女性がプロペシアを使ってはいけない理由は?

TOP » 女性の薄毛 » 女性がプロペシアを使ってはいけない理由は?
[記事公開日]2018/05/23
261 views

プロペシアは女性の薄毛治療には使えません

薄毛の男性にとって有効な薄毛治療薬であっても、女性が使用する事ができない者があります。その代表例ともいえるのがプロペシアです。プロペシアは男性の薄毛治療には大変有効ですが、女性は服用する事も触れる事も出来ない医薬品です。特に妊娠中、授乳中の女性が服用すると胎児や乳児に悪影響を与える恐れがあるため、家族が使用している場合は殊更注意が必要です。育毛に効果があるにも関わらずプロペシアが女性に処方できない理由についてご紹介します。

頬を触る女性

プロペシアは女性には処方されない

プロペシアと言う育毛成分をご存知ですか。男性型脱毛症(AGA)に効果があるとされているプロペシアですが、女性には絶対に処方されることはありません。妊娠中や授乳中の場合は触れる事すらできません。もしご主人や家族がプロペシアを処方している場合は、錠剤の破片や粉末ですら女性に触れる事がないようにしっかりと管理をする必要があります。

薄毛治療に効果があるとされているにも関わらず、女性は触る事すら厳禁と言うプロペシア。一体どんな薬なのでしょうか。

プロペシアが女性に与える影響と、プロペシアを服用する以外の薄毛対策についてご紹介いたします。

そもそもプロペシアってどんなお薬なの?

プロペシアの効果・効能

プロペシアはファナステリドという男性型脱毛症用薬を主成分としたAGA治療薬です。ファナステリドにはAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの生成を抑制する働きがあり、このDHTの生成を抑制する事で薄毛の進行を遅らせる効果があります。

もともと、前立腺肥大症や前立腺がんの治療に使われていて、多毛症の副作用があった事から薄毛の治療薬としての研究がなされ、日本では2005年に薄毛治療薬として厚生労働省に承認されました。

プロペシアの副作用

プロペシアは男性ホルモンを抑制する効果があり、それによる副作用も報告されています。

プロペシア自体は男性が服用するお薬ですが、ご主人やご家族が服用していた場合に副作用が出る可能性もありますので、是非プロペシアの副作用についても知っておきましょう。

主な副作用は次の通りです。

肝機能障害

可能性としては非常に低いものの、重篤な問題を引き起こす可能性のある副作用です。

プロペシアを飲み始めたら健康診断で肝機能の数値を注意してみるようにしましょう。

前立腺がんのマーカー数値を下げる

マーカー数値とは、がんになっているかどうかを判断するための基準値ののことです。プロペシアは前立腺がんのマーカー数値までも下げてしまいます。

がんの発見を遅らせないためにも、健康診断で血液検査を受ける時は必ずプロペシアを服用している事を伝えるようにしましょう。

男性の乳房発達

プロペシアの副作用として、男性でも乳房のはりや発達が認められています。

男性ホルモンを抑制する事で体つきが女性に近づく可能性もあります。

性欲減退

プロペシアの内服により性欲が減退する事があります。内服をやめたからといってすぐに元通りになるわけでは無く、症状が長引きやすいと言われています。

精子量の減少

精子量が減少したり、精子に異常を来す場合があります。内服をやめることで元の状態に戻ると言われていますが、妊娠を考える場合は薬が身体から抜けるまで最低1ヶ月は避妊を続ける必要があります。

アレルギー症状

プロペシアにはファナステリド以外にも添加物が含まれている為、薬の成分が身体に合わない場合アレルギー症状を引き起こす場合があります。

飲み始めのうちは、身体の様子を伺い注意して服用するようにしましょう。

妊娠中の女性は触るのもNG

プロペシアは妊娠中の女性が触れる事も禁止されていると冒頭でお話ししましたが、それは何故でしょうか。

実は、プロペシアは経皮吸収される事が分かっています。そのため肌に触れただけでプロペシアの成分が体内に取り込まれてしまう恐れがあるのです。錠剤を手に乗せる事もしてはいけません。

万が一、男児を妊娠している女性がプロペシアを服用した場合、胎児の生殖器が奇形になる、成長が止まってしまうなどの副作用が起こる場合があります。

妊娠中の胎児は人間としての身体の基礎の基礎が出来上がる大切な時期です。身体を形成するためのホルモンバランスを崩す事は子どもの一生を揺るがす問題になりかねませんので、十分に注意しましょう。

