ミノキシジルは女性が使っても平気?

TOP » 女性の薄毛 » ミノキシジルは女性が使っても平気?
278 views

ミノキシジルは女性の薄毛にも有効?

発毛に効果があると厚生労働省に認められている育毛成分のミノキシジルは男性用の育毛剤には多く使用されています。ですが、薄毛で悩む女性が男性用の育毛剤を使う事は基本的にはできません。しかし、女性にも効果があるのであれば使用したいと思うのは自然な事ですよね。ミノキシジルは女性が使用しても大丈夫なのか、その気になる効果や副作用についても調べてみました。

頬を触る女性

ミノキシジルは女性でも使えるの?

ミノキシジルは厚生労働省から発毛効果が認められた育毛成分です。

日本では「リアップ」という商品名で発売され、発売当時爆発的なヒットとなりました。

「リアップ」と聞くと、男性用の育毛剤と言うイメージがありますね。女性と男性の薄毛は根本的に原因が違う為、男性用の育毛剤を女性が使うのは基本的にNGとされていますので、女性がミノキシジルを使用しても問題が無いかが気になる所です。

結果から言うと、ミノキシジルは女性が使用する事も可能で、ミノキシジル配合の女性用育毛剤も発売されています。

しかし、女性はミノキシジルを使用したすべての商品を使用できるわけはありません。

今回は、国で発毛効果が認められているミノキシジルの効果や気を付けたい副作用などについて詳しく説明します。

ミノキシジルとは?

ミノキシジルはもともと、内服用の血圧降下剤として開発されました。しかし、服用した患者の多くに全身多毛症の副作用が出た事がきっかけで、育毛剤として使用できるように臨床実験が繰り返され商品化されました。

薄毛の主な原因は、健康的なヘアサイクルが損なわれ成長途中で髪が抜けてしまう事にあります。

その点、ミノキシジルは、毛母細胞に直接作用し細胞分裂を活性化させる作用があるため、弱った毛母細胞を活性化させる事で発毛を促進する事ができます。

気を付けたいミノキシジルの副作用

絶対に注意したいミノキシジル2つのポイント

ミノキシジルは誰でも気軽に使えるというわけではありません。

ミノキシジルはあくまでも医薬品です。効果が高い分、副作用の可能性も持ち合わせています。

女性がミノキシジルを使用する場合、守らなければならない注意点が2つがあります。

1.男性と同じ濃度の発毛剤は使用できない

2.妊娠中・未成年の使用禁止

特に、妊娠中の女性の場合胎児に影響を及ぼす可能性もありますので、妊娠が判明した際は直ちに使用を中止しましょう。

また、未成年の場合も国内での臨床データはまだ無いようです。未成年の薄毛の場合はミノキシジル意外で薄毛を治療するようにしましょう。

女性がミノキシジルを使用する際の副作用

発毛効果が認められている育毛成分であればすぐにでも使ってみたいと思う気持ちはもっともです。しかし、安易に使用する前に副作用についてきちんと理解した上で服用しましょう。

女性用のミノキシジル商品を発売している大正製薬は臨床試験データを公表しており、それによると約1割の使用者に刺激感や、接触性皮膚炎などの軽い副作用が見られたという結果が出ています。

しかし、ミノキシジルを含まない別商品と比べても明らかな差は認められていません。よって、ミノキシジル自体に原因があるとは言い切れずアルコール成分などのその他の添加物が原因である事も十分に考えられます。

しかし、10人に1人が副作用を感じている事は事実ですので、肌が弱い方が使用する際は十分に注意が必要です。

女性のミノキシジルタブレット使用は推奨されていない

ミノキシジルには、頭皮に直接使用する外薬タイプと内服するタブレットタイプの2種類あります。後者のミノキシジルタブレットは強い副作用が出る場合があるため注意が必要です。

頭皮に直接使用する外薬タイプよりもタブレットタイプの方が効果が高いとされており、AGAクリニックなどでも薄毛治療用に処方される事もあります。

しかし、ミノキシジルタブレットは国で認可を受けている薬品では無く、海外でも正式に治療薬として認めている国はありません。

AGAクリニックでの処方はすべて医師の責任の下で行われています。

もしクリニック以外でミノキシジルタブレットを入手しようとする場合は個人輸入しか方法はありませんが、安全性が保証されている医薬品では無いため安易な個人輸入はお勧めできません。

