選ぶといいでしょう。

また、女性の薄毛対策で男性用の育毛剤や発毛剤を使用する事はできませんので注意が必要です。男性と女性の薄毛はそもそものメカニズムが違う為、誤って使用すると症状が悪化したり、妊娠中の場合胎児に影響が出る場合もありますので、必ず女性用を使用してください。

クリニックに相談する

薄毛治療は自由診療のため保険の適用外になりますが、知識のある医師が個人の症状に合わせた治療法を提案してくれます。

自分の頭髪の状態を知るために無料のカウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。クリニックによって治療方法や処方する薬剤が違いますので、何件か無料のカウンセリングを受けてみるのもおすすめです。

牽引性脱毛症

症状

牽引性脱毛は文字通り、髪を引っ張る事で起こる脱毛症の事を指します。

髪が長い人がポニーテールやアップヘアなど、髪の毛を引っ張るヘアスタイルをする事が主な原因です。

通常なら多少引っ張る程度で髪は抜けませんが、長時間にわたって頭皮に負荷がかかる事で薄毛の原因となります。

また、いつも同じ分け目にする事で頭皮へのダメージが蓄積したり、紫外線によって抜け毛を進行させてしまう可能性もあります。

対策

髪を引っ張らないヘアスタイルにするのが一番の対策です。

毎日同じヘアスタイルを続けることは避け、頭皮に負担が掛からないようにしましょう。もし職場や学校の指定などで同じヘアスタイルにしなくてはならない場合は、縛る位置をずらしたり、緩めに髪を縛るなどの工夫をすると、負担を減らす事ができます。

また薄毛が気になる場合は、エクステやヘアアイロンの使用も頭髪へ負荷を掛けるため控えた方が無難です。

分娩後脱毛症(産後の薄毛)

症状

出産後に薄毛に悩む女性が多く見られますが、これは出産を期に保たれていたホルモンバランスが一気に崩れる事が原因で起こる症状です。

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵の準備を行う役割があります。その為、産後にエストロゲンの分泌が一旦ストップしてしまうことで、頭髪を豊富に保てなくなり薄毛となってしまいます。

対策

自然治癒

分娩後脱毛症は他の脱毛症と原因が異なるため、時間の経過とともにホルモンバランスの乱れも治まってきます。育児のストレスも子供が成長するにつれて軽減されていきますので、あまりナーバスにならずバランスの取れた食事と質の良い睡眠を取るように心がけましょう。

育毛剤

育毛剤の中には、厚生労働省から産後の脱毛に効果が期待できると認められたものもあります。

なるべく早く産後の薄毛を改善したい場合には、育毛剤を使用するのも効果的です。

円形脱毛症

症状

円形脱毛症は、ある日突然、頭部を含む全身の毛が部分的に一気に抜け落ちてしまう脱毛の症状を指します。

円形脱毛症の主な原因は自己免疫疾患と考えられており、本来は外敵から身を守るための免疫が、自分自身を攻撃してしまっている状態です。

髪が長い女性は気付きにくい症状で、家族や第三者に指摘されて発覚する事もあります。

対策

円形脱毛症は他の脱毛症と原因が異なりますので、育毛剤や発毛剤では治療ができません。

放置しておけば自然と治る場合もありますが、円形脱毛症が起こる原因は一つでは無いため余計に症状を悪化させてしまうこともありますので、あまりおすすめはできません。

なるべく早めに医療機関に相談し、原因を見極めたうえで治療に当たる方が良いでしょう。

円形脱毛症の治療には保険が適応されますので、もし発症した場合は早めに皮膚科を受診する事をお勧めします。

まとめ

女性によって薄毛の悩みは非常にデリケードな問題です。周囲に相談しにくく、対策の仕方が分から無いまま放置してしまうケースも多くあります。

ですが、薄毛の症状は女性ホルモンの減少ともに確実に進行していきますので、放置しても改善する事は絶対にありません。自分が薄毛になっていると気づいたらすぐにでも薄毛対策を始めましょう。

脱毛症の種類と対策のまとめ

びまん性脱毛症

  • 育毛剤・抜毛剤の使用
  • 専門医クリニックへ相談

牽引性脱毛症

  • 頭髪に負担の無いヘアスタイルを心がける
  • エクステやヘアアイロンの使用は避ける

分娩後脱毛症(産後の薄毛)

  • 自然回復を待つ
  • 産後の薄毛に効果のある育毛剤を使用する

円形脱毛症

  • 円形脱毛症の治療は保険が適用されるのですぐに皮膚科を受診する

どんな薄毛の症状であっても、まずは生活習慣の改善と質の良い睡眠、栄養バランスの良い食事が大切です。その上で症状に合わせて育毛剤、発毛剤でのケアや、クリニックでの治療を受けましょう。

関連記事