同じ理由で、授乳中の女性もプロペシアに触れてはいけません。母乳にプロペシアの成分が含まれてしまう可能性があります。

ご主人がプロペシアを服用中の場合

プロペシアを服用中の男性との性交渉についても女性としては心配になります。

一般的にはプロペシアを服用中の男性と性交渉を行う事で胎児が奇形になるリスクは無いとされています。しかし、プロペシアが男性ホルモンを抑制する効果がある事は事実です。

もし、妊娠を希望するのであれば夫婦間で話し合い、プロペシアの服用を一時的に中断するなどした方がいいでしょう。もし、服用と中断したとしても、できれば薬が体内から完全に抜けるまで、最低1ヶ月間は避妊を続けた方が安全です。

また、プロペシアは女性が触れる事も禁止されている薬ですので、もしご主人がプロペシアを服用している場合はその取扱いにも十分注意する必要があります。

万が一、粉砕した錠剤などに触れる事も絶対にしてはいけませんので、迂闊に錠剤を出しっぱなしにする事がないように管理しましょう。

プロペシア以外に効果がある女性用育毛剤

女性の頭皮には潤いがある事が大前提

実は、女性の薄毛の大きな原因になっているのは、頭皮の潤い不足だと言われています。

乾いた土にどんなに肥料を与えても植物が成長しないのと同じことです。

頭皮が乾燥するとバリア機能が低下し、抜け毛や薄毛の原因となります。特に40代になると皮脂の分泌量が減り更に頭皮が乾燥しやすくなるため、血流の低下やフケを引き起こし、抜け毛を助長してしまいます。頭皮の保湿をきちんと行わなければどんなに高価な育毛剤を使ったとしても効果が発揮できない可能性があります。

シャンプーのし過ぎやドライヤーの当てすぎなども地肌の乾燥の原因になります。保湿力のあるトリートメントを使用したり地肌専用の美容液を使用するなど、女性の薄毛対策は地肌の保湿から始めましょう。

ミノキシジル

ミノキシジルは女性でも使用できる育毛剤です。厚生労働省にも発毛効果が認められており、クリニックなどでも処方されることのある医薬品です。

日本では、リアップジェンヌなどが代表的な女性用ミノキシジルが配合された製品です。他にも、海外で根強い人気がある育毛剤で女性用ロゲインがあります。

一般的に女性用のミノキシジル製品は含有量が1~2%とされており、男性用と同等の濃度の物は使用できないので注意が必要です。

漢方

効果が出るまで時間が掛かるものの、ホルモンバランスの乱れや、ストレス、冷え性などが原因で薄毛になっている場合、漢方薬を服用するのもお勧めです。

生薬の力で薄毛の原因を根本から改善してくれるため、薄毛が改善される頃には身体全体の巡りが整います。

ただ、効果を実感できるまでに時間がかかる為、育毛剤との併用がお勧めです。

医薬部外品と化粧品を上手く使う

医薬品ではない、医薬部外品や頭髪用化粧品を上手く使う事もお勧めです。

プロペシアやミノキシジルは医薬品ですので、効果がある分、少ないとは言え副作用が伴います。

医薬部外品や化粧品であれば、安全性が高くドラッグストアや通信販売などで手軽に購入する事ができるため、自宅でセルフケアを行うのにも最適です。

女性の場合は男性の薄毛とは違い、セルフケアで症状を改善させる事も可能です。自宅で毎日適切な薄毛ケアをする事が実は何よりも大切です。

まとめ

プロペシアが女性に処方されない理由と、プロペシア以外の育毛方法についてお伝えしました。

特にご主人やご家族がプロペシアを使用している場合には取り扱いに注意が必要です。

以下の注意点と、プロペシア以外の育毛方法を再確認しご自身にあった育毛方法を試してみてくださいね。

プロペシアの注意点

  • プロペシアは男性ホルモンを抑制する働きがある
  • プロペシアは経皮吸収をするため女性は触れるのも禁止
  • 妊娠中の女性は胎児が男児だった場合、男性器の奇形や未成熟を引き起こす危険性があるため接触禁止
  • 授乳中の場合、母乳にプロペシアの成分が出る場合があるため接触禁止
  • 妊娠を希望する場合はプロペシアの服用を中断し、服用後最低一か月は避妊を続ける
  • パートナーや家族がプロペシアを服用している場合は保管方法に注意する

プロペシア以外の女性の育毛方法

  • 頭皮の保湿が大前提
  • ミノキシジルは女性でも使用できる薄毛治療薬
  • 漢方薬は薄毛の原因を根本から改善してくれる
  • 髪用の医薬部外品や化粧品を上手く使って自宅でセルフケアを行う

関連記事