更年期の薄毛の予防と対策

TOP » 女性の薄毛 » 更年期の薄毛の予防と対策
281 views

更年期の仕組みを知って薄毛対策を

全ての女性に訪れる体の節目が更年期です。閉経の影響でホルモンバランスが崩れ、薄毛や抜け毛がおこる事もあります。加齢と共に訪れる体の変化を止める事は出来ないと諦めてはいませんか。更年期がおこる原因と予防法を知っていれば手遅れになる前に最適な方法で髪を守る事ができます。まずは更年期障害の仕組みとその解決策を知りましょう。

頭を抱える女性

どうして更年期に薄毛になるの?

女性の薄毛の原因は様々ですが、多くの場合はホルモンバランスの乱れや、頭皮環境の悪化、ストレスなどが挙げられます。

特に、閉経を迎える更年期には女性ホルモンの分泌がストップしてしまいますので、男性ホルモンの働きが優位になり薄毛や抜け毛を引き起こしやすくなります。

卵巣ホルモンとも呼ばれるエストロゲンは女性らしい体を作ったり、肌や髪を健康に美しく保つ役割を果たす女性ホルモンです。

このエストロゲンが更年期の訪れと共に減少していく事で、髪の毛を保つヘアサイクルが乱れ、抜け毛や薄毛を引き起こす原因となります。

女性として避けて通る事のできない更年期ですが、薄毛や抜け毛は原因とメカニズムを理解し、予防策、改善策を取り入れることで症状を軽くすることも可能です。

髪は女の命。いつまでも美しく自分に自信をもって過ごせるように、更年期障害の症状や、薄毛の原因、改善策を知っておきましょう。

そもそも更年期とは?

全ての女性に訪れる体の節目が更年期です。一般的には40代後半から50代の期間、閉経を迎える前後の約10年間を更年期と呼びます。

更年期を迎える時期にも個人差があり、早い人は30代前半で更年期に入る女性も居ます。

加齢とともに卵巣が衰え始め、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減った事で起こる不快な症状を更年期障害と呼びます。

更年期障害の主な症状

月経異常

  • 生理不順
  • 不正出血
  • 生理周期の乱れ

自律神経の乱れ

  • ほてり・のぼせ
  • 多汗
  • 冷え
  • 動悸

精神・神経系の異常

  • 倦怠感
  • 疲労感
  • 頭痛
  • めまい
  • 抑うつ
  • 怒りっぽくなる

その他症状

  • 頻尿
  • 抜け毛・薄毛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 関節痛

更年期の薄毛の対処法

大豆イソフラボン摂取

大豆イソフラボンはエスロトゲンと似たような働きをしてくれる事から、植物エストロゲンとも呼ばれています。

更年期で悩む女性だけでなく、乳がん予防や男性の前立腺の病気予防にも効果があるとされており、健康食品としても人気です。

更年期になり、エスロトゲンの分泌が減少しても似たような効果をもたらしてくれるイソフラボンを接種する事で薄毛や抜け毛の軽減が期待できます。

日本には昔から味噌や豆腐、納豆、豆乳など大豆を使った食材が豊富で、無理をしなくても毎日自然と大豆製品を摂る事が可能です。

また大豆に含まれるタンパク質は髪の毛を作るために必要な栄養素です。毎日の料理で使用したり豆乳を積極的に飲むことで、自然に大豆イソフラボンを摂取する事が出来ます。特に豆乳は数ある大豆製品の中でも吸収しやすい状態になっており、効率的に大豆イソフラボンを摂取できるためおすすめです。

また、カプサイシンと同時に接種する事で大豆イソフラボンの増加を促すことができることも昨今の研究で明らかになっています。納豆キムチや豆乳キムチ鍋など食べ方を工夫するのも楽しいですね。

頭皮の血行を良くする

血行が悪く、浅黒い色をしている頭皮は危険信号です。頭皮の血行が悪いという事は栄養を毛根に送るパイプの機能が果たされていないということ。つまり、水や栄養の無い状態で植物を育てているようなものなのです。

それどころか、血行が悪い頭皮は硬くなりがちで潤いが無く乾燥しやすくなります。乾燥した頭皮は、顔の肌と同じようにたるみを引き起こし、毛穴を楕円形に変形させてしまいます。すると、髪の毛はうねり、徐々に細く抜けやすくなってしまいます。

