薄毛の女性でも似合う髪型は?

TOP » 女性の薄毛 » 薄毛の女性でも似合う髪型は?
472 views

薄毛の女性でも似合うヘアアレンジ

薄毛を隠そうとすると、余計に気持ちが暗くなってしまいます。女性の薄毛は男性の薄毛に比べてもホルモンバランスを整えたり体調を整える事で治る可能性が高い症状です。あまり深刻になりすぎず、薄毛を隠すというよりも今だからこそチャレンジできる髪型を思い切り楽しんでみましょう。

頬を触る女性

薄毛の女性でも髪型は楽しめる

ひと口に女性の薄毛といっても、前髪の薄毛、頭頂部の薄毛、全体的な薄毛と種類は様々です。特に産後の抜け毛やホルモンバランスの乱れが原因の薄毛の場合は、髪が全体的に薄くなる「びまん性脱毛症」に悩む女性が多くいます。

薄毛だとお洒落ができないとか、育毛中に髪型の洒落を楽しむと余計に髪に負担が掛かるのではないかと心配になる方もいるかもしれません。しかし、育毛中であっても簡単なヘアアレンジでお洒落に可愛いらしく薄毛を隠す事はできますし、逆に薄毛対策に効果的になる場合もあります。

今回は、薄毛に悩む女性が簡単にできる髪型についてご紹介しますので是非参考にしてくださいね。

育毛中のヘアアレンジにパーマやカラーはNG

髪型のお洒落をもっと楽しみたい、髪にボリュームを出したいからといっても、薄毛の治療中にパーマやヘアカラーはNGです。

パーマやカラーリングに使用する薬剤は頭皮に負担を掛けるため、抜け毛の原因になります。薄毛の治療中の方は、パーマやカラーは避けてカットや自分でできるヘアアレンジなどで髪型のお洒落を楽しんでください。

女性の薄毛を隠す髪型

●全体的な薄毛を隠す髪型

ショートカット

髪が細く、ボリューム不足でペタンとしてしまう薄毛の場合は思い切ってショートカットにすると、髪全体にふんわりとしたボリュームを出すことができます。

髪がぺたんとすると、どうしても面長で老けて見られてしまいますが、ショートカットにしてトップと後頭部にボリュームを出すだけで、全体的に丸みがあり若くはつらつとした印象にすることができます。また、シャンプーの際にも髪が絡んで抜ける心配が少なり頭皮のケアもしやすいため、ショートカットは薄毛の悩みにぴったりの髪型と言えます。

●頭頂部の薄毛を隠す髪型

分け目を変えてみる

一番簡単な方法は分け目を変えてみることです。分け目を変えるだけで印象も変わりますし、頭頂部や分け目の薄毛を簡単に隠すことができます。いつも同じ分け目にしておくと、地肌が紫外線にあたり抜け毛が進行する場合もありますので、分け目を定期的に変える事は薄毛対策としても効果があります。

ただ、長年同じ分け方をしていた場合、髪の生え方に癖がついている事もありますので、毛の流れの癖が変わるまでヘアピンなどを上手に利用して分け目が戻らないように工夫しましょう。

ポンパドール

前髪が長めの女性におすすめなのが、ポンパドールヘアです。エレガントにもカジュアルにもできるポンパドールヘアは頭頂部の薄毛に悩む女性の強い味方と言えるでしょう。

前髪を頭頂部を隠すように取り分けてヘアピンで固定するだけの簡単な方法なので、ヘアアレンジが苦手な方でも気軽にチャレンジすることができます。結婚式やパーティーなどフォーマルな場面でも使えるので、薄毛を隠しながらも髪型でお洒落がしたい場合に特におすすめです。

ただし、髪を強く引っ張り過ぎたりヘアピンで地肌を傷つけないように気を付けてくださいね。

●前髪の薄毛を隠す髪型

前髪の薄毛で悩むなら9:1分け+大き目イヤリング

7:3分けよりも大人っぽい、女性らしさが際立つと評判の9:1分けは前髪の薄毛を隠す髪型としても有効です。大胆に9:1で分ける事で髪にボリュームが出る上に、シャープで知的な印象になります。