男女問わず、ミノキシジルタブレットの服用には注意が必要だという事をまず覚えておきましょう。

元々ミノキシジルは血圧降下用の薬として開発されていますので、濃度が高いタブレットタイプを服用した場合、血圧が低い女性が服用すると低血圧やめまい、むくみなどの副作用や、その他の思わぬ事故に繋がる危険性があります。

早期に薄毛を治療したいと思っても、ミノキシジルタブレットの使用は避け外薬タイプのミノキシジル製品の利用にとどめるようにしましょう。

ミノキシジル製品は必ず女性用の物を使いましょう

タブレットではないミノキシジルは女性の使用も可能ですが、安全性の確認が取れていないなどの理由から男性と同じ濃度の物を使用する事はできません。

男性の場合は、ミノキシジルの濃度が濃ければそれだけ効果が期待できます。しかし、女性の場合は濃度の濃さと効果が比例すると言う保証はありません。むしろ、濃度を上げる事によって起こる副作用の方が心配です。

現在、国内で発売されている女性用育毛剤のミノキシジルの含有率はほとんどが1%のものです。海外で最初に発売されたミノキシジル配合の育毛剤のロゲインも女性用は濃度2%とされています。

男性用のものは最高で16%含有という製品もあるため、濃度は8倍以上違う事になります。女性がミノキシジルを使用する場合は必ず女性用の物を使うようにしましょう。

女性のミノキシジルは低濃度で十分

ミノキシジルの濃度は男性用に比べて女性用の方が低く設定されていますが、その理由の一つに「女性は男性ほど濃度の高いミノキシジルは必要ない」というものがあります。

臨床実験でも1~2%の濃度で十分な効果がある事が分かっています。

男性用であれば、濃度が濃ければ濃いほど効果が期待できますが、女性の場合濃度を濃くすればそれだけ、ひげや体毛が濃くなったり、かゆみや赤みの副作用の心配が出てきます。

1~2%で十分な効果が出るのであれば、わざわざリスクを冒して濃度が高いものを選ぶ必要もありませんね。

ミノキシジルが効く女性の薄毛のタイプは?

ミノキシジルを使用して発毛の効果が表れるかどうかは、薄毛のタイプにも関係してきます。

ミノキシジルは男性の薄毛の場合には真っ先に処方される育毛剤ですが、女性の薄毛の場合原因が多岐に渡るため、一概にミノキシジルで発毛できるとは限りません。

ミノキシジルが効果を発揮するのは、男性ホルモンが影響している薄毛(壮年性脱毛症)に限られます。

ホルモンバランスの乱れや、頭皮の乾燥、過度のヘアケアなどが原因の場合、ミノキシジルの効果はさほど強くありません。

女性の薄毛の多くがびまん性脱毛症という症状のため、個人の判断でミノキシジルを使用し始めても原因が別のところにある場合、薄毛の改善ができない可能性も十分にあります。

クリニックなどでFAGA(女性男性型脱毛症)と診断されてからミノキシジルを使用する方が良いでしょう。

まとめ

女性がミノキシジルを服用する場合の効果と注意点についてご紹介しました。

発毛効果が認められている医薬品ですが、副作用や使用方法は服用前にしっかり理解しておく必要があります。

正しい方法で薄毛の改善を目指しましょう。

女性がミノキシジルを使用する際の注意点まとめ

  • 男性と同じ濃度の発毛剤は使用できない
  • 妊娠中・未成年の使用禁止
  • ミノキシジル含有の育毛剤を使用する場合かゆみや赤みなどの副作用が出る事がある
  • 女性のミノキシジルタブレット服用は厳禁
  • ミノキシジル製品を使う場合は必ず女性用を使用すること
  • ミノキシジルの効果があるのは女性男性型脱毛症(FAGA)
  • ミノキシジルはクリニックで医師の判断を仰いでから使用する方が良い

関連記事