そうならない為にも、頭皮を柔らかく保つための保湿と血行を良くするマッサージが非常に大切です。

しかし、頭皮の血行を良くしたいからといって、強く叩いたり無理矢理揉みほぐすのは逆効果です。

シャンプーの際に髪や頭皮が水分を含んだ状態で優しく、指を滑らせるようにマッサージをしましょう。

また、頭皮が乾燥しないように頭皮の美容液を使用したり、地肌の保湿ができるシャンプーを使用するのもおすすめです。

軽い運動

身体を動かす事で、更年期障害の症状緩和や体力・持久力の向上が期待できます。また、ストレスの緩和や基礎代謝の維持にも効果があり、ストレスによる自律神経の乱れを抑えたり、全身の血流が増す事で薄毛・抜け毛の予防にもつながります。

運動は、ウォーキングや椅子に座ったままで行える体操で十分です。目安としては、話しながら続ける事ができ、息がはずみ、軽く汗をかく程度です。できれば1日20分~45分程度を週3~5回程続けられるのが理想です。

実際に更年期を迎えた女性が運動を続けた結果、更年期障害の症状が緩和したという実験結果もあります。

正しいシャンプー

シャンプーをする度にごっそりと髪の毛が抜けてしまうという場合はシャンプーの仕方が間違っている可能性があります。特に髪が細く抜けやすくなっている状態で間違ったシャンプーを行うと、頭皮から髪を引き抜いてしまったり、成長途中の髪の毛を痛めてしまう可能性があります。

逆に正しい方法で行うシャンプーは抜け毛を起こりにくくし、頭皮環境を健康に保ってくれるため薄毛予防に非常に効果的です。

薄毛の対策について考え始めたら、ゴシゴシと洗うシャンプーは卒業し、正しい手順でシャンプーを行うようにしましょう。

正しいシャンプーの手順

  1. シャンプーの前には念入りに1分以上ブラッシングを行う
  2. シャンプーをする前に1分以上お湯で頭皮と髪を濡らす
  3. 洗う時は指の腹で優しくなでるように洗う
  4. 抜け毛が酷い場合は指を頭皮から離さず振動させるようにマッサージする
  5. すすぎは洗う時の倍の時間を掛けて、すすぎ残しがないようにしっかり流す
  6. ドライヤーはタオルドライの後、20センチ以上離してドライヤーの風量で乾かす

ストレス解消

薄毛や抜け毛にストレスは大敵です。ストレスが掛かる事で自律神経が乱れ血流が悪くなると、結果的に抜け毛に繋がりやすくなってしまいます。

しかし、ストレスが良くないと分かっていても更年期を迎える時期は、女性にとってストレスがたまる状況が増えてくる時期でもあります。

育児から手が離れた事でパートナーとの関係が円滑に進まなくなったり、定年退職したご主人が長く家に居る様になったり、両親の介護の問題や子供の就職や結婚に関する問題が出たりと、気を揉む事柄が増えてきます。

ストレスをため過ぎるとイライラしやすくなり、余計に更年期障害の症状を悪化させることにも繋がります。大がかりな事でなくて構いません、映画を見たりウィンドウショッピングを楽しむなど、日常で簡単にできるストレス解消法を予めいくつか用意しておくといいでしょう。

ホルモン治療

更年期障害の治療には保険が適用されます。

HRTと言うホルモン補充療法は、閉経により減少したエストロゲンを補充する療法です。保険が適用されるので自己負担が少なく、更年期障害の根本的な原因を解消する事ができるため、非常に効果が見込めます。

エストロゲンを補填する治療法の為、更年期の薄毛の改善にも効果が期待できます。

更年期障害の症状に悩んだら、一人で抱えずにまずはお医者さんに相談してみましょう。

まとめ

更年期はすべての女性に訪れる体の節目です。更年期障害の症状は、原因や予防策、改善策を知っていれば、緩和する事が可能です。

薄毛や抜け毛もその一つです。年齢とともに変化していく体の状態を把握し、いつまでも自分らしく美しく、自信を持って過ごしたいですね。

更年期の薄毛の予防と改善策まとめ

  • 大豆イソフラボンを積極的に摂取する
  • 頭皮の血行を良くする
  • 軽い運動の習慣をつける
  • 正しいシャンプーを行う
  • ストレスを溜めない
  • 保険適用でホルモン治療を受ける事ができるので病院に相談

関連記事