大き目のイヤリングやピアスなどでポイントを付ける事で、前髪が薄くても目線を散らす事ができるので、おすすめです。

フルバングは前髪の薄毛にぴったりの髪型

フルバングとは前髪がパッツンの状態の事。頭頂部から前へしっかり髪を下ろした状態で前髪を作るフルバングなら、生え際の薄毛 を隠す事ができます。

まっすぐ下ろしてパッツン前髪でも、軽く流しても可愛い髪型ですので、前髪の薄毛に悩んでいる方は是非チャレンジしてみてください。

フェイク前髪

髪の長い女性限定になってしまいますが、後ろの髪の毛を持ってきて前髪にするという方法があります。ロングヘアで全体的に薄毛になってしまっている方にもおすすめです。

お団子ヘアを作って毛先を前髪に持ってくる方法が一般的ですが、ヘアピンの使い方やお団子の作り方にコツが要るため自宅で何度か練習してみましょう。

ウィッグを使うよりも安上がりで簡単にイメージチェンジが出来るので、お洒落の幅も広がります。

女性の薄毛を隠すならアイテムを有効活用しましょう

帽子

頭頂部の薄毛が気になるときは、帽子を被って隠してしまうのが手っ取り早く有効です。

つばが広い帽子であれば、シンプルな髪型でも華やかに見せる事ができますし、キャスケットやベレー帽などコンパクトな帽子であれば、室内で着用する事もできます。

帽子は薄毛を隠すためだけではなく、紫外線から頭髪を守ってくれる役割も果たすので、薄毛対策にももってこいのアイテムだと言えます。

ヘアバンド・カチューシャ

前髪の薄毛を隠すにはヘアバンドやカチューシャが最適です。幅広の物を使うと生え際をカバーする事ができますし、ヘアアレンジが上手にできない人でもお洒落に髪型を楽しむことができます。

先ほど紹介したポンパドールとカチューシャを組み合わせると、頭頂部の薄毛も隠せる上に、とてもお洒落な仕上がりになります。

また、ターバンのように頭をすっぽりと覆うタイプのヘアバンドであればポニーテールのようなシンプルな髪型でも可愛くお洒落に薄毛を隠す事ができるのでおすすめです。

ヘアクリップ

髪をふわっとまとめるのに最適なのがヘアクリップです。頭頂部の薄毛などは、ラフなハーフアップを作って後頭部で留めれば、それだけで薄毛を隠してお洒落な髪型を作る事ができるため、薄毛で悩む女性の強い味方だと言えるでしょう。

大き目のリボンなどがついたものであれば、ひとつ付けるだけで華やかな印象になり、髪から視線を逸らす効果も期待できるため一石二鳥です。

シャドー・チーク

女性の強みと言えるのが、お化粧品を使える事です。おでこや生え際の薄毛であれば、メイクの際に一緒にブラウンやグレー系のシャドーやチークで生え際をぼかしてしまう方法もあります。

あくまでもぼかす事が目的ですので、塗り過ぎや濃いめの色を選ぶと逆に色味が際立って不自然になるので、色選びとチークを乗せる量には気を付けましょう。

ウィッグ

手っ取り早く薄毛を隠す方法として有効なのがウィッグを使う事です。今は若い女性の間でもお洒落ウィッグを使用する人も多く、インターネットで手頃な質の良いウィッグを購入する事も出来ます。

フルウィッグに抵抗がある人でも、前髪用のウィッグや髪の長さやボリュームを出すために頭頂部から付けるタイプのウィッグもありますのでその日の気分で気軽に髪型を変えてお洒落を楽しむことができます。

ウィッグを薄毛を隠すための道具としてではなく、お洒落を楽しむアイテムだと思えば躊躇する必要はありませんね。

まとめ

薄毛に悩む女性でも、髪型の洒落を我慢する必要はありません。薄毛を隠す事ばかりに目が行ってしまうと気持ちも沈んで表情も暗くなってしまいます。あくまでもお洒落を楽しむつもりで、髪型を変えてみると明るく楽しい気分で毎日を過ごす事が出来ますので是非チャレンジしてみてください。

●薄毛の治療中に髪型のお洒落を楽しむポイント

  • パーマやヘアカラーはせずに、カットやヘアアレンジで髪型を変える
  • 分け目を変えるだけで薄毛を隠せる上に髪のボリュームもアップ
  • 帽子やヘアバンド、ヘアクリップなど小物を有効的に使う
  • ウィッグは薄毛隠しの為ではなく、お洒落を楽しむために使う

関連記事